陣痛促進剤 子宮収縮剤の副作用、計画分娩 誘発分娩のリスクとは?

陣痛促進剤、子宮収縮剤による誘発分娩のリスクについて解説します。

点滴

陣痛促進剤とは

陣痛促進剤とは子宮収縮剤を陣痛を強めさせる目的で使った場合の言い方です。
子宮収縮剤をまだ陣痛が始まっていない妊婦に陣痛を起こさせる目的で使う場合は陣痛誘発剤となります。

つまり陣痛を起こしたり強めたりする作用は子宮収縮剤を使用することで得られるということです。

子宮収縮剤にはオキシトシン、プロスタグランジン(F2α、E2)というホルモン剤があります。

オキシトシンとプロスタグランジンF2αは点滴で投与され、プロスタグランジンE2は錠剤による経口投与となります。

陣痛促進剤・子宮収縮薬の副作用

陣痛促進剤・子宮収縮薬の代表的な副作用として過強陣痛があります。
これは文字通り過剰な陣痛による強い痛みです。

子宮破裂胎児機能不全、頸管裂傷、弛緩出血などが起こる場合もあります。

それぞれの薬の副作用は以下のようになります。

オキシトシンの副作用

過敏症状、新生児黄疸、不整脈、一過性の血圧上昇・下降、悪心・嘔吐、水中毒症状(頭痛、けいれん、呼吸困難など)

プロスタグランジンF2αの副作用

心室細動、呼吸困難、喘鳴(呼吸時にゼーゼー、ヒューヒューと音が鳴る)、悪心・嘔吐、顔面紅潮、血圧上昇・下降、血管痛、静脈炎

プロスタグランジンE2の副作用

心室細動、呼吸困難、喘鳴、悪心・嘔吐、顔面紅潮、血圧上昇・下降

なぜ陣痛促進剤がこれだけ多く使われているのか

上記の副作用を見てもらえば非常に危険な薬ということが分かります。

しかし現実は出産時に陣痛促進剤が使われるケースは非常に多いです。

本当は怖い!出産を病院で行うことの危険性と医療の問題点」で紹介したメンデルソン博士によると、医者が分娩誘発を行う主な動機は母子の安全の為では無く自分の都合とのことです。

また、同記事で紹介した、「医療もビジネス」という考えは陣痛促進剤にも当てはまります。

陣痛促進剤あなたはどうする」(陣痛促進剤による被害を考える会  編集)によると、以下のように書かれています。

陣痛促進剤はお産を平日の昼間に集中させることを目的に使われています。休日や夜間の人件費を節約するためです。

陣痛促進剤の使用は、人件費は削減できるし薬価差益は増えるので、病院の経営にはまさに一石二鳥で。さらに妊婦の子宮頸管や出口が十分に柔らかくなっていないために、必ず頸管熱化剤が同時に大量に使用され、そのうえで出口をハサミで切る手術(会陰切開)も併用されます。まさに薬漬け、手術漬けですが、病院の収入はそうして出来高払いでどんどん増えていくわけです。逆に、余計なことはせずに、休日でも夜中でも自然の陣痛を待って医療者が母子と気持ちを一つにしてくれるような価値の高いお産には医療費はほとんど支払われないのが現状です。

これに対して産婦人科医の団体は、平日の昼間に分娩を誘導したほうがスタッフが揃っていて安全、と主張しているようです。

計画分娩

出産予定日を予め自分達で決めて出産することを計画分娩といいます。
計画分娩に陣痛促進剤は欠かせません。

病院側だけでなく出産する側も夜中に産むより昼のほうがいいという理由だけで計画分娩を行おうとするのは、薬に対する知識が無い、または薬に対して誤った考えを持っていると言えるでしょう。

誕生日はこの日がいいとか、縁起がいい日に産みたいなどの考えで計画分娩を行うことは親のエゴです。絶対にやめましょう。

本来自然のものであるお産をコントロールしようとすれば必ずそこに何らかのリスクが生じます。無事健康に生まれてくれたようにみえて、何年後かに原因不明の病で苦しむことになる可能性もあるのです。

薬の副作用というのは、目に見えて分かるものばかりではありません。後になって原因不明の病気や障害が現れても原因が分からずどうしようもなくなる可能性はゼロではないのです。

本当に母子の状態に問題があって分娩をコントロールする必要があるときにだけ行うべきものです。

陣痛促進剤が本当に必要なケースとは?

陣痛促進剤あなたはどうする」によると、陣痛促進剤が本当に必要になる場合とは、胎盤機能が低下してきたときだそうです。

予定日を過ぎても生まれない場合でも胎盤機能が正常ならば、算出した予定日が誤っている可能性が高いです。

予定日というのはもともとおおよその予想に過ぎないので、慌てて薬を使う必要はありません。胎盤の状態をよく確認して、機能が低下しているというデータがあって初めて陣痛誘発を行うかどうか検討します。

他に、前期破水(陣痛前に卵膜が破綻し羊水が流出すること)、重症の妊娠高血圧症候群(妊娠中毒症)の場合に陣痛誘発の必要性が生じます。

本には陣痛促進剤の使用により子宮破裂してしまった人の体験談などが多数紹介されています。知らずに使った薬で後遺症が残ったり子供を失って後悔したりしないよう事前にリスクを知っておくべきでしょう。

まとめ

現代のお産において陣痛促進剤はあまりに安易に用いられていると感じます。
早くお産を終わらせたいという病院側の気持ちに加えて妊婦の側にもそういう気持ちがあれば使用される頻度が増えて当然です。

子供のためにも薬剤の怖さを知り、本当にやむを得ないときにだけ使用するよう病院側や妊婦が意識改革していく必要があると思います。

自然分娩とは?無痛分娩をしてはいけない理由 理想的な出産準備について

スポンサーリンク

参考文献

「病気がみえる vol.10: 産科」
医療情報科学研究所 (編集)

スポンサーリンク