腸閉塞 イレウスとは 原因、症状、治療、死亡する場合について

腸閉塞とイレウスの違いや原因、症状、治療や腸閉塞で死亡に至る場合について解説します。

腸閉塞

イレウスとは

腸閉塞イレウスは同じ意味として使われていますが、英語で腸閉塞はintestinal obstructionであり、厳密にはileus(イレウス)と別物のようです。

イレウスは腸閉塞の分類の一つである麻痺性イレウス(腸管麻痺)のことを指すこともありますが、ここでは腸閉塞とイレウスは同義語として扱います。

腸閉塞(イレウス)とは

腸閉塞(イレウス)は機械的イレウス機能的イレウスの2つに大別されます。

機械的イレウスは腸管(小腸、大腸)内腔が物理的に閉鎖されて起こるものです。
対して機能的イレウスは、腸管への血流や分布する神経の障害により腸管内容が停滞するものです。

スポンサーリンク

機械的イレウス

機械的ウイウスは単純性(閉塞性)イレウスと複雑性(絞扼性[こうやくせい])イレウスの2つに分けられます。

単純性(閉塞性)イレウス

単純性イレウスは腸管に血行障害が無いもののことをいいます。

単純性イレウスの原因

腹部の手術を受けた人に多くみられ、その中でも術後の癒着による癒着性イレウスが大部分を占め小腸の閉塞が起こるものが多く、大腸の単純性イレウスは大腸がんによるものが多いです。

また、結石や硬い便、先天性のもの、きのこやコンニャクなどを食べた事が原因となることもあります。

単純性イレウスの症状

間欠的な腹痛、嘔吐、排ガス(おなら・放屁)や大便の停止(便秘)、膨満感(お腹の張り)などが起こります。

単純性イレウスの治療

絶飲食のうえ、保存的治療(手術などを行わない治療)で治ることが多いです。
(自然治癒が期待できます)おおき

  1. イレウス管・胃管を挿入し、腸管内容の吸入や減圧を行います。
  2. 輸液―嘔吐や腸管内へ水分が漏れ出した分を補う為に行います。
  3. 抗菌薬の投与―腸内細菌の増殖による菌血症を予防します。
  4. 手術―保存的治療が困難な場合や腫瘍による閉塞の場合外科手術が行われる場合があります。

死亡の危険もある複雑性(絞扼性)イレウス

複雑性イレウスは腸管に血行障害を伴う機械的イレウスです。
腸管壊死や消化管穿孔などの危険性があり、急激に悪化して死亡に至る場合もある為、緊急手術が行われます。

複雑性イレウスの原因

腸重積症、ヘルニア嵌頓、腸軸捻転症(腸捻転)、手術後の癒着、索状物による腸管絞扼(ひも状のものが出来、腸をしめつけること)などが原因となります。

複雑性イレウスの症状

突発的で持続的な腹痛、嘔吐などが起こります。
それ以外に膨満感、ショック(意識の消失、体温の低下、不整脈など)などが生じる場合もあります。

複雑性イレウスの治療

外科手術による閉塞の解除や、壊死した腸管を切除します。

機能的イレウス

大きく分けて、腸管が運動麻痺する麻痺性イレウスと腸管に中毒などで痙攣(けいれん)が起こる痙攣性イレウスに分けられます。
痙攣性イレウスはまれなので、ここでは割愛します。

麻痺性イレウス

英語でileusと記されていた場合、この麻痺性イレウスを指します。

腸管に器質的な問題はみられず、神経や筋が障害を受け、腸管が麻痺することで起こります。

麻痺性イレウスの原因

腹部の手術、急性腹膜炎、急性腸間膜動脈閉塞症、糖尿病、薬剤などが原因となります。

麻痺性イレウスの症状

腹痛、吐き気、嘔吐、膨満感、排ガス(おなら・放屁)や大便の停止(便秘)などが起こります。

麻痺性イレウスの治療

原因に応じた治療が必要となります。
原因疾患がある場合、その治療が重要です。

薬物治療として、消化管運動促進薬、コリン作動薬などが用いられます。
イレウス管(鼻から挿入する柔らかいチューブにより腸管の内容物を排液する)の挿入が行われる場合もあります。

スポンサーリンク

参考文献

「病気がみえる 〈vol.1〉 消化器」
医療情報科学研究所 (編集)

スポンサーリンク