歯科検診の必要性と歯医者の選び方について

歯科検診の必要性と歯医者の選び方についてです。

歯医者

 歯と歯茎の健康に欠かせない歯科検診

歯の痛みや出血がひどくなってから歯医者に行っても、すでに虫歯や歯周病はかなり進行してしまっている可能性が高いです。

また、毎日歯の手入れを行っていてもクリーニングを完璧に行うことは困難です。
特に歯周ポケットに入ってしまった汚れは歯ブラシでは取れません。

そこで定期的に歯科検診に行き、検査とクリーニングを行うことをオススメします。
検診に行く頻度は多ければ多いほどよく、毎月1度行くようにすれば、一生歯を抜かずに済むでしょう。

ただ月に1度というのは時間的制約で難しいでしょうし、歯医者側からそんなに来る必要はないと言われることもあります。

3ヶ月に1度、それが無理なら半年に1度、最低でも年に1回は検診を受けるべきでしょう。

スポンサーリンク

大切な歯医者選び

信頼できるかかりつけの歯医者さんがあることは健康な歯を維持する為に大切なことです。

説明が丁寧で質問にしっかり答えてくれる
どういう治療方針でどのような治療を行うのか、ということをちゃんと説明してくれる歯科医を選びましょう。質問したことに納得いく回答をしてくれる、ということも大切です。

治療後のメンテナンスについて指導してくれる
虫歯や歯周病になってしまったということは、ブラッシングなどのケアの仕方に問題がある可能性が高いわけです。
歯科医や歯科衛生士が、どのようにクリーニングを改善すればよいか、歯の磨き方(ブラッシング)はどうすればよいのか、ということをきちんと教えてくれる所を選びましょう。

腕のいい歯科医を選ぶ
歯科医によって医師や歯科衛生士の腕の良し悪しというものは確実にあります。
これは行ってみてからでは遅いということもあるので、近所の知り合いの人などに評判を聞いておきましょう。
インターネットでも口コミの情報があるので、評判の良いところを探してみるとよいでしょう。

 

スポンサーリンク