脳梗塞とは アテローム血栓性脳梗塞 心原性脳塞栓 ラクナ梗塞等について

脳梗塞とは何か、アテローム血栓性脳梗塞、心原性脳塞栓、ラクナ梗塞、一過性脳虚血発作(TIA)、小脳梗塞の原因、症状、治療について解説します。

脳梗塞の男性

脳梗塞とは

脳梗塞とは脳の血管が詰まって血流が停滞してしまう病気です。
血流が停滞することで虚血(血液の不足)状態となり脳組織が壊死してしまいます。
死亡したり寝たきりになってしまう可能性が高い疾患です。

大きく分けて、アテローム血栓性脳梗塞心原性脳塞栓ラクナ梗塞の3つのタイプがあります。

脳梗塞の症状

各症状の詳細についてはこちらを参照してください。
脳卒中の症状・後遺症

脳梗塞の治療

脳梗塞の治療は発症時に血栓を溶かす血栓溶解療法が行われ、梗塞の拡大に対しては抗血小板療法、抗凝固療法、脳をフリーラジカル(※)から保護する脳保護療法、脳浮腫に対して抗脳浮腫療法、開頭減圧療法などが行われます。

また、後遺症の予防・治療として様々なリハビリテーションが行われます。

※フリーラジカルとは電子が対になっていない安定していない分子のことでその代表的なものが活性酸素です。

スポンサーリンク

アテローム血栓性脳梗塞

アテローム性動脈硬化が原因となる脳梗塞です。

アテローム性動脈硬化(アテローム硬化)は動脈硬化の一種であり。動脈硬化の中でも最も頻度の高いものです。そのため、アテローム硬化といった場合、動脈硬化を指す場合もあります。
アテローム性動脈硬化

アテローム硬化は血管の分岐部分や分岐直後の部分にできやすく、表面の血栓がはがれたり大きくなって血管に詰まると脳梗塞を発症します。

アテローム血栓性脳梗塞の原因

アテローム血栓性脳梗塞の元になるアテローム性動脈硬化の原因はこちらを参照してください。
動脈硬化の原因 脂質異常症(高脂血症)善玉 悪玉コレステロールについて

この他に高血圧糖尿病、喫煙、大量飲酒などもアテローム硬化の要因となります。

アテローム血栓性脳梗塞の症状

アテローム硬化が進んで血管内腔が狭くなっても血液が流れていれば症状として現れません。

アテローム血栓性脳梗塞を発症する前に一時的に微小な血栓が詰まることで一過性脳虚血発作(TIA)を発症する場合が約30%あります。
一過性脳虚血発作(TIA)

安静時、起床時に症状が出ることが多く、片麻痺や、感覚障害、構音障害、失語などの症状が起こり、血栓が拡大した場合、それに伴い意識障害など症状も悪化・重症化します。

各症状の詳細についてはこちらを参照してください。
脳卒中の症状・後遺症

血管の狭窄は徐々に進行するため、側副血行路(下記)が発達することが多く、発症初期は比較的症状が軽いことが多いです。

側副血行路とは

側副血行路(そくふくけっこうろ)とは主要血管が閉塞した場合に、それを補うため新たに作られた循環経路(新生血管)のことです。 側副血行路

アテローム血栓性脳梗塞の治療

発症から3時間以内の場合、rt-PA(アルテプラーゼ)静注療法にて血栓を溶かします。

発症から3~6時間以内の場合、ウロキナーゼ局注にて血栓を溶かします。

脳保護剤のエダラボン、抗血小板療法としてオザグレルナトリウム、アスピリン、抗凝固療法としてアルガトロバン、抗脳浮腫療法としてグリセロールが使用されます。

慢性期では抗血小板療法に加え頸動脈内膜切除術(CEA)、頚動脈ステント治療(CAS)、バイパス術などの外科的治療が行われる場合があります。

心原性脳塞栓症

心原性脳塞栓症は、心臓疾患により心臓内で血栓が形成され、その一部が血流に乗り脳の動脈に詰まることで起こる脳梗塞です。

血栓がいきなり詰まると、側副血行路の発達も悪いため、急激に発症し3つの脳梗塞の中で最も重症化しやすく予後も悪い病気です。

心原性脳塞栓症の原因

心疾患により血栓が形成されることが原因となります。

血栓が作られる心疾患には心房細動、洞不全症候群などの不整脈心臓弁膜症、1ヶ月以内に発症した心筋梗塞、感染性心内膜炎などがあります。

また人工弁やペースメーカーが原因となる場合もあります。

心原性脳塞栓症の症状

突然の片麻痺、構音障害、失語、意識障害、頭痛、失禁などを急激に発症します。 各症状の詳細についてはこちらを参照してください。
脳卒中の症状・後遺症

一過性脳虚血発作(TIA)を先に発症する場合がありますが、割合は約10%程度です。
一過性脳虚血発作(TIA)

出血性梗塞

梗塞による虚血で弱くなった血管に再び血液が流れ込むことで梗塞部に出血が起こることがあり、これを出血性梗塞といいます。

発症後数日以内に起こりやすく症状の悪化を招きます。

心原性脳塞栓症の治療

発症から3時間以内の場合、rt-PA(アルテプラーゼ)静注療法にて血栓を溶かします。

発症から3~6時間以内の場合、ウロキナーゼ局注にて血栓を溶かします。

脳保護剤のエダラボン、抗脳浮腫療法としてグリセロール、再発予防として抗凝固療法のアルガトロバンが使用されます。

慢性期の治療(再発予防)として抗凝固療法のワルファリンが用いられます。

ラクナ梗塞

主に高血圧が原因で脳の細かい血管(脳動脈穿通枝)が詰まってしまうものです。

ラクナとは小さな穴・空洞を意味します。

ラクナ梗塞の原因

高齢者に多く、高血圧が主な原因です。

ラクナ梗塞の症状

軽度の運動障害、しびれなどの感覚障害、構音障害などの神経症状が起こります。
一般的には軽症で、意識障害や失語、失認といった症状はみられません。

各症状の詳細についてはこちらを参照してください。
脳卒中の症状・後遺症

予後は良好ですが多発すると、脳血管性認知症やパーキンソン症候群につながる場合があります。

ラクナ梗塞の治療

発症から3時間以内の場合、rt-PA(アルテプラーゼ)静注療法にて血栓を溶かします。

脳保護剤のエダラボン、抗血小板療法としてオザグレルナトリウム、アスピリンなどが用いられます。

慢性期の治療として抗血小板療法や血圧コントロールが行われます。

一過性脳虚血発作(TIA:Transient Ischemic Attacks)

脳梗塞の前ぶれとして起こる一過性の神経障害です。

この発作が起こったときに速やかに医療機関を受診することでその後の脳梗塞の発症を防ぐことができます。

TIAの発作後に脳梗塞を90日以内に発症する確率は約10~20%で、そのうちの半数は2日以内に発症するといわれています。

一過性脳虚血発作(TIA)の原因

原因として最も多いのは動脈硬化や心臓内にできる血栓です。

アテローム性動脈硬化からできた血栓や心臓内でできた血栓の一部が末梢の脳動脈にi一次的に詰まることで起こります。

高血圧、糖尿病、脂質異常症、喫煙、心疾患(不整脈、弁膜症、心不全、心筋梗塞)などが危険因子となります。

この他に、もやもや病、血管炎、血液凝固異常、原因不明の場合があります。

一過性脳虚血発作(TIA)の症状

突然、片眼の視力が無くなる(一過性黒内障)、脱力、片麻痺、しびれ、失語、めまいなどが起こり、短時間(数分から1時間、多くは2~15分)で血栓が溶けることで改善します。

片麻痺、失語などの症状についてはこちらを参照してください。
脳卒中の症状・後遺症

一過性脳虚血発作(TIA)の治療

心疾患が原因ではない場合、抗血小板療法としてアスピリン、クロピドグレルなどが用いられます。

心疾患が原因の場合、抗凝固療法としてヘパリン、ワルファリンなどが用いられます。

頸動脈狭窄症がみられた場合、外科的治療が行われます。

小脳梗塞

小脳につながる動脈(上小脳動脈、前下小脳動脈、後下小脳動脈)に梗塞が起きるものです。

小脳梗塞の原因

中高年で動脈硬化の危険因子がある人に起きやすいです。

動脈硬化の危険因子とは、高血圧糖尿病脂質異常症、喫煙、大量飲酒などです。

小脳梗塞の症状

突然のめまい、悪心・嘔吐が主症状です。

他に、頭痛、構音障害、体幹の失調による酩酊様歩行(酔っ払っているように歩く)、手足の動きがバラバラになる等の症状が起こります。

小脳梗塞の治療

水頭症や脳幹の圧迫が無い場合、薬物療法が行われます。

水頭症がある場合、脳室ドレナージにより脳脊髄液を排出します。

脳幹部に圧迫がある場合、開頭減圧術により頭蓋骨を切り取り圧力を減らします。

西式甲田療法

西式甲田療法は、脳梗塞の予防に絶大な効果を発揮します。
ただしすでに発症してしまった場合は通常の医療機関での治療が必要です。

難病 原因不明の病気が治る西式甲田療法とは 少食 断食の効果について

スポンサーリンク

参考文献

病気がみえる 〈vol.7〉 脳・神経
医療情報科学研究所 (編集)

「史上最強カラー図解 プロが教える脳のすべてがわかる本」
岩田 誠 (監修)

スポンサーリンク