MCTオイルとは?中鎖脂肪酸とケトン体を利用したダイエット法について

MCTオイルとは何か?中鎖脂肪酸とケトン体を利用したダイエット法について解説します。

オイル

MCTオイルとは?

MCT(Medium Chain Triglyceride)とは中鎖脂肪酸を意味します。
MCTオイルはココナッツやパームヤシから作られる中鎖脂肪酸100%のオイルのことです。

中鎖脂肪酸や脂肪酸についてはこちらを参照してください。
脂肪酸について

ココナツオイルの約60%が中鎖脂肪酸で残りの40%は長鎖脂肪酸です。
中鎖脂肪酸は長鎖脂肪酸に比べ吸収が速く脂肪になりにくいという特長があります。

ここでは以前ケトン体について紹介した宗田哲男先生の著書「最強の油・MCTオイルで病気知らずの体になる!」を基に解説していきます。
妊娠糖尿病の食事 血糖値 ケトン体 原因 症状 治療などについて

スポンサーリンク

ケトン体を産生する中鎖脂肪酸

ケトン体とは、脂肪酸の分解・代謝によって作られる副産物、アセトン、アセト酢酸、β-ヒドロキシ酪酸の総称で糖質のようにエネルギー源として働きます。

糖質を使ったエネルギー代謝は激しい運動時や糖質を摂取した際に行われます。

一方ケトン体を使った代謝は、糖が枯渇してくると脂肪を燃焼し、脂肪酸に分解して肝臓でケトン体を合成しエネルギーとします。

つまり糖質制限をすると体はケトン体をエネルギー源とするようになるということです。

高齢になると糖代謝は低下し、それがアルツハイマー病の一因ともいわれているので、年をとるほどケトン体をエネルギーとする方向に変えていったほうがいいともいえます。

ケトン体を産生するために最も効率の良いのが中鎖脂肪酸であり、糖代謝からケトン体代謝へ切り替えることができます。

MCTオイルでダイエット

には糖質がいかに体に悪影響を与えるか、中鎖脂肪酸がなぜ効率よくケトン体を産生できるのかというメカニズムについて詳しく解説してあるので是非一読することをお勧めします。

ここではそれらの詳細は省き、MCTオイルをどう使うかについて解説していきます。

まずMCTオイルは比較的熱に強いですが、炒め物や揚げ物などの調理に利用することはできません。熱に強いといっても耐えられるのは160℃までだからです。

バターコーヒーダイエット

バターコーヒーとは、無糖のコーヒーにMCTオイルとギーなどの無塩バターを入れたものです。

朝食はこのバターコーヒーのみにして、昼食、夕食は糖質制限の食事を摂ります。
糖質制限の食事は主食無しか玄米やライ麦パンなど精製した白米や小麦を使っていないものを主食とします。コーヒー

当然主食抜きのほうが効果は高くなります。
糖質制限の食事例は下記を参照してください。
糖質制限食のタイプ

最も効果を上げるには朝、昼をバターコーヒーだけにし、夕食は主食なしの糖質制限食にします。

糖質制限していても、MCTオイルやギーなどから脂肪を摂ることで、血糖値を上げることなく、脂肪を燃やすことができます。

MCTオイルの摂取量の目安は、1回大さじ1または15mlを上限に、1日1~3回です

宗田先生オススメのMCTオイル

宗田先生が推奨しているのは仙台勝山館のMCTオイルです。

参考文献

スポンサーリンク