妊娠糖尿病の食事 血糖値 ケトン体 原因 症状 治療などについて

妊娠糖尿病の食事、血糖値、ケトン体との関係、妊娠糖尿病の原因、症状、治療などについて解説します。

ケトン体が人類を救う
「ケトン体が人類を救う」は産婦人科医である宗田哲男先生が、自身の糖尿病を治療した体験や、実際に臨床の場で妊娠糖尿病の患者さんの食事を糖質制限食に改善することで、病気が劇的に良くなる体験を基に書かれた本です。

この本を元に従来とは異なる妊娠糖尿病の食事について考えてみたいと思います。

妊娠糖尿病とは

妊娠中は胎盤ホルモンの影響などによりインスリン抵抗性(インスリンの効きが弱く血糖が下がりにくくなること)が増し、糖代謝が悪化する傾向があります。

↓インスリン抵抗性についてはこちらを参照してください
2型糖尿病の初期症状 検査 診断基準 原因 症状 治療などについて

このインスリン抵抗性に見合ったインスリン分泌ができないことで糖代謝異常が起こったり、元々ある糖尿病が悪化した状態が妊娠糖尿病です。

スポンサーリンク

妊娠糖尿病の原因

遺伝的要因(家族に糖尿病の人がいるなど)、肥満、高齢(35以上)などが原因と考えられています。

また尿糖が陽性になっている人や、体重が増加傾向にある人も注意が必要です。

妊娠糖尿病の症状

ほとんどの場合自覚症状が無く、検査によって発見されます。

治療せずに放置すると、母親の問題として糖尿病や糖尿病合併症(急性慢性)、流産、早産、妊娠高血圧症候群、羊水過多、胎児の巨大化(4,000g以上での出産)による難産、等が起こる可能性があります。

赤ちゃんの問題として胎児仮死・死亡、先天奇形、巨大児、新生児低血糖症、胎児発育遅延、肥満、糖尿病などが起こる可能性があります。

妊娠糖尿病の定義と診断基準

本来では病気とならない軽い糖代謝異常でも、妊娠中の場合胎児の過剰発育が起こりやすく、出産に危険が伴うことから、妊娠糖尿病は糖尿病とは異なる診断基準になっています。

妊娠糖尿病の定義

妊娠中に初めて発見または発症した糖尿病に至っていない糖代謝異常

妊娠糖尿病の診断基準・血糖値

75gOGTTにおいて次の基準の1点以上を満たした場合に診断する。 (1)空腹時血糖値≧92mg/dL (2)1時間値≧180mg/dL (3)2時間値≧153mg/dL ただし臨床診断において糖尿病と診断されるものは除外する

以上のように通常ならば正常値となる血糖値でも妊娠中の場合、妊娠糖尿病と診断されることがあります。(通常は空腹時血糖値<110mg/dLは正常値)

妊娠糖尿病の治療

従来の治療

従来の治療では、食事療法(主にカロリー制限)による血糖コントロールとインスリン療法が中心となります。

インスリン療法は主に注射により行い、血糖値に応じて使用量や回数を調節します。

経口血糖降下剤は原則として妊娠中は使用できません。

糖質制限食による治療

宗田先生は糖質制限食による血糖コントロールが望ましいとし、極力インスリンを使用しない方向に治療を進めていきます。
糖質制限とは 糖尿病の食事と糖質制限食・糖質制限ダイエットについて

ケトン体とは

本のタイトルにもなっているケトン体とは、脂肪酸の分解・代謝によって作られる副産物、アセトン、アセト酢酸、β-ヒドロキシ酪酸の総称です。

これまで体内のケトン体が増加すること(ケトーシス)はケトアドーシスにつながる危険な状態だと考えられていました。
ケトアシドーシスとは 糖尿病ケトアシドーシスの原因 症状 治療について

そしてこのケトン体は糖質制限をすると増加します。宗田先生が2型糖尿病の患者を糖質制限により出産させたとき、血液中のケトン体は基準値76μmol/L以下とされていたものが、900を超える値となっていました。

これを学会で報告したときに他の先生方から、奇形や障害を持った子が生まれたらどうするんだ、と散々叱責を受けたそうです。

その後、糖質制限の第一人者である江部康二先生とのやり取りから、新生児は低血糖状態におかれており、その際のエネルギー源はケトン体であるということに辿りつきます。

胎児は絨毛で作られたケトン体を、主な栄養源・熱源・エネルギー源にしているという結論を江部先生に報告しています。 妊娠

インスリンを使わずに出産する

通常は妊娠糖尿病と診断されるとカロリーを抑えた食事で血糖を下げようとします。それで下がらない場合はインスリン投与により血糖をコントロールします。仮に糖質を制限して血糖が下がってもケトン体の値が増えていればその食事は危険と判断され糖質を摂るように警告されてしまうので、その病院で出産するなら従うしかありません。

本の中で妊娠糖尿病と診断され中絶を勧められた人や1型糖尿病でもインスリンを使いたくないという女性が宗田先生の元を訪れ、インスリンを使用せずに無事出産に至った例が紹介されています。

糖質制限下において、基準値76μmol/L以下とされるケトン体値が5000を超えてもケトアシドーシスが起こった例は無いとのことなので、高血糖をインスリン投与で抑えながら出産するよりも、明らかに体に負担が少ないと感じます。

妊娠糖尿病でカロリー制限されると空腹に耐えられず食べてしまうという人が多いそうです。すると肥満が進み、インスリンが効きにくくなるので、インスリンの量を増やすという悪循環になってしまうとのことです。

カロリー制限というストレスや血糖値を心配しながら妊娠期間を過ごすことは、お腹の中の赤ちゃんに悪影響を及ぼす危険を感じずにはいられません。

また、インスリン抵抗性によりインスリンを投与しても血糖コントロールがうまくいかず、胎児が大きくなり過ぎて帝王切開するという例も少なくないとのことです。

糖質制限食にすればお腹一杯食べて血糖値を下げることができます。胎児は低血糖状態でもケトン体をエネルギーにしているので何も心配はいらないということです。
糖質制限とは 糖尿病の食事と糖質制限食・糖質制限ダイエットについて

また宗田先生はMEC食も推奨しています。
MECとはMeat(肉)、Egg(卵)、Cheese(チーズ)の略でこれに葉物野菜を加える食事です。
糖質制限がベースにあることは共通しています。
MEC食とは?やり方 危険はないのか?肉大好き 野菜嫌いの人に!

出産すれば妊娠糖尿病は治る

妊娠糖尿病は出産が終わると治ってしまうそうです。
なので、妊娠中に糖質制限をしておけばその後も続けることで糖尿病になることもありません。

逆に考えれば妊娠糖尿病はその後の糖尿病予防の良いきっかけにもなると言えます。

スポンサーリンク

糖尿病とは 1型糖尿病の原因 症状 治療 インスリンと血糖の関係について
2型糖尿病の初期症状 検査 診断基準 原因 症状 治療などについて
糖質制限とは 糖尿病の食事と糖質制限食・糖質制限ダイエットについて

健康な子供を産む為に妊娠中に気をつけるべきこと。
アレルギー、自己免疫疾患、自閉症の原因は体内の生態系にあった!

宗田マタニティクリニック

参考文献

ケトン体が人類を救う 糖質制限でなぜ健康になるのか (光文社新書)
宗田 哲男 光文社 2015-11-17 売り上げランキング : 991
by ヨメレバ

「病気がみえる vol.3: 糖尿病・代謝・内分泌」
医療情報科学研究所

スポンサーリンク