マロリー・ワイス症候群 食道アカラシア 食道裂孔ヘルニアについて

マロリー・ワイス症候群、食道アカラシア、食道裂孔ヘルニアの原因、症状、治療についてです。

嘔吐

マロリー・ワイス症候群とは

食道と胃の接合部付近の粘膜に裂創(れっそう:皮膚や粘膜が裂けること)が生じ、そこから出血することで吐血(とけつ:口から血を吐くこと)します。

裂創が食道壁の全層に及び、破けて孔(あな)が空いてしまったものを特発性食道破裂といいます。

中年男性に多くみられます。

マロリー・ワイス症候群の原因

嘔吐などで急激に腹圧が上昇することで、食道の胃に近い場所に浅い裂創が生じ出血します。

※腹圧とは、大便のときにいきんだり、出産時に妊婦がいきむことでお腹の内圧が高まりますが、そのような腹腔内の圧力のことです。

最も多いのはお酒の飲み過ぎ、過度のアルコール摂取によるものです。
典型的なものは、アルコールを飲み過ぎて繰り返し嘔吐(おうと)した後に吐血するというものです。

その他に妊娠時の悪阻(つわり)や抗癌剤使用時、内視鏡検査などでの悪心(おしん:吐き気やむかつきなど)がきっかけとなることもあります。

スポンサーリンク

マロリー・ワイス症候群の症状

主な症状は吐血です。
痛みは感じません。

特発性食道破裂の場合

出血は少ないものの、胸部から腹部にかけて激痛を伴います。
また、呼吸困難や、ショックを起こすこともあります。

マロリー・ワイス症候群の治療

ほとんどは自然止血します。
保存的治療として、絶食、補液として水分や電解質などを点滴静注します。
また、酸分泌抑制剤、止血薬、粘膜保護薬などが用いられます。

出血が続いている場合、内視鏡的止血術として出血部位をふさぐクリッピングが行われる場合があります。
クリッピング以外に高張ナトリウムエピネフリンなど止血剤の局部注射が行われる場合もあります。

特発性食道破裂の場合

緊急手術が必要となります。

食道アカラシアとは

食道の下部にて飲みこんだ食べ物が通過できなくなる病気です。

消化管の蠕動運動(食べ物を先に送る為の動き)に関係するアウエルバッハ神経叢(しんけいそう)が何らかの原因により変性あるいは消失するために、蠕動運動に障害が起こったり、下部食道括約筋が弛緩(しかん:ゆるむこと)できなくなってしまいます。

進行すると胃と食道の接合部が狭窄(きょうさく:せまくなること)し、食道は次第に拡張していきます。食度の内径が3.5cm以下をⅠ度、6.0cm以下をⅡ度、それ以上をⅢ度と分類します。

20~60歳代の幅広い年齢層に起こります。

就寝時などに食道内に残った食べ物が逆流し誤嚥性肺炎を起こすことがあります。
また、長期間続くことで、食道炎が繰り返され、食道がんを併発することがあります。

食道アカラシアの原因

なぜ起こるのか原因は不明です。

食道アカラシアの症状

嚥下障害(えんげしょうがい:食べ物を飲み込みづらくなること)、胸痛、食物の逆流などが起こります。

ストレスを感じたり、冷たい飲み物を飲むと症状が悪化することがあります。

進行すると食事が取りづらくなるため、体重が減少することがあります。

食道アカラシアの治療

食道が狭窄した部分にバルーンで強制的に拡張する、バルーン拡張術が行われます。
薬物療法としてカルシウム拮抗薬や亜硝酸薬などで一時的に症状を緩和することができます。

以上の治療で治らない場合、外科手術として腹腔鏡下Heller-Dor術(狭窄部を切開して広げ、さらに胃底部を切開部に縫い付けることで逆流を防止する)が行われます。

食道裂孔ヘルニアとは

通常、胃は横隔膜の下に位置していますが、食道裂孔という横隔膜の食道が通っている場所から胃の一部がはみ出してしまう病気を食道裂孔ヘルニアといいます。

ヘルニアとは臓器などが本来の場所から脱出してしまった状態を指します。

胃と食道の結合部分である噴門(ふんもん)が飛び出す滑脱型(かつだつがた)が95%を占め、噴門が飛び出さない傍食道型(ぼうしょくどうがた)が数%、まれに両方が混在する混合型があります。

横隔膜ヘルニアに分類されますが、そのほとんどは食道裂孔ヘルニアが占めます。
高齢女性に多く、内視鏡検査で見つかることが多い病気です。

食道裂孔ヘルニアの原因

主な原因は加齢によるものです。

食道裂孔ヘルニアの症状

通常は無症状ですが、食後の胸やけ、胸痛、心窩部(しんかぶ:みぞおちの辺り)の痛みなどが起こる場合があります。

また、傍食道型の場合、脱出した胃による圧迫症状で呼吸が苦しくなったり、動悸がする場合があります。

食道裂孔ヘルニアの治療

無症状の場合は特に治療せず経過観察します。

逆流性食道炎など胃食道逆流症の症状がある場合、それに応じた酸分泌抑制薬投与などの治療が行われます。

症状が改善されない場合、Nissen手術という外科手術が行われる場合があります。
これは、脱出した胃を食道ごと横隔膜の下に引き下げ、胃壁で腹部食道を巻きつけるように縫合し逆流を防止する手術です。

水の摂取が足りないことが原因でこの病気が起こっている可能性もあります。
水を飲むだけの健康法!病気を治す飲水法 水ダイエットの効果は?

スポンサーリンク

参考文献

「病気がみえる 〈vol.1〉 消化器」
医療情報科学研究所 (編集)

スポンサーリンク