補聴器と難聴の予防・対策に有効なデジタル耳せんについて

補聴器についてと、難聴の予防に便利なデジタル耳せんについてです。

補聴器

補聴器について

まず自分の聴力を知るということが第一です。
耳鼻咽喉科を受診し、聴力測定・検査を行います。
その上で補聴器が必要かどうか、場合によっては耳鼻咽喉科医に販売店を紹介してもらうこともできるので相談してみるとよいでしょう。

実際に装着してみてどう聴こえるか、使い勝手はいいか試用してみることは大切です。

現在、補聴器の主流はデジタル型です。
コンピュータが使われているので、音量や音質を細かく調節できるだけでなく、様々な機能が搭載され高機能になっています。

しかし従来のアナログ型に慣れている人はデジタルの音質に違和感を感じたり、操作性が悪いと感じる人もいるので、必ずしもデジタル型がすべて優れているとも言い切れません。

またデジタル、アナログという分類だけでなく、一見補聴器に見える集音器というものもあります。
集音器は補聴器の廉価版というイメージがありましたが、最近では高性能のものもあるので、一概にどちらがいいとは言えません。
集音器のほうが良いという人もいるので、やはり試用してみるのがいいでしょう。

補聴器、集音器共に沢山の種類があり価格も安いものから高価なものまで様々です。
自分の症状や聴力に合ったものを選ぶことが大切です。

お店に行くことが困難だったり、家でじっくり検討したい、という人の為の訪問サービスもあります。(近畿地方にお住まいの方↓)
補聴器選びなら、無料訪問サービスのスマートヒヤリングにおまかせ!

片耳装用の危険性

補聴器を片耳だけに装着することは、両耳の聴力のバランスを崩す危険性があります。
片耳だけで聴こうとすると、もう一方の耳は衰えてしまいます。

できれば両耳に装着し、両耳で聴こうとすることが耳や脳を守ることになります。


耳が遠くなった親御さんがいらっしゃる方へ「みみ太郎」

耳を守るデジタル耳せん

聴力を落とさないようにするには、大きな音をなるべく避けることが大切です。
デジタル耳せんは不要な騒音だけをカットし、人からの呼びかけや会話に対応できるので、騒音がある場所に居るときなどに耳を守ることができます。

Amazonが最安値のようです。

キングジム デジタル耳せん MM1000 ホワイト
by カエレバ