更年期障害とは よく効く漢方による治療や原因 症状について

更年期障害とは何か、原因、症状、治療、漢方による治療などについて解説します。

更年期障害

更年期障害とは

更年期とは一般的に閉経の前後5年間の計10年間をいいます。
日本人の平均閉経年齢は50.5歳なので、平均的な更年期は45~55歳ということになります。

更年期障害とは、この期間に卵巣機能が低下することで女性ホルモンのエストロゲン減少や環境・個人の様々な要素が絡み合って器質的疾患がないのに自律神経失調を中心とした不定愁訴が起こる症候群です。

スポンサーリンク

更年期障害の原因

生涯にわたり排卵される卵子の数は決まっていますが、更年期になると正常な機能を持つ卵胞は減少し、月経周期は不規則になってきます。

やがて無排卵周期を繰り返し閉経すると、卵胞は消失します。

その間エストラジオール分泌は低下し、反対に下垂体から分泌される性腺刺激ホルモン(LH・FSH)は増加します。

更年期障害は過剰分泌された性腺刺激ホルモン(LH・FSH)が自律神経中枢に影響を及ぼすことが原因と考えられています。

更年期障害の症状

月経異常、ホットフラッシュ(のぼせ、ほてり、発汗)、心悸亢進(動悸)、冷え、などの自律神経症状が現れる場合があります。

倦怠感、抑うつ感、イライラ、不眠、頭痛、焦燥感、めまいなどの精神神経症状が現れる場合があります。

不定愁訴として、腰痛、肩こり、関節痛、悪心・食欲不振などの消化器症状、乾燥感・痒みなどの皮膚症状、排尿障害、頻尿、性交障害、外陰部違和感などの症状が現れる場合があります。

更年期障害の治療

病院での一般的な治療は、ホルモン補充療法(HRT)、向精神薬の投与、カウンセリングなどが行われます。

ホルモン補充療法(HRT)

ホルモン補充療法(hormone replacement therapy)は更年期障害、閉経後や卵巣摘出後に女性ホルモンであるエストロゲン欠乏を補う目的で行われる治療法です。

補充されるホルモンはエストロゲン単剤(ET)の場合とエストロゲンとプロゲストーゲン(プロゲステロンと同様の作用を持つ物質の総称)の合剤(EPT)の場合があります。

通常はEPTが使用され、子宮を摘出した女性にはETが使用されます。(子宮がある場合、エストロゲンだけでは子宮がんのリスクが高まるため)

HRTの副作用

アメリカではEPTは乳がんのリスクを高めるという結果が報告されていますが、日本では調査によりリスクは高くならないとされています。

乳がん以外にも、乳房痛、不正性器出血、静脈血栓塞栓症、動脈硬化、冠動脈疾患、脳卒中、子宮内膜がん、卵巣がん、片頭痛などの副作用が起こる可能性があります。

漢方による治療について

漢方

近年、病院でも保険適用で治療を受けられる漢方外来が増えています。

上記したように一般的な病院での治療はホルモン補充療法(HRT)が中心ですが、少ないながらもガンなどの副作用のリスクがあります。

漢方にも副作用はあり、個人で漢方薬を適当に服用するのは危険ですが、専門家のもとで正しい治療を行うことは通常の治療よりずっと体に優しいといえるでしょう。

漢方薬以外にも食事の工夫、鍼や灸、自分でツボを押すなど様々な方法で体質を改善します。

ここでは漢方専門医である高橋浩子先生の著書『50歳からのつらい症状にはこれしかない!– 「更年期」を元気に乗り切る方法 –』をもとに漢方についてみていきたいと思います。

漢方薬について

西洋医学の薬は化学的に生成されたものが使われますが、漢方薬は生薬といわれる自然界に存在する植物などが原料として使われています。

人工的な化学物質より植物のほうが副作用が少ないというのはイメージからしても分かると思います。

女性の様々な不調には漢方薬のほうがよく効くと高橋先生は述べています。

気・血・水とは

漢方医学には「気(き)・血(けつ)・水(すい)」という3つの要素が体内を巡っていると考えます。

「気」は体を流れる生命エネルギー、「血」は血液やその中に含まれる栄養素、「水」はリンパ液や汗、唾液、尿など血液以外の体液を表します。

「気」

は3つの要素の中でも最も重要なもので、体の正常な活動を維持する力のことです。

気は水と血を乗せて体内を巡る車のような役割をしています。

気には、①からだを成長させる ②温める ③抵抗力をつける ④汗や血や尿などからだから必要なものが漏れ出るのを防ぐ ⑤代謝活性を上げる という大事な5つの働きもあります。

気は消耗しますが補充することもでき、気の巡りや量が足りなくなると体は病的な状態になるとのことです。

「血」

血液は全身の組織に栄養と与えますが、血と表現した場合、心を潤し、精神的な活動を支える働きもあります。

肌のつややハリ、光沢があり豊かな髪の毛は血の量と巡りが十分あるからです。
また、視覚、聴覚、筋肉や関節の運動にも深く関与しています。

血自身には巡る力はなく気が血を循環させます。

特に女性は月経や妊娠など血と深い関係があります。

「水」

皮膚や髪の毛、粘膜、臓器を潤し、関節を滑らかにする働きがあります。

水の不足は肌のかさつき、髪のパサつき、便秘などを招きます。

体がさばききれない水は足に滞り浮腫み(むくみ)として表れます。
水は冷たいので浮腫んだ足の人は冷えています。

「五臓」とは

気血水を作り、体を巡らせるのは五臓の働きです。

五臓とは心(しん)・肝(かん)・脾(ひ)・肺(はい)・腎(じん)の5つで心臓や肝臓などの解剖学的な臓器のことではなく、人の体の働きとしてとらえ、感情や精神の状態とも関わっているものです。

「腎」

老化と深く関わっており、生命の根本であるのがです。

気の貯蔵庫、生殖機能、成長発育などに関わっています。

更年期は生命力(腎気)がすり減り老年期に体が変わる時期です。

腎が衰えると肝や心も衰え、血を貯蔵し全身に巡らせるという部分に問題が生じやすくなります。

「心」

気血水を全身に巡らせます。

更年期では、腎の衰えとともに司令塔としての働きが落ち、不安、不眠、動悸などが起こりやすくなります。

「肝」

血の貯蔵庫で月経の量や周期を調節します。

更年期では、貯蔵している血が減り、体と心にのびやかさが無くなります。

「脾」

気血水の製造工場で、肌や筋肉を丈夫にしたり、出血を防ぐ働きがあります。

更年期では、腎の衰えとともに、食欲が落ち疲れやすくなります。

「肺」

呼吸を保ち、気と水を全身にシャワーのように散布します。

更年期でも働きはあまり落ちません。

症状別にチェックする

自分の症状をチェックし体がどのような状態にあるか判断します。
それぞれに効く漢方薬があるので自分の状態をチェックし、病院や薬剤師のいる薬局で処方してもらうとよいでしょう。

本には症状別に効く漢方薬の名称や料理のレシピ、ツボの位置も記載されています。
ここでは、それぞれの症状と改善するための食材を紹介します。

気虚(ききょ)

気虚とは気が足りない状態のことです。

肌がたるみハリがない、太り気味で筋肉に締りが無い、すぐに息切れする、汗をかきやすい、冷え性、円形脱毛がある、唇の色が薄い、唇がひび割れてガサガサ、爪がもろく割れやすい、爪に縦筋が目立つ、爪がくぼんでいる、舌が大きく腫れぼったい、舌にハリがない、舌に歯痕が見られる(舌と歯が当たる部位が歯の形にくぼむ)、舌苔がこするとすぐはがれ落ちる、不安になりやすい、よく胸苦しくなる、よく喉が詰まる、動悸がする、疲れてすぐだるくなる、朝からだるい、昼ごはんを食べると眠くなる、むかむかする感じがよくある、空腹感があまりなく少食、おいしく感じないが食べれば食べられる、気力がわかず気持ちが上向きにならない、階段を上がると足がだるい、子宮や膀胱が落ちてきている感じがする、などが当てはまる人は気虚の可能性があります。 

脾の働きをよくし、気を補う食材

米、もち米、やまいも、大豆、そら豆、じゃがいも、なつめ、人参、いちじく、小麦、卵、はちみつ、牛肉、鶏肉、大根、シソ、生姜、梅など。

気滞(きたい)

気滞とは気の巡りが悪い状態のことです。

みぞおちから両脇が重苦しく張り押すと不快感がある、不安になりやすい、よく胸苦しくなる、よく喉が詰まる、動悸がする、気持ちが晴れない、げっぷがよく出る、体のあちこちが痛い、むかむかする、憂鬱でため息ばかりついている、ちょっとのことでくよくよする、イライラしてすぐ腹が立つ、口が苦い、下痢や便秘など排便が一定しない、月経が不規則、顔がのぼせて目が充血する、頭痛やふらつきが出てくる、手足が震える、などが当てはまる人は気滞の可能性があります。

気の巡りをよくする食材

シソ、長ねぎ、生姜、シナモン、なつめ、黒豆、らっきょう、セロリ、れんこん、大根、春菊、ニラ、みかんなどの柑橘類です。

血虚(けっきょ)

血虚とは血が足りない状態のことです。

皮膚の色が悪い、やせ気味、肌が乾燥してかゆい、シワが目立つ、下まぶたの色が薄い、顔色が白くツヤがない、抜け毛が多い、白髪が多い、髪が薄い、髪の毛にツヤがなくパサパサしている、唇の色が薄い、唇がひび割れてガサガサ、爪がもろく割れやすい、爪に縦筋が目立つ、爪がくぼんでいる、舌の色が白っぽい、舌苔がこするとすぐはがれ落ちる、手足がしびれて軽い痛みがある、目が疲れかすむことが多い、月経不順で量が少ない、足がよくつる、月経が遅れがち、動悸をよく感じる、立ちくらみやめまいが多い、などが当てはまる人は血虚の可能性があります。

血虚によい食材

血虚によいのは、ほうれん草、小松菜、ブロッコリー、ニラ、トマト、クコの実、くるみ、黒ごま、黒キクラゲ、ひじき、わかめなど、濃い色や黒い色の食材です。豚肉、烏骨鶏、レバー、かつお、牡蠣なども血を増やす働きがあります。

瘀血(おけつ)

瘀血とは血の巡りが悪い状態のことです。

シミやクマが目立ち、顔色がくすんでいる、唇の色が黒っぽい、舌の色が暗い紫色、舌の裏の静脈が青黒くふくれている、手や足の同じ場所がいつも痛い、足に静脈瘤がある、おへその下を触ると不快感や痛みがある、左下腹を触ると不快感や痛みがある、肩こりや頭痛がよくある、子宮筋腫や内膜症といわれたことがある、腰痛や体の痛みがよく起こる、痛む所を触ると余計痛い、痛みは夜ひどくなる、月経前のイライラや頭痛、月経前に甘いものが欲しくなったり過食する、月経不順、にきびや吹き出物が多い、などが当てはまる人は瘀血の可能性があります。

瘀血によい食材

瘀血を予防するには、あじ、いわし、さんまのような青い魚、ククラゲ、黒酢、黒豆のような黒い食材、トマト、にんじん、サフランなど赤い食材、生姜、玉ねぎ、ニラ、長ねぎ、ニンニクなど辛い食材などです。

水滞(すいたい)

水滞とは水の代謝が悪い状態のことです。

舌に歯痕が見られる、舌の表面が透明から半透明の唾液でべちゃっと覆われている、舌苔が分厚くねばっこい、手足がだるく体が重い、足がむくんで冷たい、みぞおちを軽く叩くとぽちゃぽちゃ音がする、みぞおちやへその上に手を置くと拍動を感じる、体がむくみやすい、めまい・ふらつきをよく感じる、曇りや雨の日は調子が悪い、軟便がよく出る、痰がからみやすい、いつも頭が重い、水のような鼻水がよく出る、などが当てはまる人は水滞の可能性があります。

五臓の脾を温めることで水を巡らす食材

さつまいも、さといも、かぼちゃ、山芋、大豆、黒豆、いんげん豆、えんどう豆、そら豆、しいたけ、くるみ、なつめ、クコの実、朝鮮人参など。

余分な水分を出す利尿作用のある食材

すいか、いちご、メロン、すもも、パイナップル、みかん、ぶどう、玉ねぎ、小豆、きゅうり、冬瓜、はと麦など。
ただし、こられには体を冷やすものも多いので、とり過ぎはよくありません。また、果物には、カリウムが多く含まれるものが多いので、腎機能が悪く、高カリウム血症がある人は、とり過ぎてはいけません。

エクオールと大豆について

納豆や豆腐、みそなどの大豆製品は血を補い血虚や瘀血に効果がある他、五臓の働きを補助する効果があります。

また大豆に含まれるイソフラボンが腸内細菌に分解されるとエクオールになります。エクオールは女性ホルモンであるエストロゲンに似た作用をもちます。

大豆イソフラボンをどの程度エクオールに変換できるかは個人差があります。

更年期の冷えについて

更年期世代の患者さんの8割に冷え症がみられるそうです。
また、冷えだけでなく「冷えのぼせ」の症状が出るのも更年期の女性の特徴とのことです。

冷えのぼせとは、頭がかっかしてのぼせる、暑くも無いのに汗がだらだら出る、という症状がありながら足を触ってみるととても冷たい、という状態です。

これは女性ホルモンが減少することで自律神経失調の状態となり、体温調節がうまくできなくなることが原因です。

冷えがあると、頭痛、肩こり、腹痛、月経痛、関節痛、神経痛、便秘、下痢、痔、月経不順、不妊、うつ状態、不眠、イライラ、膀胱炎、風邪、しもやけ、にきび、アトピー性皮膚炎、鼻炎、頻尿、気管支喘息などの原因にもなります。

冷えやホットフラッシュが起こる冷えのぼせなどそれぞれのタイプ別に効く漢方薬もあります。

また食べ物に気をつけることでも冷えや冷えのぼせを改善できます。

食べ物の5つの性質

漢方に含まれる生薬や食べ物には「寒・涼・平・温・熱」という5つの性質があります。

「寒・涼」の性質の食べ物は水の巡りを良くすることで体から熱を追い出し冷やします。「平」の食べ物は冷やしも温めもしない、真ん中の性質です。

「温・熱」の食べ物はからだを温める働きがあります。

料理法によって性質が変わるものもあり、大根は生で食べると「涼」の性質ですが、生姜のように温めて食べる食材と一緒に煮ると「温」になります。

基本的には火を通すと涼のものが平や温になったり、冷蔵庫で冷やすと涼・寒の性質が強くなる傾向があります。

涼性・寒性の食べ物

なす、トマト、きゅうり、大根、ごぼう、ほうれん草、ニガウリ、冬瓜、梨、すいか、メロン、いちご、グレープフルーツ、柿、バナナ、あさり、馬肉、塩、みそ、しょうゆ、ビール、緑茶

平性の食べ物

さつまいも、さといも、じゃがいも、やまいも、白菜、れんこん、大豆、豆腐、アボカド、ぼわ、りんご、米、とうもろこし、かれい、さば、豚肉、牛乳

温性・熱性の食べ物

にんじん、玉ねぎ、ニラ、アスパラガス、かぼちゃ、いんげん、サクランボ、桃、みかん、栗、もち米、小麦粉、ふぐ、鮭、えび、鶏肉、牛肉、羊肉、こしょう、ニンニク、ねぎ、とうがらし、シナモン、コーヒー、日本酒、焼酎、紅茶

頭痛、便秘、肌荒れ

頭痛、便秘、肌荒れは女性の3大症状だそうです。

この3つにも漢方はとても良く効くので、薬を飲んでいてあまり効果が感じられない人などは漢方薬に変えることを考えてみるとよいでしょう。

頭痛

頭痛には片頭痛群発頭痛緊張型頭痛などがあり、それぞれ人によって気滞、気虚、瘀血、水滞、冷えが原因で起こっており、それにより飲む漢方薬も違ってきます。

鎮痛薬を減薬しながら漢方薬に移行していくことが勧められています。

アルコール、チーズ、チョコレートは頭痛をひどくするので控えるようにします。

便秘

便秘も同様に人によって原因が異なります。

便秘になりにくい食材

 腸の中で、便の滑りをとくする食材には、バナナ、れんこん、松の実、梨、ごぼう、ほうれん草、大豆、ごま油、オリーブオイルなどがあります。
 腸の動きを活発にして、押し出す力をつける食材には、豆腐、セロリ、ニラ、雑穀類があります。また、にんじん、ニラ、ねぎ、かぼちゃ、菜の花などからだを温める作用のある食材は、温めることで腸の働きをよくするので便通がよくなります。しいたけ、クコの実、羊肉などは血を補い、腸を潤わせます。

肌や髪

気・血・水の量や巡りが悪くなると肌のハリやツヤがなくなり、髪のパサつき、白髪、薄毛などが起こってきます。

肌や髪の毛に潤いを出す食材

胃腸の働きを整え、気や血を増やす食材として、やまいも、黒ごま、クコの実、ほうれん草、にんじん、なつめ、栗、竜眼肉、キクラゲ、豚肉、羊肉、鶏肉、なまこなどがあります。

スポンサーリンク

参考文献

50歳からのつらい症状にはこれしかない! – 「更年期」を元気に乗り切る方法 – (頼りになるお医者さんシリーズ)
高橋 浩子 ワニブックス 2016-03-15
売り上げランキング : 97553
by ヨメレバ

「病気がみえる vol.9: 婦人科・乳腺外科」
医療情報科学研究所 (編集)

スポンサーリンク