前立腺とは 前立腺炎 慢性前立腺炎の原因 症状 治療について

前立腺とは何か、急性前立腺炎、慢性前立腺炎の原因、症状、治療について解説します。

前立腺

前立腺とは

前立腺は男性の膀胱の下に位置する生殖器の一つであり、尿道を取り囲むように存在する栗の実大の腺組織です。

「腺」は何らかの物質を分泌する細胞の集まりを意味します。前立腺は主な働きとして前立腺液を分泌します。前立腺液は精液の約3割を占める液体で、精子を活性化させる働きがあります。

前立腺の働きはまだ解明されていない部分も多く「未知の臓器」と呼ばれるることもありますが、前立腺液の分泌以外に、排尿のコントロールを行っていると考えられています。

前立腺解剖図

前立腺炎とは

前立腺炎とは前立腺に生じた炎症のことです。
現在は以下の4つにカテゴライズされています。

カテゴリーⅠ:急性細菌性前立腺炎(急性前立腺炎)
カテゴリーⅡ:慢性細菌性前立腺炎(慢性前立腺炎)
カテゴリーⅢ:慢性非細菌性前立腺炎(慢性骨盤痛症候群)
カテゴリーⅣ:無症候性炎症性立腺炎

スポンサーリンク

急性前立腺炎(急性細菌性前立腺炎)

前立腺に生じる細菌感染症です。原因菌としては大腸菌が最も多くなっています。
尿検査にて膿尿(のうにょう:白血球が混ざった尿)、細菌尿の有無で診断されます。

前立腺自体に腫れや熱感、圧痛(圧迫すると痛む)などがあります。

急性前立腺炎(急性細菌性前立腺炎)の原因

尿道から上行感染する経路と膀胱炎から下行感染する経路、血液やリンパ液から感染する経路あるとされています。最も多いのは尿道からの上行感染です。

またカテーテル(治療用の柔らかい管)を留置している高齢男性に起こることもあります。

急性前立腺炎(急性細菌性前立腺炎)の症状

発熱(高熱)、悪寒、戦慄、排尿痛、頻尿などが起こります。

急性前立腺炎(急性細菌性前立腺炎)の治療

抗菌薬・抗生剤(ニューキノロン系、セフェム系、アミノグリコシド系など)の投与が行われます。

慢性前立腺炎

慢性前立腺炎には、慢性細菌性前立腺炎慢性非細菌性前立腺炎(慢性骨盤痛症候群)の2つがありますが、そのほとんどは慢性非細菌性前立腺炎(慢性骨盤痛症候群)です。

前立腺自体には特に異常を認められないことが多いです。発熱などのはっきりした症状が無く、不定愁訴(ふていしゅうそ:何となく体調が悪い、前立腺周辺の違和感など)のみが続きます。

尿検査にて膿尿(のうにょう:白血球が混ざった尿)が確認され、細菌尿があるものが慢性細菌性前立腺炎、無いものが慢性非細菌性前立腺炎(慢性骨盤痛症候群)です。

前立腺マッサージによる前立腺液の検査なども行われます。(急性前立腺炎で行うことは不可)

慢性細菌性前立腺炎の原因

細菌感染が原因です。

慢性非細菌性前立腺炎(慢性骨盤痛症候群)の原因

微生物の関与、骨盤底筋群の過緊張、精神的要因などが原因と考えられています。

慢性前立腺炎の症状

症状は乏しく、会陰部(えいんぶ:陰嚢と肛門の間)の不快感、排尿時違和感などが起こる場合があります。

慢性細菌性前立腺炎の治療

抗菌薬・抗生剤の投与が行われます。

慢性非細菌性前立腺炎(慢性骨盤痛症候群)の治療

原因に応じて、α1受容体拮抗薬の投与、前立腺マッサージ、カウンセリングなどが行われます。

無症候性炎症性立腺炎

症状が無く、原因不明の前立腺炎です。

諸々の検査にて尿中に白血球が認められた場合や、前立腺生検(生検は組織を部分的に採取して調べること)などで発見されたものは、無症候性炎症性立腺炎に分類されます。

スポンサーリンク

参考文献

「病気がみえる vol.8: 腎・泌尿器」
医療情報科学研究所 (編集)

スポンサーリンク