刺激伝導系 不整脈、心房細動とは?原因 症状 治療 種類について

心臓の刺激伝導系と不整脈、頻脈性不整脈、徐脈性不整脈、洞不全症候群、房室ブロック、心房細動、心房粗動、期外収縮、WPW症候群、心室細動、心室頻拍の原因、症状、治療について解説します。

刺激伝導系について

心臓の刺激伝導 心臓の収縮リズムは洞房結節(洞結節)から始まります。

洞房結節(どうぼうけっせつ)はペースメーカーの役割を持った特殊な心筋で、1分間に60~80回の電気興奮を生みだす作業を生涯繰り返します。

洞房結節で生み出された刺激は心房の壁を伝わって房室結節に届きます。

房室結節は興奮伝達にワンクッション(0.1~0.2秒)入れる役割を担うと共に、洞房結節がリズムを作り出せなかった場合、自らリズムを作り出し補完します。(ただし40回/min程度)

房室結節からヒス束に伝えられたリズムはプルキンエ線維と呼ばれる線維を伝って左脚右脚に分岐し心室全体を駆け抜けます。この流れが脈拍一つ分で、心臓が収縮し心室から血液が送り出されます。
血液の流れについて

スポンサーリンク

↓(下図)洞房結節(左上の赤マル)→房室結節(中央の赤マル)→ヒス束→左脚・右脚→心室全体、と電気興奮が伝導し、心臓が一定のリズムで収縮する様子。下は心電図。
刺激伝導系

         Original Update by Kalumet

不整脈とは

不整脈とは心拍のリズムに異常がある状態のことです。
心不全同様に病名ではなく病態です。

正常時より心拍数が少なくなるものを徐脈性不整脈(じょみゃくせいふせいみゃく)、多くなるものを頻脈性不整脈(ひんみゃくせいふせいみゃく)といいます。

洞不全症候群(洞機能不全症候群)

洞房結節(洞結節)の機能が低下する病気です。

洞不全症候群の原因

加齢(老化)による洞房結節の変性が原因で起こることが多く、虚血性心疾患が原因で起こることもあります。

また抗不整脈薬やジギタリスといった薬の服用により起こることもあります。

洞不全症候群の症状

除脈に伴い、眼前暗黒感(目の前が暗くなる、血の気が引くような感じ)、アダムス・ストークス発作(下記)、活動時の息切れ、疲れやすさ等が現れます。

アダムス・ストークス発作

洞停止により心室が停止すると急激に脳貧血(虚血)を生じ、失神、めまい、痙攣などの症状を引き起こします。

洞不全症候群の治療

めまい、失神などの改善の為に薬物療法が行われます。

アダムス・ストークス発作や心不全などの症状がある場合、ペーシング療法(ペースメーカーを使用し心臓の収縮を助ける)が行われます。

房室ブロック

洞房結節から刺激伝導があっても房室結節やヒス束で流れが停止してしまう病気です。 心房は収縮しますが、心室に伝導がないため心室が収縮せず脈が停止します。

程度により3つに分類されます。

第1度房室ブロック

無症状のことが多く、特に治療の必要が無いことが多いです。

第2度房室ブロック

ウェンケバッハ型とモビッツⅡ型があります。

ウェンケバッハ型

無症状であることが多いです。

モビッツⅡ型

心拍出量が著しく低下し脳貧血を招きます。 めまい、失神、疲れやすさ、活動時の呼吸困難といった症状が起こります。

第3度房室ブロック

心拍出量が著しく低下し脳貧血を招きます。 めまい、失神、疲れやすさ、活動時の呼吸困難といった症状が起こります。

房室ブロックの治療

症状が無い場合は特に治療せず、経過観察とします。 症状が有る場合、ペースメーカーの使用(植え込み)が検討されます。

心房細動

不整脈の中で最も多く見られ、「リズムが不規則で非常に速い心房興奮」が特徴です。
心房はバラバラに収縮し一気に収縮することができません。

細動中に心房内で血栓が生じると脳梗塞を発症する恐れがあります。

心房細動の原因

心臓弁膜症、高血圧、甲状腺機能亢進症虚血性心疾患、心筋症などが原因として多いですが、健康な人に起こる場合もあります。

心房細動の症状

動悸、頻脈、胸痛、息切れ、めまいなどです。

心房細動の治療

原因となる疾患の治療は不可欠です。
喫煙、飲酒、過労、ストレス、睡眠不足などが原因となりやすいのでコントロールするようにします。

薬物療法として抗不整脈薬の投与や、血栓が詰まることを予防する為の抗凝固薬などが投与されます。

必要に応じて、電気ショックにより徐細動を行ったり、カテーテルアブレーションが行われます。

カテーテルアブレーション

高周波発生装置を繋いだカテーテル(柔らかく細い管)を挿入し、不整脈を生じている心筋に高周波で生じる熱を加えることで、不整脈を根治させる方法です。

心房粗動

心臓頻拍と呼ばれる不整脈の一つで心房でのリズムは規則正しく行われます。 通常型心房粗動は、右房を三尖弁の縁に沿って興奮(電気刺激)が旋回するリエントリーが起こります。 非通常型心房粗動は、三尖弁の周囲以外でリエントリーが起こります。

リエントリーとは

一度生じた電気的刺激が他の部位に伝わってから、元の部位に戻ってきて再びそこを興奮させてしまう現象です。

心房粗動の原因

心臓弁膜症、高血圧、甲状腺機能亢進症、虚血性心疾患、心筋症などの心疾患が原因となることが多いです。

心房粗動の症状

動悸、頻脈、胸痛、息切れ、めまいなどです。

心房粗動の治療

薬物療法として、抗不整脈薬や血栓が詰まることを予防する為の抗凝固薬が投与されます。 心不全を合併する場合は心拍数コントロールの為にジゴキシンの投与が行われます。

必要に応じて電気ショックやペースメーカーの使用、カテーテルアブレーション(心房細動を参照)が行われます。

スポンサーリンク

期外収縮

期外収縮とは本来収縮すべきタイミングでは無い時に収縮が行われてしまうものです。

期外収縮には心房から生じる上室性期外収縮と、心室から生じる心室性期外収縮があります。

期外収縮は健康な人にもみられ自覚症状の無い場合も多く、症状が強くなければ治療の必要はありません。

期外収縮の原因

原因が明らかでないものも多く、過労、ストレス、睡眠不足、飲酒、喫煙、心疾患の薬剤による副作用、などが誘因として考えられます。

期外収縮の症状

無症状の場合や、動悸、胸痛を訴えるものまで様々です。

期外収縮の治療

無症状や症状が弱い場合、治療不要ですが、症状が弱い場合、精神安定剤を用いることがあります。

症状が強い場合はβ遮断薬などが用いられます。 心室頻拍が認められる場合はカテーテルアブレーション(心房細動を参照)が行われます。

WPW症候群

WPWとはこの病態を報告した3人の頭文字(ウォルフ、パーキンソン、ホワイト)です。 副伝導路症候群ともいわれます。

WPW症候群の原因

先天的に副伝導路と呼ばれる房室結節以外の電気信号の連絡路をもっていることにより生じます。

WPW症候群の症状

多くは無症状ですが、発作性上室頻拍(突然の頻拍による動悸や発作)や心房細動による頻拍発作を生じることがあります。

WPW症候群の治療

カテーテルによるケント束切断が効果的です。

頻拍発作が無ければ無治療で経過観察することが多いです。

他にβ遮断薬、抗不整脈薬などを用いた薬物治療やカテーテルアブレーションが行われることがあります。

ケント束とは

心房と心室を結ぶ副伝導路のひとつで電気的信号の抜け道となり、房室結節よりも早く心室へ伝わってしまいます。

心室細動

心室細動とは異常な興奮(電気的刺激)が心室内を旋回し、リズムが無秩序な状態になることで、心臓麻痺と言われることもあります。

血液を送り出す働きが失われ脳血流が停止するため失神し、放っておくと心停止となってしまいます。

心室細動の原因

心筋梗塞や心筋症などによって心機能が低下した時に起こることが多いですが、原因となる疾患無しに起こることもあります。

心室細動の症状

意識消失、痙攣、呼吸停止などです。

心室細動の治療

早急な処置が必要となります。

人工呼吸、心臓マッサージ、電気ショック、ペースメーカーによる心臓再同期療法、薬物療法、カテーテルアブレーション(心房細動を参照)などが必要に応じて行われます。

慢性的な発作の可能性がある場合、植え込み型徐細動器(ICD)を体内に植え込むことで、心室細動が起こった場合、自動的に徐細動を行うことができます。

自動体外式徐細動器(AED)の使用

AED

Original Update by halfrain

電気ショックによる徐細動を誰でも簡単に行うことができる装置です。
音声ガイダンスに従うことで徐細動が行えます。

電気ショックが必要ないときは作動しないので、安心して使えます。

突然人が倒れてAEDが必要かどうか分からなくても、電極パッドを貼ることで心臓の情報を読み取り、電気ショックが必要かどうかを判定してくれます。

心臓発作による突然死はほとんど心室細動によるものですが、すぐに徐細動を行えばほぼ確実に救命することができます。

AEDは公共の場所に設置されているので、これを使用することで医療機関以外での心停止に対応することができます。

心室頻拍(しんしつひんぱく)

心室の一部から始まった異常な速い興奮(電気的刺激)が周囲に伝わることにより起こります。 心房から伝わる正常な興奮の回数をはるかに上回る為、心室だけで興奮が繰り返し伝わります。

心室頻拍の原因

心室細動と同様です。

心室頻拍の症状

動悸、胸痛、血圧低下、めまいなどで、重度の場合意識消失を招きます。

心室頻拍の治療

抗不整脈薬の投与やペースメーカーの使用、電気的徐細動、などが行われます。 また心室細動に移行することがある為その予防措置が行われます。

必要に応じて、植え込み型徐細動器(ICD)の使用や心臓再同期療法、カテーテルアブレーションなどが検討されます。 

西式甲田療法

西式甲田療法では、不整脈を治すことが可能です。
ただし専門家の指導の元に行う必要があります。

難病 原因不明の病気が治る西式甲田療法とは 少食 断食の効果について

参考文献

全部見える 図解 循環器疾患(スーパービジュアルシリーズ)
黒澤博身

心臓の病気―中高年に増えている突然死を防ぐ
渡橋 和政

スポンサーリンク