鼻の仕組み 鼻水はどこから出る?鼻づまりの原因 くしゃみについて

鼻の仕組みについてや役割、鼻水、鼻づまり、くしゃみ等について解説します。

鼻

鼻は外鼻(がいび)、 鼻腔(びこう、医学用語ではびくう)、副鼻腔(ふくびこう、ふくびくう)の3つから構成されています。

外鼻(がいび)とは

外鼻は外から見た突起部分で、上図のイラストのように私たちが一般に鼻と呼んでいる部分のことを指します。

鼻腔(びこう、びくう)とは

鼻腔は鼻の内部、下図のx(a:上鼻甲介 b:中鼻甲介 c:下鼻甲介 の3つのひだがある部分)です。鼻腔の入り口である鼻前庭(びぜんてい)から始まり、のど(上咽頭)につながる手前までを指します。

鼻側面断面

鼻の側方からの断面図

 副鼻腔(ふくびこう、ふくびくう)とは

副鼻腔は鼻腔を囲むように存在する空洞のことです。

  • 前頭洞(ぜんとうどう) 上図、下図
  • 上顎洞(じょうがくどう) 下図
  • 蝶形骨洞(ちょうけいこつどう) 上図、下図
  • 師骨洞(しこつどう) 下図

の4つがあります。

鼻腔と副鼻腔は小さな孔でつながっています。

副鼻腔

副鼻腔を正面から見た図

蓄膿症(ちくのうしょう)、副鼻腔炎について

鼻の役割

鼻の役割を簡単に説明します。

ゴミの侵入を防ぐ

鼻前庭には鼻毛が生えていて、大きなゴミの侵入を防いでいます。
さらに異物が体内に入らないように鼻甲介(上図:鼻の側方からの断面図のa、b、c)と呼ばれる3つのひだで異物をキャッチします。
また鼻の粘膜には線毛という細かい毛が生えていて、細かい異物をとらえます。

こうしてとらえられた異物はのどに流れ込んで飲み込まれるか、又は鼻水(鼻汁)に混じって排出されます。

空気を調節する

吸い込んだ外気が乾燥していれば鼻腔内で湿気を与えられ、冷たい空気は温められます。
こうすることで肺など体を守る役割を果たしています。

匂いをかぎわける

ご存知のように、匂い(臭い)をかぎわける感覚器としての役割もあります。

スポンサーリンク

鼻水、鼻汁(はなじる、びじゅう)はどこから出る?役割は?

鼻水は鼻汁ともいい次の3か所から分泌されます。

  1. 鼻腔の粘膜
  2. 副鼻腔の粘膜
  3. 涙腺からの涙の一部

鼻汁にはウィルスや細菌等の異物を洗い流す役割と、鼻腔や副鼻腔内を湿らせ粘膜を保護する役割があります。

また鼻糞(はなくそ)は鼻水が乾燥した残りカスです。

鼻づまり(鼻詰まり)の原因 なぜ起こる?

鼻腔の粘膜が腫れて鼻腔が狭くなった状態が鼻づまりです。
風邪などの病気で鼻づまりになるのは、さらなるウィルスなど異物の侵入を阻止するための反応です。またストレスが原因で起こることもあります。

鼻づまりの状態は不快ですが、体を守ろうとする反応なので、無理に鼻づまりを解消しようとするよりは、原因となっている病気の治療を優先するようにしましょう。
病気が治ることで自然と鼻づまりも解消されます。

鼻づまりを解消する為に点鼻薬を使用する場合、継続して使用することは避けてください。血管収縮剤入りの点鼻薬を常用すると、この点鼻薬が鼻づまりの原因となることがあります。

くしゃみはなぜ出る?

鼻に異物が入ると粘膜や神経が刺激を受け、強い息を吐き出すことで異物を外に排出しようとします。これがくしゃみです。

スポンサーリンク

参考文献

これだけは知っておきたい耳・鼻・のどの病気 (別冊NHKきょうの健康)」
神崎 仁 監修

スポンサーリンク