心膜炎 心タンポナーデなど心膜疾患の原因 症状 治療について

心膜疾患とは、急性心膜炎、心タンポナーデ、収縮性心膜炎の原因、症状、治療について解説します。

心臓

心膜とは

心膜は心臓を包んでいる袋状の2層の膜のことです。

一番外側を壁側心膜(へきそくしんまく)、内側を臓側心膜(ぞうそくしんまく)といい、壁側心膜と臓側心膜の間の空間を心膜腔といいます。
心膜腔には心膜液という潤滑油の役目を持った液体が入っていて心拍動が滑らかに行えるようにしています。

急性心膜炎

心膜に起こる急性の炎症です。

急性心膜炎の原因

原因不明(特発性)のものやウィルス感染が多いですが、自己免疫疾患、代謝性疾患、心筋梗塞などの合併症として生じることもあります。

急性心膜炎の症状

胸痛が主な症状です。
仰向けになったり座ったりといった姿勢により痛みの強さが変わるのが特徴で、心筋梗塞とは異なります。

急性心膜炎の治療

原因疾患の治療と共に、炎症の治療として非ステロイド系抗炎症薬の投与が行われます。
心タンポナーデ(下記)の場合はその治療を行います。

スポンサーリンク

心タンポナーデ

心膜腔に存在する心膜液は正常で15~30mLほどですが、それ以上の量が貯留してしまうことを心膜液貯留といいます。

心膜液貯留や、その他の体液、血液などの液体が大量に心膜腔に溜まることで心機能に障害が生じる状態を心タンポナーデといいます。

低血圧、微弱心音、静脈圧上昇が三徴候といわれています。
奇脈も多くみられます。

奇脈とは

吸気時の収縮期血圧(上の血圧)の低下が10mmHg以上低下する小脈の状態のことです。

心タンポナーデの原因

悪性腫瘍や心膜炎などは慢性的な貯留の原因となります。
腎不全、解離性大動脈瘤、急性心筋梗塞による心破裂、外傷などは急性の原因となります。

心タンポナーデの症状

胸痛、呼吸困難、ショック(蒼白、冷や汗など)、意識障害などが起こります。
慢性状態では全身倦怠感、食欲低下、体重減少などがみられます。

心タンポナーデの治療

主な治療法として心膜穿刺(しんまくせんし)が行われます。
心膜穿刺で効果が無い場合、手術などの外科治療が行われます。

心膜穿刺とは

心膜腔内圧を下げるために、注射器により心膜液や溜まった液体を吸い取り排液します。

収縮性心膜炎

心膜に起こる炎症が慢性化することで、心膜の線維化(線維組織の増殖)による肥厚、石灰化、癒着が起こり心臓の拡張障害をきたします。

収縮性心膜炎の原因

特発性(原因不明)、ウィルス性、細菌性、膠原病、癌、放射線治療後、心臓手術後、結核、透析中の慢性腎不全などが原因です。

収縮性心膜炎の症状

労作時呼吸困難、疲れやすい、腹部膨満感などです。

収縮性心膜炎の治療

手術により硬化した心膜を切除します。

スポンサーリンク

参考文献

全部見える 図解 循環器疾患(スーパービジュアルシリーズ)
黒澤博身

スポンサーリンク