副腎疲労(アドレナルファティーグ)の原因 症状 治療について

副腎疲労とは何か、副腎疲労(アドレナルファティーグ)の原因、症状、治療について解説します。

うつ病と間違われやすい副腎疲労

副腎疲労について書かれた、「自分で治す! 副腎疲労」という書籍を読んでみました。

この本の著者は医学博士である本間良子先生と本間龍介先生という夫婦です。本間龍介先生は中学生の頃から副腎疲労を発症していたものの、当時この病気は日本で全く知られておらず、やがてうつ病と診断されますが薬は効かず、医師になってからも仕事が満足にできない状態でした。

その後アメリカで副腎疲労(アドレナル・ファティーグ)の権威であるジェームズ・L・ウィルソン博士の治療を受け病気が大きく改善されました。この本にはその経験を元に自分で副腎疲労を治す方法が書かれています。

やる気や気力が出ない、慢性的な疲れ、という症状からうつ病と診断される人が非常に多く、効果のない治療を受けている人が沢山いるとのことです。

スポンサーリンク

副腎疲労とは

副腎はストレスホルモンと呼ばれるコルチゾールをはじめとする様々なホルモンを分泌する臓器です。
副腎とは 副腎皮質と副腎皮質ホルモン コルチゾール等について

ストレスに対抗するためのホルモン分泌が行われるので、人によっては過剰にストレスを受けたことで副腎が弱ってしまいこの病気を発症することがあるとのことです。

副腎の能力には個人差があり、いくらストレスを受けても大丈夫な人もいれば、ストレスを受けた結果副腎疲労となってしまう人がいます。

副腎が疲労してしまうとコルチゾールの分泌が不十分となり、疲れや気力が無くなる等の症状が現れます。

健康診断で分かる数値に異常は現れないので、検査で発覚するということはありません。

コルチゾールの分泌との関係

コルチゾールの分泌は1日の中でも変動し、朝は最も多く分泌されその後段々少なくなり、深夜から睡眠中は少ない状態は続きます。

なので最も必要とされる朝にコルチゾールが分泌されないと疲労感が症状として現れやすくなり、そこで副腎が休んだ分コルチゾールをあまり必要としない深夜帯に副腎が活発化し元気が出てくる感じがします。

副腎疲労の症状

この病気の主な症状は慢性的な疲労感です。
ほとんどの患者は、朝起きるのが辛く、寝ても疲れが取れない、と訴えるそうです。

他に、

・塩辛いものや甘いものが無性に食べたくなったり、コーヒーなどカフェインを摂りたがる傾向がある。
・午後3時~4時頃はぼんやりし、夜になると元気が出てくる。
・立ちくらみを起こすことがある。
・うつ症状があるが薬は効かない。
・気力、体力、集中力の低下がみられる。
・頭がボーとし記憶があやふやになる時がある。
・性欲が無くなる。
・生理前に頭痛、腹痛、手足のむくみ、不安感、イライラなどがある。

等の症状が起こることがあります。

疲労で起きられない

副腎疲労の原因

副腎疲労の患者に共通することは腸に問題があるとのことです。
特に小腸の腸内細菌叢(腸内フローラ)に問題が起こっていることが原因のようです。

リーキーガット

小腸にカンジダというカビの一種が増殖することでリーキーガット症候群と呼ばれる状態になってしまいます。リーキーガットとは、栄養を吸収するための腸管壁の穴が大きくなり、不要な物まで吸収してしまうことを指します。

コルチゾールは腸粘膜や腸管壁の炎症を抑えることにも使われるので、大量のコルチゾールが必要となり、結果的に副腎疲労が起きてしまうとのことです。

リーキーガット症候群とは?原因不明の症状や慢性病の原因を探る!

SIBO

SIBOとは「Small Intestinal Bacterial Overgrowth」の略で、小腸内細菌増殖症という意味とのことです。

小腸にいる最近が増殖し腸粘膜や小腸を蠕動運動させている細胞が傷つけられてしまい、食べ物を先に送ることがスムーズにできなくなってしまいます。

これにより、小腸内に食べ物が詰まったり、まだ栄養が吸収されていない食べ物を大腸に送ってしまう等の問題が発生します。

SIBOの状態はリーキーガット同様にコルチゾールを大量に使ってしまいます。

また食物繊維を摂るとお腹が苦しくなる等の症状が現れる場合もあるとのことです。

根本原因は体内の生態系にある

疲労感以外にも、副腎疲労が元で、アレルギーや自己免疫疾患を発症する人もいると書かれています。

この本をすべて読むと、自然から切り離された生活を起こっている人特有の病気であることが分かります。

この本には書かれていませんが、根本原因は、体内の生態系が遺伝子の想定しているものと異なっている(貧弱になっている)ことが原因でしょう。
アレルギー、自己免疫疾患、自閉症の原因は体内の生態系にあった!

要するに副腎疲労は現代病の一種であり、文明が進んだ地域にて感染症を遠ざけた結果として起こる病気であることは間違いありません。(詳しくはリンクを参照してください)

スポンサーリンク

副腎疲労の治療

現在日本では副腎疲労の治療を保険適用で受けることはできないそうです。
すべて自費となるので高額な治療費がかかります。

しかし、原因となっている悪化した腸内環境を改善し、ストレスを遠ざけた生活を送ることで良くなるので必ずしも病院で治療が必要な病気ではないようです。

ちなみに著者であり実際に副腎疲労を患っている本間龍介先生は専門家による治療を受けていますが完治はしていません。ただ普通に生活できるレベルまでは改善しているとのことです。

病院での治療は問診によりどのようなストレスを受けていたかを探り出し生活を改善することや、腸→肝臓→内分泌器(副腎や甲状腺など)→ミトコンドリア→脳、という順番で調べていくそうなので、腸のケアをすることが治療の要となります。

ストレスについては自分でよく考えれば分かると思います。
腸のケアとは食生活を見直すということなので、これも自分でできることです。

腸のケア(腸内細菌叢の改善)

グルテンフリーの食事を心掛ける

まずカンジダのエサとなるグルテンを摂らないということが挙げられています。
グルテンとは小麦などに含まれる蛋白質のことです。

グルテンを使った食品を食べないようにすることをグルテンフリーと言います。

小麦粉を使った食品(パン、麺類、ケーキ、揚げ物の衣等)はNGとなりますが、どうしても食べたいときにたまに食べるくらいはOKだそうです。

大麦やライ麦にもグルテンは含まれるのでパンは全般的にNGです。
小麦粉を使わない十割蕎麦はOKですが、二八蕎麦はNGとなります。

発酵食品や食物繊維を摂る

腸内細菌に良い食事はこちらを参照してください。
腸内環境を改善する食事 腸に良い食事 腸内細菌 腸内フローラについて
腸内フローラを意識した食事

ただし発酵食品の中でもヨーグルトやチーズなどの乳製品に含まれるカゼインという蛋白質に日本人はアレルギーを起こす場合があるので、乳製品は避けたほうがよいとのことです。

糖質を控える

血糖値を急激に上げることはコルチゾールを沢山使うことになるので避けたほうがいいそうです。糖質制限食を参考にしてください。
糖質制限とは 糖尿病の食事と糖質制限食・糖質制限ダイエットについて

パンや麺類はグルテンフリーでNGなので、主食には玄米や十割そばが推奨されています。ただし上記したSIBOの症状がある場合、玄米だけにせず白米とミックスしたり、白米と雑穀を混ぜて五穀ごはんにすると良いとのことです。
白米と混ぜて食べる玄米(発芽米)

間食するときも糖質を避けるようにします。
お菓子やおやつとしてプロテインバーを推奨しています。(ただしこれは加工食品なので必ずしも健康的とは言いきれない気がします)

1日3食摂る

副腎疲労を起こしている人は腸からの吸収が悪い状態にあることが多いので3食しっかり食べます。人によっては4~5食に分けてもいいそうです。

ファイトケミカルを摂る

ファイトケミカルとは植物が持つ自然の化学成分です。
有名なものはトマトに含まれるリコピンや緑茶などに含まれるカテキンのことです。

代表的なファイトケミカルと効果的な摂取方法について

ナトリウム(塩分)をしっかり摂る

副腎疲労の人はナトリウムが不足しがちになる傾向があるそうなので、塩分を極端に控えないほうがいいそうです。

また、カリウム(野菜、果物、豆類)ばかり摂取するとナトリウムが排泄されてしまうので、バランスに気をつけるべきとのことです。

良質の油を摂る

オメガ3系の油やオリーブオイル、ココナッツオイル、魚に含まれる油を積極的に摂ることが推奨されています。

健康と油について

その他の重要な副腎ケアについて

水分をしっかり摂る

1日1.5~2リットルの水を飲むことが推奨されています。

水道水と塩素 ミネラルウォーター 水素水 炭酸水 硬水 軟水の違いについて
水を飲むだけの健康法!病気を治す飲水法 水ダイエットの効果は?

ビタミンB群をしっかり摂る

副腎疲労の人はコルチゾールの材料となるビタミンB群が不足しやすいとのことです。

主なものを挙げると、ビタミンB1は玄米、豚肉、ビタミンB2はレバーやうなぎ、ビタミンB3は肉や魚、ビタミンB5はレバーや卵、ビタミンB6はニンニクや肉、魚、ビタミンB12は貝類や海苔などに多く含まれます。

ミネラルをしっかり摂る

カルシウムマグネシウム亜鉛などはしっかり摂る必要があるとのことです。

カルシウムについて
マグネシウムについて

亜鉛は牡蠣(かき)に多く含まれます。それ以外にはレバー、卵黄、うなぎなどに含まれます。

お腹は空っぽにして寝る

睡眠中に胃腸に負担をかけないためにも夕食は早めに済ませ、睡眠中にコルチゾールの抑えることで副腎を休ませることができます。

睡眠は副腎の特効薬とのことです。

副腎疲労になりやすい人

性格的にまじめで几帳面、完全主義の人がこの病気にかかりやすいようです。

仕事など様々な面において頑張りすぎない、緊張を要する場面にあまり身をおかないなど、ストレスをコントロールすることが大切です。

仕事面では特にシフト制の勤務(日勤と夜勤を繰り返す)は副腎疲労が治りにくいので避ける必要があるとのことです。

参考文献

自分で治す! 副腎疲労
本間 良子,本間 龍介 洋泉社 2015-09-19
売り上げランキング : 32733

by ヨメレバ

スポンサーリンク