胃ポリープ、胃腺腫、胃粘膜下腫瘍の原因、症状、治療について

胃ポリープ(胃底腺ポリープ、胃過形成性ポリープ)、胃腺腫、胃粘膜下腫瘍の原因、症状、治療について解説します。

内視鏡

胃ポリープとは

ポリープとは良性腫瘍の一つで粘膜細胞の異常増殖により隆起した腫瘤(しゅりゅう:できもの、こぶ)のことです。

胃ポリープはポリープが胃粘膜の上皮に現れる病気です。

ポリープの形状によりⅠ型~Ⅳ型まで4つに分類されます。

Ⅰ型滑らかに隆起している
Ⅱ型Ⅰ型より丸みを帯びているが茎は無い
Ⅲ型くびれが出来ている
Ⅳ型くびれがあり茎がある

胃ポリープは大きく分けて、胃底腺ポリープ胃過形成性ポリープがあります。

胃ポリープの症状

自覚症状はほとんど無いですが、ポリープからの出血により貧血を起こすことがあります。

スポンサーリンク

胃底腺ポリープとは

背景となる胃粘膜と同じ色のポリープです。
胃底腺(ひだのある領域)に発生します。Ⅱ型とⅢ型が多いのが特徴です。
癌化(がんか)する可能性はありません。

胃底腺ポリープの原因

原因は不明です。
ピロリ菌との関係も無いとされています。

胃底腺ポリープの治療

無症状の場合、治療の必要はありません。

胃過形成性ポリープとは

色は赤く、萎縮した胃粘膜に発生します。
大きさが2cmを超えると癌化する可能性があるので1cmを超えていれば治療の必要があります。

胃過形成性ポリープの原因

胃粘膜に糜爛(びらん:粘膜がただれること)が発生し、その修復過程で起こると考えられています。
またピロリ菌に感染していると起こる可能性が高くなります。

胃過形成性ポリープの治療

1cmを超えるものは内視鏡的切除が行われますが、小さなものは経過観察となります。

ピロリ菌の感染が認められる場合、除菌することで消失する場合もあります。

胃腺腫とは

胃ポリープ同様に胃粘膜上皮に増殖する良性腫瘍です。
胃ポリープの一種として分類されることもあります。

異型を伴った上皮細胞の2層構造がみられることが特徴です。

早期胃癌と似ている為、判断が難しく、増大傾向にある場合は切除されることも多いです。

症状に関しては胃ポリープと、治療に関しては胃過形成性ポリープと、同様です。

胃粘膜下腫瘍とは

病変が胃粘膜より下の層に存在し、表面を周囲と同様の粘膜に覆われた腫瘤性病変のことです。ほとんどを非上皮性の間葉系腫瘍(かんようけいしゅよう)が占めます。

主なものにGIST(消化管間質腫瘍)があります。

それ以外には迷入膵(めいにゅうすい:胎生期に膵組織が胃内に入り込む良性疾患)、胃悪性リンパ腫(ピロリ菌の除菌が効果あり)などの種類があります。

原因は種類により様々で、原因不明の場合も多いです。

GIST(消化管間質腫瘍)の症状

無症状の場合が多いです。
他に、胃部不快感、腹痛、下血、黒い便が出る、貧血などが起こることがあります。

GIST(消化管間質腫瘍)の治療

2cm以下で症状が無い場合は経過観察、それ以外の場合は外科的切除が行われます。
手術が不可能の場合、イマチチニブ(分子標的薬)という抗ガン剤が使用される場合もあります。

スポンサーリンク

参考文献

「病気がみえる 〈vol.1〉 消化器」
医療情報科学研究所 (編集)

スポンサーリンク