肺炎とは?マイコプラズマ 肺炎球菌等 肺炎の原因 症状 治療について

肺炎とはどういう病気か、肺炎の種類、原因、症状、治療等について解説します。

肺炎にかかった人 肺炎とは細菌やウィルスなどに感染することにより、肺胞に炎症が生じる病気です。
ウィルスが上気道に感染したものがかぜ、細菌が気管や気管支に感染したものは気管炎・気管支炎、細菌が肺に感染すると肺炎となります。

肺炎を大別すると一般細菌の感染によって起こる細菌性肺炎(定形肺炎)とそれ以外のものが原因で起こる非定形肺炎に分けられます。

痰を調べる喀痰グラム染色という検査で反応があるものは細菌性肺炎、反応が無いものが非定形肺炎です。

また発症の場所による分類として、普段の生活の場で発症する市中肺炎(しちゅうはいえん)、病院に入院後48時間以降に発症したものを院内肺炎、医療ケアや介護を受けている患者が発症する医療・介護関連肺炎、の3つに分けられます。

目次

細菌性肺炎とは

細菌感染による肺の急性化膿性炎症です。
特に高齢者に多くみられます。

細菌性肺炎の原因

細菌性肺炎の原因となる原因菌として最も多いのが肺炎球菌、次にインフルエンザ菌です。
COPDを患っている人や子供が多く持っているといわれていますが、健康な人の上咽頭にも存在する常在菌です。

次にクレブシエラ(肺炎桿菌)、黄色ブドウ球菌があります。
クレブシエラは口内や腸管に、黄色ブドウ球菌は自然環境や鼻腔、皮膚、腸管に存在する常在菌です。

他にモラクセラ・カタラーリス緑膿菌があります。
モラクセラ・カタラーリスは上咽頭に常在し、緑膿菌は台所の水回りや人の腸管に常在しています。

以上のように普段人の体の中に存在する細菌が免疫の低下などにより肺炎を引き起こします。

スポンサーリンク

インフルエンザ菌とは

インフルエンザ菌は元々はインフルエンザの原因菌として発見されましたが、後で間違いであることが分かりました。インフルエンザの原因はインフルエンザウィルスでありインフルエンザ菌とは全く別のものです。

MRSA(メチシリン耐性黄色ブドウ球菌)とは

MRSAは院内肺炎の大きな原因となる耐性菌です。
日本語の名前を見ると分かりますが抗生物質であるメチシリンに耐性を持った黄色ブドウ球菌です。通常の黄色ブドウ球菌同様、人間の体内や皮膚に常在しています。

複数の抗菌薬に対して耐性を持ちますが、耐性の無い有効な抗菌薬(後述するバンコマイシン等)もあるので、MRSAが原因で肺炎になったとしても原因菌を特定できれば治療できます。

細菌性肺炎の症状

主な症状は、咳(せき)、痰(たん)、胸痛、呼吸困難など。
全身症状として、発熱、倦怠感、食欲不振などです。

原因菌別の症状

肺炎球菌

悪寒、高熱、鉄さび色の痰が出る等。 菌血症や髄膜炎、関節炎などを併発し重症化することがあります。

インフルエンザ菌

特に子供に多く見られますが、鼻の粘膜の損傷から菌が増殖し、中耳炎副鼻腔炎髄膜炎などを発症することがあります。

また慢性呼吸疾患がある場合、急性増悪(症状が急激に悪化)することがあります。

クレブシエラ

急激で重篤な症状が出やすいです。

黄色ブドウ球菌、MRSA

肺膿瘍や膿胸を合併しやすくなります。

モラクセラ・カタラーリス

COPDを持つ場合、増悪の原因となります。
乳児や子供の場合、中耳炎、副鼻腔炎を起こす場合があります。

緑膿菌

緑色の痰が出ます。
肺膿瘍や膿胸になりやすいです。

細菌性肺炎の検査

血液検査、胸部X線撮影を行います。
また原因菌の推定の為に、尿検査や喀痰検査(かくたんけんさ:痰を調べる)を行います。

細菌性肺炎の治療

抗菌薬による薬物療法が中心となります。
それぞれの原因菌に応じた抗菌薬が投与されます。

また状況に応じて酸素投与や人口呼吸管理が行われます。

主な抗菌薬

βラクタム系

細菌の細胞壁の合成を阻害する作用があります。
大きく分けてペニシリン系セフェム系があります。

様々な種類があり、細菌が原因で起こる定形肺炎全般に有効です。
人間の細胞には細胞壁がないので副作用は少ないですが、吐き気、下痢、食欲不振、また人によって強いアレルギー反応を起こすことがあります。

マクロライド系

病原微生物のたんぱく質合成を阻害する働きがあります。
モラクセラ・カタラーリスに対して有効です。
副作用は比較的少ないですが、下痢、腹痛を起こすことがあります。

アミノグリコシド系

病原微生物のたんぱく質合成を阻害する働きがあります。
緑膿菌に対して有効です。
副作用として腎機能障害や聴力障害が起こることがあります。

ニューキノロン系

病原微生物の細胞内のDNAやRNAの合成を阻害することで増殖を抑える働きがあります。
ウィルス以外の細菌全般に効き、定形肺炎の中ではインフルエンザ菌、緑膿菌に対して特に有効です。
副作用として吐き気、頭痛、めまい、発疹、光過敏症などが起こることがあります。

グリコペプチド系

細菌の細胞壁の合成を阻害する作用があります。
MRSAはβラクタム系に耐性があり、グリコペプチド系のバンコマイシンが第一選択薬として使用されます。
副作用としてショック、発疹、発熱、難聴、耳鳴り、腎機能障害などが起こることがあります。

スポンサーリンク

非定形肺炎とは

一般細菌以外の微生物やウィルスにより引き起こされる市中肺炎の総称です。
クラミジア肺炎(オウム病)マイコプラズマ肺炎レジオネラ肺炎Q熱ウィルス性肺炎などがあります。

クラミジア肺炎(クラミドフィラ肺炎・オウム病)

あらゆる年代でみられます。
原因菌として肺炎クラミジアオウム病クラミジアクラミジア・トラコマティス(性感染症、ここでは扱いません)の3種類があります。

クラミジア肺炎の原因

肺炎クラミジア肺炎

人から人へ飛沫感染します。

オウム病

鳥の飼育経験がある人に多く、鳥の排泄物や鳥への口移しで餌を与えたりすることで感染します。オウム

クラミジア肺炎の症状

肺炎クラミジア肺炎

乾いた咳や微熱などです。
無症状の場合もあります。

オウム病

乾いた咳、39度以上の高熱、頭痛、筋肉痛、意識障害など重症化することが多く、最悪の場合死亡に至ります。

クラミジア肺炎の治療

テトラサイクリン系、マクロライド系、ニューキノロン系などの抗菌薬が投与されます。
テトラサイクリン系はマクロライド系と同様の作用があります。 (それぞれの特性は上記の細菌性肺炎を参照してください。)

マイコプラズマ肺炎

非定形肺炎の中では最も頻度が高く、健康な若年者(5~25歳位)によくみられ、近年増加傾向にあります。

マイコプラズマは細胞壁を持たない極小の病原微生物です。 (一般細菌>マイコプラズマ>ウィルス)

マイコプラズマ肺炎の原因

人から人へ飛沫感染します。

マイコプラズマ肺炎の症状

激しく頑固な乾いた咳、発熱、場合により胸痛などが起こります。

マイコプラズマ肺炎の治療

マクロライド系の抗菌薬(細菌性肺炎を参照)が投与されます。
テトラサイクリン系、ニューキノロン系も有効ですが、妊婦や小児には使用できません。
また耐性菌も増えているので注意が必要です。

レジオネラ肺炎

レジオネラは通常、河川や土壌に常在している細菌ですが、空調設備の冷却水、温泉や循環式風呂、貯水槽などの人工環境でも増殖します。

レジオネラ肺炎の原因

菌に汚染された水を誤嚥(ごえん:誤って気管内に飲みこんでしまうこと)したり、菌を含む霧を吸入することで感染します。

レジオネラ肺炎の症状

咳、比較的除脈(発熱の割に脈拍が少ない)、筋肉痛、倦怠感、意識障害、下痢、精神神経症状など多彩な全身症状が現れます。

レジオネラ肺炎の治療

ニューキノロン系やマクロライド系の抗菌薬が投与されます。
耐性化しやすいので多剤併用することが原則です。

Q熱

Q熱肺炎とも呼ばれます。「Query fever 不明熱」という意味からこの名前がつけられました。
レジオネラ菌の一種であるコクシエラ菌に感染することで発病します。

Q熱の原因

コクシエラ菌は家畜やペットの排泄物、胎盤から感染します。

Q熱の症状

かぜと同様の症状が出ます。

Q熱の治療

自然治癒することも多い病気です。
テトラサイクリン系の抗菌薬が有効です。

ウィルス性肺炎

主に免疫不全状態または免疫機能低下の状態にある人に起こります。

ウィルス性肺炎の原因

免疫抑制薬を投与されていたり、ステロイドを長期投与中、悪性腫瘍、HIV感染の患者などに多くみられます。

原因となるのはウィルスで、インフルエンザウィルスなどの呼吸器ウィルスによるものと、麻疹(はしか)や帯状疱疹ウィルスなどの全身性ウィルスによるものがあります。

ウィルス性肺炎の症状

発熱、呼吸困難、乾いた咳などです。

ウィルス性肺炎の治療

抗ウィルス薬の投与が行われます。

誤嚥性肺炎(ごえんせいはいえん)

口の中の食べ物や胃から逆流したものを誤嚥(ごえん:誤って気管内に飲みこんでしまうこと)することで発症します。

多くは寝ている間に自覚のないまま、鼻腔や歯周の分泌物を誤嚥することで起こります。

通常は誤嚥が起こっても気管の粘液線毛運動により異物が排出されますが、高齢者や何らかの疾患がある人は粘液線毛運動の低下、咳による排出能力が低下していて誤嚥しやすくなっている場合があります。

誤嚥性肺炎の症状

原因菌により異なります。

誤嚥性肺炎の治療

原因菌の特定は通常困難な為、エンピリック治療(医師の経験に基づいて薬が選択される)により抗菌薬が投与されます。

誤嚥性肺炎の予防

ベッドの角度の調節や、口腔ケア、歯科治療、嚥下機能の向上などにより予防するようにします。

唐辛子などに含まれるカプサイシンは嚥下機能を向上させます。高齢者の方が食事時にむせるようになった場合、唐辛子、キムチ、黒胡椒などを食べると嚥下機能の改善に効果があります。

辛いものが苦手な人などはカプサイシンを配合したカプフィルムがお勧めです。
食事の20~40分前に口の中ですぐ溶けるフィルムを1枚食べることで食事中にむせてしまうことを防げます。

管理人の90歳の身内も実際に使用して効果がありました。
尚、喘息や食物アレルギーのある人は使用できません。

参考文献

「病気がみえる vol.4 呼吸器」
医療情報科学研究所 編集

これだけは知っておきたい呼吸器の病気」
福地 義之助 総監修

スポンサーリンク