気胸(肺気胸、自然気胸) 胸膜炎 膿胸の原因 症状 治療について

気胸、胸膜炎(肋膜炎)、膿胸など、胸膜疾患の原因、症状、治療について解説します。

肺

胸膜とは

胸膜は肺の表面と胸壁の内面を覆う膜のことです。
肺を覆う臓側胸膜(ぞうそくきょうまく)と胸壁の内面を覆う壁側胸膜(へきそくきょうまく)からなっています。

※胸壁とは胸腔(肺)を囲む肋骨や胸骨、肋間筋、横隔膜などで構成される壁を指します。胸郭と同じような意味です。

胸膜腔

臓側胸膜と壁側胸膜の間を胸膜腔といい、2枚の胸膜の潤滑のために生理的な胸水である胸膜液が少量存在しています。

スポンサーリンク

気胸とは

胸膜に孔(あな)が開き、漏れた空気が胸膜腔にたまる病気です。
気胸には、ブラ、ブレブの破裂により起こる自然気胸、事故などによる外傷性気胸、医療行為により起こる医療性気胸があります。

緊張性気胸

胸腔内に空気が流入し続け、腔内内圧が異常に上昇する緊急度が高い気胸です。
自然気胸、外傷性気胸、医療性気胸のいずれの場合にも起こり得ます。

自然気胸

ブラ、ブレブ(下記)の破裂により、胸膜に孔が開くものを原発性自然気胸COPDや肺がんなどの疾患が原因で起こるものを続発性自然気胸といいます。
ここでは原発性自然気胸について解説します。

自然気胸は20歳前後のやせ型、長身の男性に多くみられる傾向があります。
女性に起こる場合でもやはり、やせ型、長身の体型の人に多いです。

自然気胸の原因

自然気胸の原因となるブラやブレブがなぜできるのかは大気汚染、喫煙など諸説ありますが、はっきりとは分かっていません。

ブラ、ブレブとは

ブラ肺胞にできる風船のように膨らんだ組織のことです。
ブラが臓側胸膜にまで達しているものをブレブといいます。

なぜブラやブレブができるのか原因はよく分かっていません。

自然気胸の症状

息切れ、呼吸困難、胸痛、胸部圧迫感などです。
重症化すると咳、チアノーゼ(皮膚や粘膜が青紫色になる)、血圧の低下などが起こります。

自然気胸の治療

胸膜に開いた孔が小さければ自然に塞がることもあるので、経過観察として様子をみます。

空気の漏れが止まらない場合や症状が重い場合、胸腔穿刺(きょうくうせんし)や胸腔ドレナージによる脱気(胸膜腔から空気を抜くこと)が行われます。

胸腔穿刺による脱気

胸の外側から空気のたまっている胸膜腔に針を刺し、空気を抜く治療法です。
緊張性気胸などの緊急性が高い場合に主に行われます。

胸腔ドレナージによる脱気

胸腔内にドレーンと呼ばれるチューブを留置し胸膜腔に挿入することで脱気する治療法です。
手術に比べて患者への負担が少ないことが特長です。

手術

再発を繰り返す場合や空気漏れが続く場合、ブラの数が多い場合などに胸腔鏡下手術や開胸手術が行われます。

スポンサーリンク

胸膜炎とは(肋膜炎とは)

悪性腫瘍や感染症などが原因となり胸膜に炎症が生じる病気です。
肋膜炎(ろくまくえん)というのは胸膜炎の古い呼び名です。

多くの場合、胸膜腔に胸水の量が増え胸水がたまります。
胸水の性質から癌性胸膜炎結核性胸膜炎肺炎随伴性胸水などに分類されます。

胸膜炎の症状

深呼吸時や咳が出た時に胸痛が強まります。
咳、呼吸困難、発熱などが起こります。

胸膜炎の治療

原因疾患の治療と共に、必要に応じて胸腔ドレナージ(ドレーンと呼ばれるチューブを胸膜腔に挿入する)により胸水を排液します。

膿胸

胸腔内に膿性の胸水が貯留した状態を膿胸(のうきょう)といいます。
3ヶ月未満のものを急性膿胸といい、細菌性肺炎や肺腫瘍に続いて起こることが多いです。
3ヶ月以上経過したものは慢性膿胸と呼ばれ、胸膜に肥厚がみられます。

膿胸の症状

咳、胸痛、呼吸困難、発熱などです。

膿胸の治療

急性膿胸に対しては抗菌薬投与と、胸腔ドレナージによる排液が行われます。
慢性膿胸の場合、胸腔鏡下手術や開胸手術が行われる場合があります。

参考文献

「病気がみえる vol.4 呼吸器」
医療情報科学研究所 編集

これだけは知っておきたい呼吸器の病気」
福地 義之助 総監修

スポンサーリンク