大動脈瘤 大動脈解離 大動脈炎症候群 大動脈の病気について

大動脈瘤、大動脈解離、大動脈炎症候群(高安動脈炎)など大動脈の病気の原因、症状、治療について解説します。

大動脈とは

大動脈大動脈は大きく分けて上行大動脈(じょうこうだいどうみゃく)と下行大動脈(かこうだいどうみゃく)があります。

心臓の左心室から押し出された血液は上行大動脈を通って上に行き、大動脈弓と呼ばれる弓なりの形状の分岐点で複数の動脈と下行大動脈に分かれます。 図にはありませんが、大動脈弓の主流部分はと呼ばれます。

下行大動脈は胸部大動脈腹部大動脈を合わせた呼び名で、その境い目は横隔膜です。
胸部を通過し腹部まで続いていて、そこから複数の動脈に分岐します。

大動脈瘤(だいどうみゃくりゅう)

大動脈瘤とは大動脈に瘤(こぶ)ができることです。
通常、胸部大動脈の太さは30mm位、腹部大動脈は20mm位ですが、正常な状態より1.5倍以上に拡張したものを大動脈瘤といいます。

大動脈瘤は自然に小さくなることはなく、最も危険なのはこの腫瘤(しゅりゅう:コブのこと)が破裂し、大動脈破裂となることです。大動脈破裂は重い症状を招き、即死、突然死の可能性も高いものです。

スポンサーリンク

大動脈瘤の分類

上行大動脈、弓部大動脈、胸部大動脈に腫瘤ができるものを胸部大動脈瘤といい、腹部大動脈にできるものを腹部大動脈瘤といいますが、それぞれの大動脈名から、上行大動脈瘤、弓部大動脈瘤などと呼ばれる場合もあります。

大動脈瘤の原因

先天性のもの、動脈硬化によるもの、外傷によるもの、感染によるもの、炎症性のものなどがありますが、このうち最も多いのは動脈硬化によるものです。

大動脈瘤の症状

大動脈瘤は症状がほとんど無い場合も多く、破裂して初めて症状が現れるといいった場合も少なくありません。

胸部大動脈瘤の場合

初期の段階では無症状ですが、腫瘤が大きくなってくると、声のかすれ、呼吸困難、胸がつかえる感じがする、嚥下困難(えんげこんなん:物を飲みこむのが困難になる)、血痰が出る、といった症状が現れる場合があります。

破裂した場合、胸部や背中の激しい痛み、呼吸困難、意識不明などの症状が現れます。

腹部大動脈瘤の場合

胸部に比べると症状が現れにくく、腫瘤が大きくなってくると腹部が張った感じがする場合やドキドキする拍動感を感じる場合があります。
10~15%の人に腹痛が現れる場合もあります。

破裂した場合、腹部や腰の激しい痛み、意識不明などの症状が現れます。

大動脈瘤の検査

診断には、造影CT、エコー、MRI、DSAなどが有用です。
胸腹部大動脈瘤は、X線検査で見つかる場合が多いです。

大動脈瘤の治療

一般的に瘤の直径が5~6cmを超える場合は手術が検討されます。
手術は主に、人工血管置換術とステントグラフト治療があります。

5cm以下の場合、破裂を回避する為、降圧剤などで血圧をコントロールし、経過観察とする場合が多いです。

人工血管置換術

大動脈瘤のある血管を切開し人工血管に置き換えます。

ステントグラフト治療

大動脈瘤のある部分にカテーテル(細く柔らかい管)を通し、ステントクラフトというバネの力で広がる人工血管を腫瘤部分の内側に留置します。これにより瘤を切除しなくても腫瘤部分に負荷がかからなくなります。

スポンサーリンク

大動脈解離(解離性大動脈瘤)

大動脈壁の内膜に亀裂が生じ、そこから血液が流れ込んで中膜が解離するものです(内外2層に引き裂かれる)。この亀裂のことをエントリーといいます。 動脈の構造(動脈壁)

大動脈解離の原因

ほとんどが60歳以上の高齢者に起こります。
原因の一つに高血圧が挙げられます。 50歳以下で起こる場合、マルファン症候群と呼ばれる遺伝性疾患との関わりが考えられます。

様々な合併症を生じやすく、心タンポナーデ心筋梗塞、大動脈破裂、臓器虚血(臓器に必要な血液が不十分となる)などを起こすことがあります。

大動脈解離の症状

突然の激しい胸の痛みや背中の痛みが起こります。 破裂に至った場合は、出血性ショックや失神などが起こります。

合併症がある場合はそれらの症状も現れます。

大動脈解離の検査

造影CTによる検査が最も有用です。
X線検査、エコー、MRIなどで確認する場合もあります。

大動脈解離の治療 解離部分を人工血管に置き換える手術が行われます。

痛みや血圧のコントロールの為の薬物療法で経過観察となる場合もあります。

高安動脈炎(大動脈炎症候群)

大動脈や主要分岐する動脈に炎症が生じる特定疾患(難病)です。
炎症により血管の閉塞、拡張が起こります。

腕の脈拍が消失することから「脈なし病」と呼ばれることがあります。

高安動脈炎(大動脈炎症候群)の原因

原因は不明ですが、ウィルスや自己免疫が発症に関わっていると考えられています。

高安動脈炎(大動脈炎症候群)の症状

初期症状は風邪に似たものであることが多く、発熱、食欲不振、倦怠感、体重減少、関節痛、胸痛、疲れやすさ、などが現れます。

発症の部位により異なる症状が現れますが、動脈の狭窄や閉塞により、めまい、失神、しびれ、息切れ、動悸、呼吸困難などの症状が起こることがあります。

高安動脈炎(大動脈炎症候群)の治療

薬物療法として主にステロイド剤が用いられます。
他に免疫抑制薬、抗血小板薬、抗凝固薬などが投与されることがあります。

薬物治療で効果が得られない場合、障害が起こった血管に応じた外科手術が行われる場合があります。

参考文献

全部見える 図解 循環器疾患(スーパービジュアルシリーズ)
黒澤博身

スポンサーリンク