心筋症とは?肥大型心筋症 拡張型心筋症の原因 症状 治療について

心筋症とは何か、肥大型心筋症 拡張型心筋症の原因、症状、治療について解説します。

心臓(心筋)

心筋症とは

心筋は心臓を構成している特殊な筋肉です。
心筋症とは心筋に肥大・変性など異常が生じ、心臓の機能に障害が起こる疾患です。

肥大型心筋症、拡張型心筋症、拘束型心筋症、不整脈源性右室心筋症、それ以外の分類不能のもの、の5つに分類され、肥大型心筋症拡張型心筋症がそのほとんどを占めます。

また他の疾患が原因で起こる二次性のものを特定心筋症といいます。

肥大型心筋症

心筋が極端に不均等に肥大し、左室の収縮・拡張の拡張機能に障害をきたします。

肥大型心筋症の原因

従来は原因不明でしたが、現在研究が進み、遺伝的な原因(常染色体優性遺伝)が半数を占めます。

心筋収縮に関与する心筋構成蛋白の遺伝子変異が原因と考えられています。

肥大型心筋症の症状

労作時息切れ、胸痛、動悸、失神、めまい、呼吸困難などです。

肥大型心筋症の治療

必要に応じて以下の治療が行われます。

薬物療法

β遮断薬、カルシウム拮抗薬、抗不整脈薬、抗凝固薬などが投与されます。

カテーテル治療

心筋の血管にカテーテルを入れエタノールを注入することで肥大心筋を壊死させます。 壊死した組織は線維化して縮みます。

植込み型徐細動器(ICD)

体内に埋め込み、不整脈が起こった場合に自動的に徐細動を行います。

手術

薬物治療などの効果が得られなかった場合、心室中隔心筋切除や僧帽弁置換が行われます。

スポンサーリンク

拡張型心筋症

心筋の収縮機能が低下し、心室内腔が拡大してうっ血性心不全が生じる心筋疾患です。

拡張型心筋症の原因

特発性(原因不明)のものが多いが、心筋へのウィルス感染、自己免疫反応、遺伝子異常が原因になります。

拡張型心筋症の症状

胸痛、息切れ、呼吸困難などの心不全の症状や、動悸、失神などの不整脈の症状が起こります。

拡張型心筋症の治療

必要に応じて心不全不整脈の治療が行われます。
心臓再同期療法(ペースメーカーにより右室と左室の収縮を同期させる)は有効です。

植込み型徐細動器(肥大型心筋症を参照)が使われることもあります。

重症の場合、左室縮小形成術(バチスタ手術)という拡張した左室心筋の一部を切り取り正常に近い大きさまで縮小する手術が行われることがあります。

また、心臓移植が検討されることもあります。

西式甲田療法

西式甲田療法では、軽度の心臓肥大を治すことができるとされています。
まずは専門家へ相談してみることをお勧めします。

難病 原因不明の病気が治る西式甲田療法とは 少食 断食の効果について

スポンサーリンク

参考文献

全部見える 図解 循環器疾患(スーパービジュアルシリーズ)
黒澤博身

スポンサーリンク