肺水腫(肺に水がたまる病気) 肺高血圧症の原因 症状 治療について

肺循環障害である肺水腫、肺高血圧症の原因、症状、治療についてについて解説します。

肺のイラスト

肺水腫とは

肺水腫とは肺の毛細血管から水分が血管の外に漏れ出し、肺が水浸しになる病気です。
肺に水がたまる病気ですが、肺水腫は肺の中に水がたまります。
肺の外側に水(胸水)がたまる病気は胸膜炎(肋膜炎)です。

肺水腫には大きく分けて心原性肺水腫非心原性肺水腫があります。

肺水腫の原因

心原性肺水腫は最も多くみられるもので、心筋梗塞心臓弁膜症心筋症、などの心疾患(左心不全)が原因となって起こります。

非心原性肺水腫には、外傷によるもの、ショック、有毒ガスの吸入、重症の肺炎、腎不全、脳疾患などによるものがあります。

スポンサーリンク

肺水腫の症状

肺胞に水がたまって空気を取り込めなくなる為最初に、呼吸数が増える、頻脈(心拍数の増加)、発汗などの症状が現れます。

心原性肺水腫の場合、労作時(動作時)呼吸困難、起座呼吸(寝ていると呼吸が苦しいので、体を起こして呼吸するようになること)、夜間呼吸困難、ピンク色の泡状の痰(たん)が出る、チアノーゼ(酸素不足により皮膚が青紫色になる)などが起こります。

肺水腫の治療

原因疾患の治療が必要となります。
呼吸困難に対しては酸素吸入を行い、自力で呼吸が困難な場合は人口呼吸器を使用します。

心不全の治療として、利尿薬、強心薬、血管拡張薬、塩酸モルヒネなどが用いられます。

肺高血圧症とは

血液の肺循環の経路に障害が起こることで生じる病気です。
肺動脈の血圧は通常他の動脈より低く保たれていますが、肺高血圧症ではそれが高くなり、呼吸機能が低下します。

肺高血圧症の原因

COPD間質性肺炎肺血栓塞栓症、など肺疾患が原因となるものや、心筋症、心臓弁膜症などの心疾患(左心不全)が原因となるもの、肺動脈の炎症など肺動脈そのものが原因となるものがあります。

また、原因不明のものを特発性肺動脈性肺高血圧症原発性肺高血圧症)といいます。

肺高血圧症の症状

労作時(動作時)の息切れ・呼吸困難や疲労を感じやすくなります。
進行すると足のむくみ、肝臓のうっ血、胃もたれ、消化不良などの症状が現れます。

低酸素血症による、チアノーゼ(皮膚が青紫色になる)や、ばち指(指の先が太くなる)が起こることもあります。

肺高血圧症の治療

原因疾患の治療が重要となります。

酸素療法として酸素の吸入を行います。
薬物療法として血圧を下げるために血管拡張薬が用いられます。

また、高地に行くことや喫煙は避けるようにします。

特発性肺動脈性肺高血圧症(原発性肺高血圧症)

原因となる疾患が見当たらず、原因不明で起こるものを特発性肺動脈性肺高血圧症といいます。原発性肺高血圧症は古い言い方です。

20~40歳代の女性に多くみられます。

血管拡張薬の服用が治療の中心となります。

肺血栓塞栓症(肺塞栓症)

肺血栓塞栓症(肺塞栓症)についてはこちらを参照してください。

スポンサーリンク

参考文献

「病気がみえる vol.4 呼吸器」
医療情報科学研究所 編集

これだけは知っておきたい呼吸器の病気」
福地 義之助 総監修

スポンサーリンク