免疫療法とは?免疫チェックポイント阻害剤、免疫細胞療法について

免疫療法とは何か、免疫チェックポイント阻害剤や免疫細胞療法などについて解説します。

NK細胞

免疫療法とは

「免疫療法」といった場合、免疫の力によりがんを叩く治療法ということになりますが、一般的には免疫細胞に何らかの刺激を与えるなどしてがんを攻撃するように仕向ける治療方法です。

ですので、以前紹介した自律神経免疫療法などはここには含みません。
がんとストレス 低酸素・低体温・高血糖を改善し、がんを治す

がんと免疫

免疫は基本的に体内に侵入した異物を排除しようとするシステムです。
免疫とは?自然免疫と獲得免疫 免疫細胞の働き 炎症とは何か等について

しかしがんの場合、正常細胞が変化したものなので、完全に異物とはいえません。
そのため、免疫細胞は細菌やウイルスを排除するようには動いてくれません。

マクロファージはがんに対して攻撃するどころか、がんの増殖を先導するような働きをすることが分かっています。

また、制御性T細胞もがんに対する攻撃を抑制するように働きます。

NK細胞は誕生するがん細胞を攻撃し、がんが増殖しないように働いていると言われますが、がん患者のNK細胞はがんの増殖を許しています。

図解免疫細胞療法」ではがんを、「がんに対する抑止力が弱まった免疫病」と定義しています。
そこでこの本で紹介されているANK療法では意図的にNK細胞を活性化させ、がんを叩くということを行います。

免疫チェックポイント阻害剤

これは薬によりT細胞のがん細胞に対する攻撃のブレーキを解除する治療方法です。

免疫の仕組みを利用しているので免疫療法に分類されることもありますが、抗がん剤治療ということもできます。

抑制しているブレーキを外すということはがん細胞だけでなく正常細胞を攻撃してしまう可能性もあるため、副作用として自己免疫疾患のような症状が起こる場合があります。

対象となるがんはメラノーマ(悪性黒色腫)、非小細胞肺がん、腎細胞がんなどです。

イピリムマブ、ニボルマブなどが日本で承認されている免疫チェックポイント阻害剤です。

免疫細胞療法

リンパ球や樹状細胞を血液やがん細胞などから採取し、体外で活性化した後、再び体内に戻しがんを叩く治療法です。

T細胞療法、NK細胞療法、樹状細胞ワクチン療法などがあり、自身のがんの性質によりどの療法がよいか選択することになります。

一般的にT細胞療法は副作用として免疫チェックポイント阻害剤同様に自己免疫疾患に似た症状が現れる場合があります。

NK細胞療法の場合は発熱が主な副作用です。

副作用は抗がん剤治療に比べれば少ないということが利点になります。

免疫細胞療法は保険適用外なので治療費が高額になるというネックがあります。

図解免疫細胞療法」ではNK細胞療法の一種であるANK療法が紹介されていますが、1クールの料金は400万円台前半とのことです。

免疫細胞療法単独ではがんを完治させることに至らないのが現状のようです。
標準治療と組み合わせて行うことで効果を期待します。

なぜ免疫細胞はがんを攻撃しないのか

免疫細胞療法はがんを前にしても攻撃しようとしない免疫細胞を人工的に活性化する治療法です。

千島・森下学説を唱えた森下敬一博士はがんを浄血装置であると主張しています。また、排毒装置であるという人もいます。もしそれが本当ならば、免疫細胞ががん細胞を攻撃しないのは当然ともいえます。

がん細胞自体は体内で異常が起こっているために増殖している浄血装置あるいは排毒装置だとすれば、がん細胞はむしろ免疫細胞の仲間であり、仲間を攻撃することはないでしょう。

NK細胞は必要ないがん細胞だけを攻撃し、がんが増殖しないように調節しているのかもしれません。そして、がんが増殖している状態というのは、体の非常事態を表し、免疫細胞はやむを得ない状態として攻撃しないのではないでしょうか。

もちろんこれは個人的な推論ですが、本を読んだりネットで調べてみても免疫療法は料金の割には効果が上がっていないという印象を受けます。

参考文献

2018年4月1日 免疫療法とは?免疫チェックポイント阻害剤、免疫細胞療法について はコメントを受け付けていません。 がん 治療法