腹膜炎とは 急性腹膜炎の原因 症状 治療などについて

腹膜炎とは何か、急性腹膜炎の原因、症状、治療などについて解説します。

手術

腹膜炎とは

無菌の腹腔内に何らかの原因で細菌感染が生じたり、化学的刺激が加わったりすることで起きる腹膜の炎症疾患です。
経過や原因、炎症の範囲などによって急性腹膜炎癌性腹膜炎(がんが原因)、慢性腹膜炎に分類されます。

ここでは急性腹膜炎について取り上げます。

腹膜とは

下図のピンクの部分が腹膜腔です。腹腔と表現される場合もあります。
このピンクの部分を覆っている膜(腹壁の内側)や臓器を覆っている膜が腹膜です。

腹膜

Original Update by Nanoxyde

急性腹膜炎

腹膜に急性炎症が生じる疾患です。
炎症が腹膜全体に広がったものを急性汎発性腹膜炎、局所的なものを急性限局性腹膜炎と呼びます。

重症化するとショック(急激な血圧低下により意識障害などが起きること)や多臓器不全などを起こす場合があります。

スポンサーリンク

急性腹膜炎の原因

ほとんどは消化管穿孔(臓器などに穴があくこと)や急性虫垂炎、急性胆嚢炎など臓器の炎症が原因となります。

原因菌は大腸菌などの腸管内グラム陰性桿菌の場合が多いです。

急性腹膜炎を起こす可能性のある病気

肝膿瘍、急性胆嚢炎・胆管炎腎盂腎炎(腎盂炎)、クローン病大腸憩室炎急性虫垂炎、外傷、胃・十二指腸潰瘍急性膵炎、急性腸間膜動脈閉塞症、複雑性イレウス、腸軸捻転症(腸捻転)、大腸がん、子宮外妊娠、子宮付属器炎、卵巣嚢腫茎捻転などが原因となり得る病気です。

急性腹膜炎の症状

激しい腹痛、発熱が起こります。
悪心(気分が悪くなること)・嘔吐、呼吸が浅くなる、頻脈(心拍数の増加)などが起こる場合もあります。

腹部を触ってみると筋性防御(腹壁が硬くなる)を感じたり、反跳痛(はんちょうつう:腹部を手で押した時より、手を離した時に痛みを感じる)などが認められます。

急性腹膜炎の治療

多くの場合、緊急手術が必要となりますが、輸液(失われた血液や水分を補うこと)や抗菌薬投与による保存的治療で結果観察となる場合もあります。

スポンサーリンク

参考文献

「病気がみえる 〈vol.1〉 消化器」
医療情報科学研究所 (編集)

スポンサーリンク