鼻の病気 蓄膿症(副鼻腔炎) 鼻茸 鼻中隔彎曲症などについて

蓄膿症(副鼻腔炎)、鼻茸、鼻中隔彎曲症、鼻前庭湿疹、鼻せつなど鼻の病気についてです。

蓄膿症(副鼻腔炎)

急性副鼻腔炎(蓄膿症)

蓄膿症(ちくのうしょう)とは副鼻腔炎の俗称です。
副鼻腔炎は副鼻腔と呼ばれる4つの空洞の粘膜に細菌やウィルスが感染することで起こる病気です。

急性副鼻腔炎の大半は急性鼻炎などの鼻かぜが引き金になります。
これらにより、粘膜に炎症が起こると共に腫れ、鼻腔と副鼻腔をつなぐ孔(自然孔)が塞がれてしまいます。

自然孔が塞がれることで細菌やウィルスを外に排出できなくなり、膿がたまります。
この一連の流れが急性副鼻腔炎です。

放っておくと慢性化してしまいます。 X線撮影やCT スキャンによる副鼻腔の検査や、鼻の内部の監察、鼻汁を調べることなどで副鼻腔炎の診断ができます。

急性副鼻腔炎の症状(蓄膿症の症状)

副鼻腔の痛み(頬や目の奥など顔が痛いと感じる)、鼻づまり、粘り気のある膿性の鼻汁が出る、頭痛、発熱、後鼻漏(こうびろう:鼻汁がのどに流れ落ちる)、鼻汁の悪臭、臭覚異常などです。

急性副鼻腔炎の治療(蓄膿症の治療)

薬物療法として、抗生物質(抗生剤)や抗菌薬を服用します。
鼻汁の粘度を低下させる為に、粘液溶解薬を使う場合もあります。

症状によって副鼻腔(主に上顎洞)の洗浄を行い膿を排出します。

スポンサーリンク

慢性副鼻腔炎

急性副鼻腔炎を放置したり、繰り返していると慢性副鼻腔炎になることがあります。

急性副鼻腔炎同様の症状に加え、鼻茸(はなたけ)というポリープができます。
薬物療法で治らない場合、内視鏡を使った手術が必要になることがあります。

副鼻腔炎(蓄膿症)のおすすめの治療法

副鼻腔炎が中々治らない場合、当サイトでは「Bスポット治療」を推奨しています。

Bスポット治療について

6スポット治療

Bスポット治療をさらに進化させた6スポット治療では直接副鼻腔への治療も行います。

青山セントラルクリニック

鼻茸(はなたけ)

鼻茸とは鼻腔や副鼻腔にできるポリープのことです。
多くは慢性副鼻腔炎(慢性化した蓄膿症)に付随して起こります。
鼻茸は良性の腫瘍なので、命に関わるものではありません。

鼻茸の症状

主な症状は鼻づまりです。
臭いを感じる嗅裂(きゅうれつ)という場所を塞ぐ所にできると、臭覚に影響が出てにおいが分からなくなることもあります。

鼻茸の治療

ステロイドや抗菌薬などの薬物治療を行います。
薬で小さくならない場合は、手術で摘出します。

鼻中隔彎曲症(びちゅうかくわんきょくしょう)

鼻中隔(びちゅうかく)とは鼻腔を左右に隔てている鼻の真ん中にある仕切りのことです。
この鼻中隔の湾曲がひどくなると鼻に不快な症状が出ることになります。これが鼻中隔彎曲症です。

鼻中隔は成長過程で誰でも湾曲します。つまり多少の湾曲は問題がありませんが、軟骨と骨の成長のバランスが悪く、大きく湾曲してしまうことが問題となります。

鼻中隔彎曲症の症状

いつも同じ側の鼻づまりが起こることが多くなります。鼻血が出ることもあります。
人によってはいびきがひどくなるという人もいます。
副鼻腔炎など他の病気の原因となったり、鼻炎などに罹ったときの症状がひどくなることもあります。

鼻中隔彎曲症の治療

根本的な治療は鼻中隔矯正術と呼ばれる手術で湾曲を矯正します。これは曲がっている骨を除去する、あるいは曲がった骨を真っすぐにして元に戻す手術です。

手術をしない場合、点鼻薬などで一時的に症状を抑えるだけの対処療法になってしまいます。

鼻前庭湿疹(びぜんていしっしん)

鼻腔の入り口で鼻毛が生えている部分が鼻前庭です。一般に鼻の穴と呼ばれる部分です。
ここに湿疹ができることを鼻前庭湿疹といいます。

主に慢性副鼻腔炎や鼻炎が原因で起こります。これらの病気ではいつも鼻汁などの分泌物で濡れた状態であるため、鼻をかんだり鼻をこすったりしがちになり、その刺激で湿疹ができます。

症状は主にかゆみです。鼻前庭が荒れてかさぶたができることもあります。

症状が軽ければできるだけ患部に触れないようにすることで自然と治ります。
かゆみがひどい場合はステロイド軟膏が効きます。

鼻せつ(びせつ)

鼻腔内や鼻の表面に赤い腫れものができます。
湿疹を引っ掻いたり、鼻毛を抜いた毛孔などから細菌が感染することで起こります。

膿がたまって大きくなり、かゆみや痛みが強くなります。 場合によっては発熱することもあります。

治療は抗生物質の服用や軟膏、鎮痛剤が用いられます。
自然に膿が出るのを待つか、切開して膿を出します。

鼻毛は抜かずに切る、湿疹には触らないことで予防できます。

スポンサーリンク

参考文献

これだけは知っておきたい耳・鼻・のどの病気 (別冊NHKきょうの健康)」
神崎 仁 監修

スポンサーリンク