内耳とは?三半規管 蝸牛の役割 めまい 耳鳴り 難聴について

内耳のしくみと前庭器官、蝸牛の役割。 めまい、耳鳴り、難聴についてです。

耳の構造                                          Original Update by Nesnad

内耳とは?

内耳は中耳のさらに奥、上図の蝸牛(かぎゅう)、三半規管のある部分で、蝸牛と三半規管、その間にある耳石器の3つと聴神経(前庭神経と蝸牛神経)から成っています。

聴覚を司る蝸牛

蝸牛は聴覚を司ります。
従ってここに何らかの障害が起きると、耳鳴り難聴の原因となります。

蝸牛の中にはリンパ液が流れていて、有毛細胞と呼ばれる細かい毛がリンパ液の動きを感知し、音の周波数をコピーするように電気信号へ変換します。

蝸牛神経(上図)を通じて聴覚の情報が脳に伝えられます。

平衡感覚を司る前庭(ぜんてい)

三半規管と耳石器を合わせて前庭と呼びます。
この前庭器官は平衡感覚の維持に関わっています。 ここに障害が起きると、めまいを感じやすくなります。 前庭神経(上図)を通じて平衡感覚の情報が脳に伝えられます。

スポンサーリンク

三半規管の役割

三半規管は「外半規管(外側半規管)」「前半規管」「後半規管」の三つに分かれています。
なぜ3つあるか、ということは私達が3次元空間に生きていることに深く関わっています。

外半規管は左右の水平回転、前半規管と後半規管は上下の垂直回転の動きや速さを感知します。

三半規管の中にはリンパ液が流れていてこの動きを感覚細胞が捉えることで、3次元空間における方向や速さを認識しています。

耳石器の役割

卵形嚢(らんけいのう)と球形嚢(きゅうけいのう)と呼ばれる2つの入れ物の中には炭酸カルシウムでできた耳石という小さな石が入っています。 これが耳石器です。(下記図の中央部分)

耳石の動きを感覚細胞が感知することで耳石器は水平・垂直方向の動きと速さ、傾き、重力などの情報を得ます。 内耳

「めまい」「耳鳴り」「難聴」について

蝸牛と前庭器官は隣り合わせになっているので、片方に障害が起きるともう片方に異常がなくても、めまい、耳鳴り、難聴の各症状が同時に起こりやすくなります。

めまいや耳鳴り、難聴は耳の異常だけが原因とは限りませんが、片方の耳だけに異常があった場合は耳に原因がある可能性が高くなります。

また内耳に限らず、中耳炎でもこれらの症状が起こることがあります。

耳以外が原因のめまい

めまいや耳鳴りの大半は耳の異常が原因ですが、たとえそれらの症状を感じても、他に、頭痛、物が2つに見える等の視覚の異常、呂律が回らないなどの言語障害、手足の麻痺・痺れなどの症状を感じた場合は脳の異常の可能性があります。

脳梗塞脳出血では一刻を争います。 命に関わるとともに処置が遅れると後遺症が残る可能性が高くなってしまいます。

一瞬目の前が真っ暗になる、胸が痛い、動悸が激しい、上半身の圧迫感、血圧の異常などの症状があれば、心臓が原因の可能性もあります。

脳や心臓の異常の場合はとにかく早い処置が必要になるので、自分で判断せずに救急車を呼ぶなどしたほうが良いでしょう。

その他にも糖尿病、自律神経の異常、更年期障害などがめまいの原因になり得ます。

スポンサーリンク

参考文献

スーパー図解 めまい・耳鳴り―確実に解消する知識と方法 」
神尾 友信 (監修)

図解 めまい・耳鳴り・頭痛の正しい治し方と最新治療」
清水 俊彦 著

スポンサーリンク