低リン血症 高リン血症の原因 症状 治療について

リンについてや低リン血症、高リン血症の原因、症状、治療などについて解説します。

冷凍食品

リンとは

リンは体内のエネルギー源であるATP(アデノシン三リン酸)や蛋白質のリン酸化などに関係する重要な無機質(ミネラル)です。

成人の体重の約1%を占めカルシウムに次いで体内に多く存在する無機質です。このうち約85%はカルシウムやマグネシウムと結合し、骨や歯を形成します。

残りの15%の大部分は蛋白質や脂質、糖質などと結合し、細胞膜のリン脂質、DNAやRNAなどの核酸の構成成分として細胞に存在しています。

スポンサーリンク

リンの不足と過剰症

リンの1日の摂取基準は成人男性で1,000mg、成人女性が800mgです。上限があり、1日3,000mgまでとされています。

リンは広く食品に含まれている為、普通の食事で不足することはありません。慢性的にリンが欠乏すると骨や歯が弱くなります。(低リン血症

リンとカルシウムは血液中でバランスを保って存在しています。リンを摂りすぎるとこのバランスが崩れ、骨のカルシウム量減少につながります。(高リン血症
加工食品の添加物として多用されているので不足よりも摂りすぎに注意する必要があります。

食事から摂取するリンは成人の場合カルシウムと同等(1:1)になるように摂取するのが理想とされています。

リンを多く含む食品

しらす干し、シシャモなど魚介類やチーズなど乳製品に多く含まれています。加工食品に多く含まれている為、加工食品をよく食べる人は積極的にカルシウムを摂ることが必要になります。

低リン血症

血清リン濃度が低下することで起こる病気です。
複数の要因が重なって起こることが多いです。

低リン血症の原因

主に、腸管からの吸収低下、腎臓からの排泄増加、細胞内シフト(細胞外から細胞内への移動)が原因となります。

腸管からの吸収低下

リンの摂取不足、活性型ビタミンD3の作用低下、アルミニウム・カルシウム含有製剤などの薬物によるものなど。

腎臓からの排泄増加

PTH(副甲状腺ホルモン)の作用過剰、尿細管障害、ステロイド等の薬物によるものなど。

細胞内シフト

呼吸性アルカローシス(体内の二酸化炭素量が減少し血液のpHが上昇する)、インスリンの作用、カテコラミン(副腎などから分泌されるホルモン)過剰、ハングリーボーン症候群(骨形成亢進に カルシウム摂取が追いつかない)、リフィーディング症候群(長期間の絶食後に急速に栄養補給することで起こる)など。

低リン血症の症状

中枢神経症状として、意識障害、意欲低下などが起こることがあります。

血液異常として、溶血性貧血、白血球機能低下、血小板機能低下(出血傾向)などが起こることがあります。

消化器異常としてイレウスが起こることがあります。

神経・筋症状として、近位筋委縮、呼吸筋の筋力低下、嚥下障害、筋肉痛などが起こることがあります。

慢性的な低リン血症では、くる病、骨軟化症、尿路結石などが起こりやすくなります。

低リン血症の治療

原因疾患の治療が重要になります。

重症の場合、リン製剤、リン含有の脂肪製剤が投与されます。

慢性低リン血症でビタミンDが欠乏している場合ビタミンD投与が行われます。

高リン血症

血清リン濃度が過剰になることで起こる病気です。
慢性腎不全を患っている人に起こることが多いです。

高リン血症の原因

主に、腸管からの吸収増加、腎臓からの排泄低下、細胞外シフト(細胞内から細胞外への移動)が原因となります。

腸管からの吸収増加

リンの過剰摂取、活性型ビタミンD3の作用過剰など。

腎臓からの排泄低下

慢性腎不全、PTH(副甲状腺ホルモン)の作用低下、成長ホルモン過剰など。

細胞外シフト

アシドーシス(血液のpHが下がる)、横紋筋融解症、組織壊死、腫瘍壊死などによる細胞崩壊など。

高リン血症の症状

特定の症状は現れにくく、通常は原因疾患の症状が現れます。

急性の高リン血症の場合、低カルシウム血症を引き起こすことがあります。

慢性腎不全患者の場合、異所性石灰化(動脈硬化・心血管合併症、関節痛)を引き起こすことがあります。

高リン血症の治療

原因疾患の治療が重要になります。

低リン食が基本となりますが不十分な場合、リン吸着薬の投与や透析療法が行われる場合があります。

スポンサーリンク

参考文献

「病気がみえる vol.8: 腎・泌尿器」
医療情報科学研究所 (編集)

栄養の基本がわかる図解事典」
中村 丁次 監修

スポンサーリンク