認知症 アルツハイマー病 レビー小体型認知症の原因 症状 治療

認知症とは何か、アルツハイマー型認知症、脳血管性認知症、レビー小体型認知症、前頭側頭型認知症(ピック病)、MCIの原因、症状、治療について解説します。

認知症

認知症とは

認知症とは、一旦正常に発達した脳の認知機能が後天的な脳の器質障害により持続的に低下し、日常生活や社会生活に支障をきたす状態のことをいいます。

認知機能とは記憶力、計算力、判断力、言語能力、実行力・遂行力などを指します。

かつては痴呆症と呼ばれていましたが、現在は認知症に変更されています。

加齢による物忘れと認知症の違い

加齢により誰でも認知機能は衰えます。
加齢による物忘れと認知症の違いは、体験したことの一部を忘れるのは加齢によるものですが、認知症では体験したことを丸ごと忘れてしまったりします。

例えば食事に何を食べたか忘れてしまうのは加齢によるものですが、認知症では食事したこと自体を忘れてしまうことがあります。

加齢による物忘れは日常生活に支障はありませんが、認知症の場合日常生活に支障が出てきます。

スポンサーリンク

認知症の原因

認知症を引き起こす原因には、大きく分けて、変性性認知症脳血管性認知症があります。

変性性認知症の代表的なものとして、アルツハイマー型認知症レビー小体型認知症前頭側頭型認知症があります。

脳血管性認知症は脳卒中により起こります。

この他に認知症の原因となる疾患は以下のものがあります。

進行性核上性麻痺、ハンチントン病、慢性硬膜下血腫、頭部外傷後遺症、クロイツフェルト・ヤコブ病、亜急性硬化性全脳炎、進行性多巣性白質脳症、脳炎・髄膜炎、HIV脳症(AIDS脳症)、神経梅毒、脳腫瘍、甲状腺機能低下症、ウェルニッケ脳症、アルコール脳症、正常圧水頭症

降圧剤の服用は血圧を下げることで脳への血流が減少し、認知症を起こす可能性があります。
高血圧は気にしない方がいい?降圧剤は危険?高血圧と肩こりの関係!

認知症の症状

認知症の症状は中核症状BPSDの2つに分けられます。

中核症状

中核症状は脳の障害により起こるもので、記憶障害、見当識障害、失語失認失行、遂行機能障害などがあります。

見当識障害

見当識とは時間や場所、人物など周囲の状況を正しく認識する能力のことです。

見当識障害ではこれらをを正しく判断することができきなくなります。

認知症における見当識障害ではまず直近の記憶など時間の見当識が障害され、次に場所、人物の順で障害されます。

遂行機能障害

物事を論理的に考え、計画し、実行に移す能力が障害されることを遂行機能障害といいます。

炊事、洗濯、掃除などの家事も遂行機能障害があると上手くできなくなってしまいます。

BPSD(Behavioral and Psychological Symptoms of Dementia)

BPSDは行動・心理症状のことです。

中核症状に付随して起こされる二次的な症状で、不眠、徘徊、幻覚、妄想などがあります。

MCI(軽度認知障害)

認知症までは至っていないが記憶など認知機能の低下が年齢相応以上に認められる状態を軽度認知障害(MCI)といいます。

MCIの診断基準

①本人や家族から認知機能低下の訴えがある。
②認知機能は正常とはいえないが認知症の診断基準も満たさない。
③複雑な日常生活動作に最低限の障害はあっても、基本的な日常生活は正常。

電話でMCIの診断をしてもらえるサービスもあります。
【あたまの健康チェック】

アルツハイマー型認知症(アルツハイマー病)

認知症の症状を呈し、大脳が全般的に萎縮し、多数の老人班や神経原線維変化がみられます。

認知症の中で最も多く、64歳以下で発病した場合をアルツハイマー病あるいは若年性アルツハイマー、65歳以上で発症したものをアルツハイマー型老年認知症と呼び分けることもあります。

男女比1:2で女性に多くみられます。

アルツハイマー病の脳

                     正常な脳                                アルツハイマー型認知症の脳

アルツハイマー型認知症の原因

有力な説としてアミロイド仮説がありますが、なぜこのようなことが起こるのかについては原因不明です。

アミロイド仮説

何らかの異常により神経細胞体の細胞膜に存在するAPP(アミロイド前駆体蛋白質)が分解され、Aβ(アミロイドベータ)が産生されます。

Aβは細胞外にたまり老人班を作り、細胞内にたまったものは神経原線維変化を起こします。

老人班や神経原線維変化は神経細胞を障害し、これらの神経細胞はアポトーシス(細胞消失機能)を起こし消失し、大量に起こることでアルツハイマー型認知症となります。

食生活が原因の可能性

遺伝子組み換え食品を食べ続けることはアルツハイマー型認知症の原因となる、という報告があります。
遺伝子組み換え食品を食べたことが原因で起こる病気について

遺伝子組み換え食品に限らず、人工的な食品添加物や精製された糖質(砂糖、小麦粉、白米)を摂り続けること、加工食品に含まれるトランス脂肪酸の摂取、肉食中心の食生活などはアルツハイマー型認知症を起こす可能性があります。

アルツハイマー型認知症の症状

記憶障害、物盗られ妄想、見当識障害、判断能力障害、失語失認失行、遂行機能障害などが起こります。

アルツハイマー型認知症における記憶障害

アルツハイマー型認知症における記憶障害は、新しいことを記憶することができなくなり、進行すると情報を思い出すこともできなくなります。

少し前の体験も忘れてしまうので、何度も同じことを尋ねるようになります。

食事をした、どこかへ行ったというような体験などのエピソード記憶が障害されやすく、長年かけて覚えた楽器の演奏や裁縫などの技能の記憶である手続き記憶は障害されにくい傾向があります。

物盗られ妄想

例えば財布をタンスにしまったのに、その記憶をそっくり忘れてしまう為、それを取り繕うために「盗られた」という嘘の体験を作り上げます。

本人は嘘をついているつもりはなく、記憶の欠落を取り繕うための言いわけをしてしまいます。

アルツハイマー型認知症の経過

発症初期(1~3年)

海馬の萎縮が認められます。

新しいことが覚えられなかったり、物の名前が思い出せなくなります。

今日の日付など年月日の感覚が不確かになります。

物盗られ妄想、被害妄想、自発性の低下(だらしなくなる)などがみられます。

中期(2~10年)

頭頂葉の萎縮が認められます。

新しい記憶だけでなく、、古い記憶も障害されます。

自分の家を認識できず徘徊したりします。

失語失認失行、失算(計算ができない)などがみられます。

相手の言葉をオウム返ししたり、同じ言葉を繰り返すなど会話が進まないことがあります。

季節に合った服が選べないなど、日常生活に介助が必要になります。

深刻さは乏しく、多幸感を感じる傾向があります。

後期(8~12年)

大脳全般に高度な萎縮がみられます。

記憶はほとんど失い意思の疎通が困難になります。

肉親が誰だか分からなくなります。

尿や便の失禁をします。

異食(本来食べられないものを食べてしまう)が起こる場合があります。

歩行障害や神経障害が起こり、最終的には無動・無言となり寝たきりになります。

アルツハイマー型認知症の治療

根治療法は確立されていません。

認知機能低下の改善のために塩酸ドネペジル(セチルコリンエステラーゼ阻害)が治療薬として認められています。

塩酸ドネペジルは認知症の進行を止めることはできませんが、遅らせることができます。

ただし人によって暴力的になるなど神経が高ぶる副作用や、悪心・嘔吐、下痢などが起こる場合もあるので注意が必要です。

精神症状に対して非定形抗精神病薬、漢方薬(抑肝散)が用いられる場合があります。

その他、運動療法、回想法、レクリエーション、音楽療法などが行われます。

脳血管性認知症

脳血管障害(脳梗塞、脳出血、クモ膜下出血)によって生じる認知症です。

アルハイマー型認知症の次に多く、認知症の20~30%を占めます。

脳血管性認知症の原因

脳血管障害が原因となりますが、以下の4つに分けられます。

①多発梗塞型

大・中血管の閉塞による多発性梗塞

多発性ラクナ梗塞とビンスワンガー病(脳血管性認知症の一つ)があります。
多発性ラクナ梗塞は脳血管認知症の原因として最も多いものです。

②小血管型病変

広範な小血管病変による梗塞・循環不全

③局在型病変

海馬など認知に関わる重要な部位の単発梗塞

④その他

低潅流性(低血圧など)や脳出血、クモ膜下出血

脳血管性認知症の症状

抑うつ、自発性の低下、遂行機能障害、夜間せん妄、情動失禁、頻尿・尿失禁などが起こります。

梗塞が起きる度に認知機能は段階的に悪化します。

まだら認知症

血管障害部位に対応した機能のみが低下するので脳の中で正常な機能と低下した機能がまだらに存在します。

アルツハイマー型に比べ、物忘れは軽いことが多く、自覚があります。他の認知症が最終的には人格が崩壊してしまうのに対して、脳血管性認知症の場合人格は末期まで保たれます。

情動失禁

アルツハイマー型に比べ感情が不安的で些細なことで泣いたり笑ったりする情動失禁がみられます。

感情を抑制する部位に梗塞が起こりやすい為と考えられています。

脳血管性認知症の治療

脳梗塞の再発予防として血圧のコントロール(降圧剤)、抗血小板療法、抗凝固療法、糖尿病治療、リハビリテーション、その他対症療法が行われます。

レビー小体型認知症

老年期に発症し、幻視などの特有の精神症状やパーキンソニズムが起こる認知症です。

男性に多くみられます。

レビー小体とは神経細胞(ニューロン)内に出現する円形の細胞質封入体です。

※封入体とは異常な物質の集積により形成される細胞内の異染色領域であり、能動的機能を有しない小体。ウイルスやクラミジア感染あるいは重金属中毒において形成されることがある。(Wikiより)

レビー小体

Original Update by Dr. Andreas Becker upload here Penarc

レビー小体型認知症の原因

大脳皮質など中枢神経系に広範にレビー小体が出現することで起こります。

なぜこのようなことが起こるのかは不明です。

レビー小体型認知症の症状

認知機能が数分~数日など様々な間隔で変動し、幻視や妄想が起こります。

幻視は人、虫、小動物などがありありとそこに居るように現れます。
視覚野がある後頭葉の血流低下が幻視と深く関わっていると考えられています。

パーキンソニズム(震え、筋固縮、無動、姿勢反射障害)、レム睡眠行動障害、起立性低血圧などの症状が起こります。

晩期には人格が崩壊してしまいます。

レビー小体型認知症の治療

薬物療法として塩酸ドネペジル(セチルコリンエステラーゼ阻害)が用いられます。

幻視などの精神症状に対しては塩酸ドネペジル、非定形抗精神病薬、漢方薬(抑肝散)が用いられる場合があります。

パーキンソニズムに対してはLドーパ(ドーパミン補充薬)が用いられます。

前頭側頭型認知症・ピック病

人格変化や行動異常が特徴的な認知症です。

神経細胞(ニューロン)内にピック球と呼ばれる封入体がみられるものをピック病といい、前頭側頭型認知症の約80%を占めています。

40~60歳の初老期に多く発症します。

前頭側頭型認知症の原因

ピック球が神経細胞内にたまることで起こることが多いですが、なぜこのようなことが起こるのかは不明です。

前頭側頭型認知症の症状

自発性の低下、感覚鈍麻、脱抑制(下記経過と症状を参照)、常同行動(下記経過と症状を参照)などの人格変化・行動異常が起こります。

経過と症状

初期から後期まで6~8年です。

人格崩壊が早期に起こります。

初期

自発性の低下、自発語の減少、感覚鈍麻、偏食・過食、脱抑制(物を盗むなどの反社会的行動を抑える力が低下する、道徳観が低下する)など人格変化・行動異常がみられます。

中期

常同行動(同じ場所を周遊する、同じ椅子に座るなど)、考え無精(質問をしても真剣に答えようとしない)、落ち着きがない、立ち去り行動(診察中でもどこかに行ってしまう)、暴力行動、反復言動(同じフレーズを繰り返す)、反響言語(相手の言葉をオウム返しする)などがみられます。

後期

無動・無言となり寝たきりになります。

前頭側頭型認知症の治療

根治療法はありません。

対症療法として異常行動などに応じた薬物などが用いられます。

西式甲田療法

西式甲田療法は、脳の血流を良くし萎縮や変性を改善する効果があります。
MCIや認知症の初期段階に行うとよいでしょう。
実行する場合、必ず専門家の監視下で行ってください。

難病 原因不明の病気が治る西式甲田療法とは 少食 断食の効果について

スポンサーリンク

参考文献

病気がみえる 〈vol.7〉 脳・神経
医療情報科学研究所 (編集)

スポンサーリンク