過期妊娠、過期産、胎便吸引症候群の原因、症状、治療について

過期妊娠、過期産、胎便吸引症候群の原因、症状、治療について解説します。

困る妊婦

妊娠期間が42週を過ぎても陣痛がなく、分娩に至らないものを過期妊娠といい、それ以降の出産を過期産といいます。

妊娠週数の勘違いにより過期妊娠だと思ってしまう例も少なくないので、妊娠週数の再確認も重要です。

過期妊娠、過期産の原因

原因ははっきり分かっていません。

過期妊娠、過期産の症状

多くの場合問題ありませんが、妊娠期間が長くなることで子宮内環境の悪化や胎盤の機能低下(胎盤機能不全)が起こる可能性があるので注意が必要です。

スポンサーリンク

羊水混濁と羊水過少

過期妊娠では胎便の排出により羊水混濁や胎盤機能低下による羊水過少が起こる場合があります。

羊水混濁に胎児機能不全が合併すると胎便吸引症候群の発生率が高くなります。

胎便吸引症候群

胎児が低酸素状態になることで羊水中に胎便を排出してしまうものです。

胎便を気道に吸入してしまうことで出生直後から呼吸障害が起こります。

胎便吸引症候群の症状

胎便により皮膚・爪・臍帯の黄染(一部が黄色くなる)、呼吸窮迫症状、胸部膨隆(胸部のふくらみ)、チアノーゼ(血液中の酸素濃度低下により皮膚や粘膜が青紫色を帯びること)などが起こります。

胎便吸引症候群の治療

必要に応じて人工呼吸管理、気道洗浄、サーファクタント補充などが行われます。

※肺サーファクタントは肺胞の細胞が呼吸を円滑に行う為に分泌する物質です。

過期妊娠、過期産の治療

妊娠41週頃から入院管理が必要となり、分娩誘発が考慮されます。

胎児心拍数異常や羊水過少がある場合、分娩誘発を行います。

妊娠42週以降では分娩誘発、卵膜薄利が考慮されます。

スポンサーリンク

参考文献

「病気がみえる vol.10: 産科」
医療情報科学研究所 (編集)

スポンサーリンク

2017年8月9日 過期妊娠、過期産、胎便吸引症候群の原因、症状、治療について はコメントを受け付けていません。 婦人科・産科