鉄分の役割 鉄の代謝や鉄を含む食材について

鉄分の役割、鉄の代謝や鉄を含む食材について解説します。

鉄分

鉄分とは

健康な人の体内には3~4gの鉄があります。
内訳は60~70%はヘモグロビン鉄、20~30%は貯蔵鉄、その他に組織鉄として酵素中の鉄やミオグロビン(筋肉中に存在する酸素を貯蔵するための蛋白質)、血清鉄に含まれます。

鉄は主に骨髄に運ばれ赤血球中のヘモグロビンを合成するために使われます。
従って鉄分の不足は赤血球の不足につながることになります。

また、組織鉄として爪や髪の成分の一部にもなります。鉄分の不足により爪が割れたり髪の潤いが無くなったりするのはこのためです。

赤血球やヘモグロビンについてはこちら
血液の成分 血球 血漿 血清 造血や造血幹細胞 骨髄などについて

スポンサーリンク

鉄の吸収

1日の食事には平均10mgの鉄が含まれておりそのうちの1mgが十二指腸にて吸収されます。

鉄分を含んだ皮膚上皮細胞や粘膜細胞が脱落することで鉄は喪失され、それ以外に吸収されなかった分は尿や便として排泄されます。

特に吸収されやすいのは肉類などに多く含まれるヘム鉄です。野菜や卵などに含まれる非ヘム鉄は吸収されにくい性質があります。

吸収された鉄は血管内にてトランスフェリン(鉄の輸送蛋白)により運ばれます。
また、トランスフェリンと結合した鉄は血清鉄とよばれます。

鉄の貯蔵

吸収後に余った鉄はフェリチン(貯蔵鉄)として肝臓などに蓄えられます。
フェリチンは水溶性の蛋白質です。
鉄が不足状態になると鉄がフェリチンから離れ再びトランスフェリンにより血中で運ばれます。

ヘモグロビンの合成には大量の鉄が使われますが、余った鉄は貯蔵鉄以外にも組織鉄として筋肉、爪、髪などに蓄えられ、不足時にはこれらからも供給されます。

鉄の再利用

赤血球の寿命は約120日でその後は脾臓にてマクロファージにより破壊されます。
このとき遊離した鉄は血中のトランスフェリンと結合してヘモグロビンの合成に再利用されます。

ヘプシジン

ヘプシジンは体内の鉄代謝を抑制するホルモンで肝臓で合成されます。
ヘプシジンが産生されると血清鉄への鉄供給が抑制されます。

体内の鉄が過剰になったり慢性炎症などがあると、ヘプシジンが産生され鉄を細胞から出すことを抑制します。

低酸素状態など鉄が欠乏するとヘプシジンの産生は抑制され、鉄代謝が進みます。

鉄の不足と食事

体内の鉄分が不足する大きな原因は出血によるものです。

女性の場合月経により鉄分が失われるので鉄が不足しやすいといえます。

また消化管出血なども鉄不足の大きな要因となります。

吸収率の高いヘム鉄(吸収率25%)は肉類、特にレバーに多く含まれます。
他にカツオ、イワシ、マグロなどに多く含まれます。

吸収率の低いヘム鉄(吸収率5%)は卵、あさり、大豆、ひじき、ほうれん草などに多く含まれます。これらから鉄を効率的に摂取したい場合、ビタミンCと共に摂取すると吸収がよくなります。

スポンサーリンク

参考文献

「病気がみえる vol.5: 血液」
医療情報科学研究所 (編集)

スポンサーリンク

2017年10月6日 鉄分の役割 鉄の代謝や鉄を含む食材について はコメントを受け付けていません。 血液