動脈硬化とは?動脈硬化の種類と動脈硬化が原因で起こる病気について

動脈硬化とは何か? 動脈の構造と動脈硬化が原因で起こる病気などについて解説します。

動脈について

血管

Original Update by Kelvinsong

動脈は心臓から血液を全身に送る為に使われる血管です。
(静脈は血液が心臓に戻る為に使われる血管)
心臓と血管について

動脈は上図のように3層構造となっていて外膜、中膜(図では平滑筋の辺り)、内膜(図では内皮)に分けられます。外膜と中膜は外弾性板、中膜と内膜は内弾性板でそれぞれ隔てられていて、強靭で弾力性のある構造になっています。

動脈硬化とは

動脈硬化とは動脈が硬くなって弾力が失われることです。

動脈硬化になると血管の壁にコレステロールなどが溜まって血管が狭くなってしまったり、血液がじかに接する内膜の表面がくずれ血栓ができて血管が詰まることがあります。

また壁自体がこぶのように広がって破れてしまうこともあります。

全身に酸素や栄養を送る為の動脈が詰まったり破れたりすれば、命に関わる事態になりかねません。仮にそうならなくても、動脈硬化の状態というのは血管が硬くなることで、体のすみずみに血液を送る働きが低下してしまいます。

スポンサーリンク

動脈硬化の3つのタイプ

動脈硬化は血管の太さにより3つのタイプに分けられます。

アテローム性動脈硬化・粥状硬化(じゃくじょうこうか)症

脳や心臓など比較的太い血管の内膜に起こりやすく、コレステロールと関わりの深い動脈硬化です。「アテローム」とはドイツ語で「腫れ」を意味し、内膜と内弾性板が接するところにコレステロールなどがたまり、アテロームができて内腔が狭くなります。

血液検査で分かるコレステロールのLDL値が高い人に起こりやすくなります。

メンケルベルグ型硬化

中くらいの太さの血管に起こりやすく、中膜にカルシウムがたることで血管が硬くなります。 中膜がもろくなることで血管の壁が破れることもあります。

大動脈や首の動脈、足の動脈に起こりやすい動脈硬化です。

細動脈硬化

脳や腎臓の細かい動脈に起こりやすく、高血圧が主な原因となります。

血管が詰まったり、動脈の3層の壁が全体的にもろく破裂しやすくなります。

動脈硬化が原因で起こる動脈硬化性疾患とは

「動脈硬化性疾患」とは動脈硬化が進むことが原因で起こる病気のことです。

血栓が詰まることで起こる病気

アテローム(血管内の腫れ)などで動脈の内腔が狭くなると、「心筋梗塞」や「脳梗塞」を起こす可能性が高まります。これらはアテロームが破れ、その部分に血小板が集まることで血栓を作ることが原因となります。

心臓の血管が血栓で詰まると心筋梗塞に、脳の血管に詰まれば脳梗塞となります。
足の動脈で詰まると「急性閉塞性動脈硬化症」という病気になります。

動脈の内腔が狭くなることで起こる病気

動脈硬化により冠動脈(心臓に血液を送る動脈)が狭くなると「狭心症」に、脳に血液を送る首の動脈が狭くなると「頸動脈狭窄症(けいどうみゃくきょうさくしょう)」、足の動脈が狭くなった場合は「慢性閉塞性動脈硬化症」が起こります。

これらは血流が低下することで酸素や栄養が臓器に行き渡らなくなることで起こります。

動脈破裂で起こる病気

動脈硬化の血管はもろい状態であり血管の壁が裂けてしまう可能性が高いと言えます。

大動脈にこぶができ(大動脈瘤)破裂して大出血起こす「大動脈破裂」や血管が内側で裂けることで起こる「大動脈解離」などの病気があります。

動脈硬化の予防

糖質を制限することは動脈硬化の予防に大きな効果があります。

糖質制限とは 糖尿病の食事と糖質制限食・糖質制限ダイエットについて

動脈硬化の治療

西式甲田療法では、動脈硬化を治すことが可能です。

難病 原因不明の病気が治る西式甲田療法とは 少食 断食の効果について

参考文献

「図解でわかる動脈硬化・コレステロール」
白井 厚治、 大越 郷子 著

スポンサーリンク