前立腺肥大とは 前立腺肥大症の原因 症状 治療について

前立腺肥大とは何か、前立腺肥大症の原因、症状、治療について解説します。

排尿

前立腺肥大とは

前立腺の大きさは加齢と共に増大する傾向にあり、50歳~60歳代の男性の50%、80歳代では90%の人に肥大がみられるとされています。

前立腺の肥大自体は特に症状もなく、その人の生活の質(QOL)が下がっていなければ問題は無いものです。

前立腺肥大症とは

前立腺肥大症は、前立腺の肥大に伴い、下部尿路閉塞(膀胱の出口部分が閉塞する)や下部尿路症状(頻尿、排尿困難など)が現れる病気で、高齢の男性に多くみられます。

前立腺の大きさと症状は必ずしも比例していません。
また、仮に前立腺の肥大に加えて頻尿という症状が現れていても、本人が気にならなければ治療の必要はありません。

スポンサーリンク

前立腺肥大症の原因

加齢による男性ホルモンの働きの変化が大きく関係していると考えられていますが、まだ十分に解明されていません。

高血圧脂質異常症メタボリックシンドローム(肥満)、飲酒、喫煙などの生活習慣に問題があると起こりやすいとも考えられています。

前立腺肥大症の症状

残尿感、頻尿、尿意切迫感、夜間頻尿、尿閉、尿線途絶(排尿中に尿が途切れる)、尿勢低下、などが起こります。

このうち特に多いのは残尿感、頻尿、尿線途絶、尿勢低下です。

排尿機能障害の程度により3つの時期に分けられます。

第1期(膀胱刺激期)

頻尿、尿意切迫感(抑えられないような強い尿意)、下腹部の不快感・圧迫感、軽度の排尿困難がみられます。

第2期(残尿発生期)

残尿に感染が起こり、膀胱炎などの尿路感染症が起こりやすくなります。
また、飲酒や風邪薬の服用で急性尿閉が起こる場合があります。

第3期(慢性尿閉期)

尿閉が続くことで腎機能が低下します。溢流性尿失禁が起こるようになります。

前立腺肥大症の治療

薬物療法として、α1受容体拮抗薬、抗アンドロゲン薬の投与が行われます。

薬物療法で十分な効果が得られない場合、手術療法として、経尿道的前立腺切除術(TURP)や被膜下前立腺腺腫核術などが行われます。

スポンサーリンク

参考文献

「病気がみえる vol.8: 腎・泌尿器」
医療情報科学研究所 (編集)

スポンサーリンク