がん治療の問題点!近藤理論による標準治療の危険性と放置療法について

がん治療における標準治療の危険性と問題点、近藤理論、がん放置療法とは何かについて解説します。

手術

近藤理論とは

スポンサーリンク

近藤理論は医師であり「近藤誠がん研究所」の所長である近藤誠先生が提唱する「がん」あるいは「がん治療」に対する考え方です。

ここでいうがんは基本的に固形がんを指し、血液のがんなどは含みません。

「本物のがん」と「がんもどき」

近藤理論によるとがんには2種類あります。
一つは命を奪う「本物のがん」、もう一つは治療しなくても命に別条が無い「がんもどき」です。

本物のがんの特徴は別の臓器への転移があるということです。一方がんもどきは大きくなることはあってもがんが発生した場所にとどまり続けます。

尚、近くのリンパ節への転移は臓器への転移に含みません。

ですので、「転移がん」が現れた場合だけが本物のがんであり、進行がんでも転移することがなければがんもどきということになります。

本物のがんは何をやっても助からない

本物のがんは標準治療や免疫療法などあらゆる代替治療を行っても再発・転移を繰り返し命を奪うまで増殖が止まらないので、がんを根絶しようとする治療はやるだけ無駄ということになります。

がんもどきは良性の病変

一方本物のがん以外のがんは、がんに似た良性の病変、すなわち「がんもどき」であるとしています。

がんもどきは大きくなったり浸潤することはあっても別の臓器への転移能力を持たないため、症状がない場合は治療の必要がありません。

早期がんは治療しなくていい

現在がん検診や健康診断などでがんが見つかったらすぐに治療を開始することが一般的な医療の方針です。

しかし近藤先生は早期がんの段階で治療することは無意味としています。

なぜなら早期がんの段階では本物のがんかがんもどきか分からず、本物のがんであれば切り取っても再発・転移するので、がんがあるというだけで治療するのは時間とお金の無駄であり、治療により体にダメージを与えるだけということになります。

また、がんもどきであれば体に害はないので同様に治療する必要はありません。

どちらにしても治療する必要があるのはがんが広がったり浸潤することで痛みや苦しいなど症状が現れてからで十分ということになります。

標準治療の問題点

近藤先生はがんと闘っている患者は、実はがんそのものではなく「がん治療」と闘っているのだと述べています。

がんは急いで治療しないと手遅れになってしまうということはなく、逆に治療を受けてしまうとその合併症や副作用に悩まされ本来生きられる期間を短縮してしまう可能性の方が高いと主張しています。

標準治療はいずれの治療法も後戻りできません。手術で摘出してしまった臓器は元に戻せませんし、放射線照射による被曝、抗がん剤による副作用も同様です。

手術の問題点

検査などでがんが見つかると日本では手術による治療が第一選択となることが多いようです。

しかし近藤先生は、必要のない手術が沢山行われていると警鐘を鳴らします。

手術には臓器の一部あるいは全部を摘出する場合があります。

臓器を切り取るような手術は、合併症や後遺症のリスクがあり、手術が原因で死亡してしまったり後に大きな障害を抱えて生きることになる可能性をはらみます。

近藤理論では、がんもどきであれば転移しないのだから臓器を摘出する必要はないということになりますし、本物のがんであれば臓器を摘出してもいずれはどこかに再発することになります。

放射線の問題点

近藤先生は元々放射線科医なので、放射線にとても詳しいです。
大きな病院内ではがん治療はまず外科手術を考え、それが困難な患者が放射線科に回されるそうです。

ですが、放射線は手術に比べると体に負担がかからないケースが多く、第一選択になるべき場合でも手術が行われてしまう現状を嘆いています。

とはいえ放射線は正常細胞も破壊してしまうので、やはり合併症、後遺症のリスクがあり、がん細胞を徹底的に破壊したいという衝動に駆られた治療医が照射する線量を上げてしまうことで、後遺症が起きてしまう恐れもあるとのことです。

放射線治療を行う治療医の技術や経験、信頼できる人かをしっかり確認しておくことが大切です。

抗がん剤の問題点

抗がん剤で治せる成人のがんは急性白血病、悪性リンパ腫、睾丸のがん(精巣がん)、子宮絨毛がんの4つだけで、他の固形がんの治療において抗がん剤はほとんど効かないと近藤先生は力説しています。

近藤先生もかつては抗がん剤の効力を信じ、投与していた時代があります。

しかし、そこで得られた結論は、延命効果が無いばかりかQOL(Quality Of Life:生活の質)を著しく落とし、病院や製薬会社には利益をもたらすが、患者はお金を払って苦しい思いをし寿命を縮める場合も多いという踏んだり蹴ったりの治療法というものです。

現在、一般的に考えられている抗がん剤の効果は、下記に記載しています。
抗がん剤の効果

上記リンク先を見ると乳がんは第2群に入っており、抗がん剤は効くとされていますが、臓器転移があるものに効果はなく、転移しない乳がんはどんなに進行しても命を脅かすことはないので抗がん剤の使用は無意味ということになります。

同じく2群に入っている前立腺がんも抗がん剤による治療は無意味とのことです。

立花隆氏の見解

自身が膀胱がんを発症し「がん生と死の謎に挑む」を著した立花隆氏は手術後、もし再発しても抗がん剤による治療はしないと宣言しています。

立花氏は最初近藤理論に対して半信半疑だったようですが、がん関係のシンポジウムに招かれた折、控室での談話についてこう記しています。

僕以外の演者はすべて、大学や大病院、がんセンターなどのそうそうたるがんの有名臨床医たちでした。昼休みだったと思いますが、控え室でみなが雑談的にいろんな話をしているときのことです。いつのまにか話題が抗がん剤の話になっていきました。抗がん剤がどれほど効かないかという話を一人がしだすとみんな具体的な抗がん剤の名前を出して、次から次にそれがどれほど効かないかを競争にように話しはじめました。
「結局、抗がん剤で治るがんなんて、実際にはありゃせんのですよ」と、議論をまとめるように大御所の先生がいうと、みなその通りという表情でうなずきました。僕はそれまで、効く抗がん剤が少しはあるだろうと思っていたので、「えーそうなんですか?それじゃ『患者よ、がんと闘うな』で近藤誠さんがいっていたことが正しかったということになるじゃありませんか」といいました。すると、大御所の先生があっさり、
「そうですよ、そんなことみんな知っていますよ」
 といいました。僕はそれまで、近藤さんが臨床医たちから強いバッシングを受けていた時代の記憶が強く残っていて、近藤理論は、臨床医たちからもっとネガティブな評価を受けているとばかり思っていたので、これにはびっくりしました。誰か異論を唱えるかと思ってしばらく待ちましたが、誰も唱えませんでした。あ、近藤理論は基本的に正しいのだと、認識が大きく変わったのは、あの瞬間でした。

強すぎる副作用

抗がん剤の副作用

立花氏は抗がん剤を使用して得られる延命効果は膀胱がんでせいぜい数ヶ月とみています。数ヶ月長く生きられる代わりに副作用で明晰な意識が保てず創作活動に支障をきたす位なら生きている意味がないと考えています。

近藤先生によれば延命効果どころが副作用で命を縮める確率のほうが高いとのことです。

抗がん剤は元々毒ガスの研究から誕生したものです。
がんは正常細胞と共通した部分も多く、がん細胞にダメージを与えれば必ず正常細胞にもダメージを与えることになるので副作用は必ずあります。

もちろん個人差もありますが、強い吐き気で食欲がなくなるなどQOLが下がります。さらに吐き気を抑えるために薬を飲めば、その薬の副作用もあるので体はどんどん弱ってしまいます。

さらに抗がん剤には発がん作用もあるので、仮に目先のがん細胞をやっつけることができても、薬のせいで後に新たながんを発症する可能性もあるのです。

近藤先生は抗がん剤の9割は無効と述べています。抗がん剤は、一部のがんを除いて、医者や製薬会社が儲けるために存在していると考えたほうがよさそうです。

がん放置療法とは

近藤先生が提唱するがんの基本的な治療法は「放置療法」です。
これは基本的にがんは治療せずその名の通り放置しておくというものです。

放置といっても全く無治療なわけではなく、症状の緩和や臓器不全を解消するなど延命のための治療は行います。

一番最初に誕生するがん細胞を「がん幹細胞」といいますが、がん幹細胞には転移能力が有るものと無いものがあります。

転移能力の無いがん幹細胞から分裂・増殖したものはがんもどきなので、症状が無い限り放っておいても無害です。場合によっては自然消滅することもあります。

一方、転移能力のあるがん幹細胞が増殖していった場合、原発巣で最初に発見されたときにはすでにどこかに転移していて、転移がんが発見されるのを待っている状態といえます。がん幹細胞が誕生してからがんが発見されるまでには少なくとも10年くらいはかかるからです。

がんもどきでも大きくなってQOLを下げたり、臓器などに不具合が生じるようなら放射線や手術による治療を行います。

本物のがんも同様に症状が現れたら治療を行いますが、根治のためではなく、QOL維持や延命のための治療ということになります。

つまり症状が現れるまで体にダメージを与える治療は一切しないことが、最も延命効果を得られるということになります。

がん検診は無意味

早期がんは放っておいても問題なく、本物のがんはいくら切っても治らないので、検診で早くがんを見つけることは無意味ということになります。

病院へ行くのは症状が出てからでも遅くないので、がん検診などは受けるだけ時間とお金の無駄ということになります。

さらにがんが発見された場合、体内にがんがあるということは大きな心配ごととなりストレスを抱えることになります。

また、CTスキャンやマンモグラフィーなど放射線を用いる検査は被曝により後にがん発症の原因となるものもあります。

以上からがん検診を受ける必要は全くなく、たとえ無料で受けられてもがんが発見されたせいで手術で臓器を取られたり、薬の副作用で寿命を縮める可能性もあるので近藤先生は検診は拒否することを勧めています。

まとめ

近藤理論は近藤先生が実際に自分で患者の治療にあたり膨大な論文を読んだ結果生まれたものなので信憑性があります。

がんもどき理論は仮説に過ぎないという反論もありますが、先生は早期発見理論も仮説に過ぎないと応戦し、いまだに論争があります。

近藤理論に反対しているのは多くは医療関係者ですが、中にはがん患者もいます。
本のレビューなどを読むと、転移がんは治らないという主張に絶望してしまい、それが怒りに変わっている人が見受けられます。

私は標準治療に対する近藤理論はほぼ正しいと思っています。
ただし、先生の放置療法には完全には賛成できません。
転移がんでも代替療法の中には完治させている実績を持つものがあるからです。(詐欺的なものも多いので十分注意が必要ですが)

また、食事療法などもがんが発症してしまった後は無意味なので何でも食べていいと近藤先生は仰っていますが、そうではないと思います。

とはいえ、がんを発症した人はもちろん、がん検診を受けている人や家系にがんで亡くなった人がいる人などは近藤先生の著書は必読だと思います。

標準治療の怖い面は絶対に知っておく必要があるからです。
臓器を取られた後に訴訟を起こしてもお金で臓器は取り戻せません。
このような訴訟や医療ミスが非常に多いことを本を読むと知ることができます。

主治医が身内の場合は利害関係がないので完全に任せてもいいですが、そうでなければ病院側はお金を稼いで経営を成り立たせるという大前提がある上で治療を行っているということを心に留めておく必要があります。

近藤先生の理論を知ると、がん治療の方針は自分で考える必要があるということが分かります。このことは非常に重要なので是非本を読んでみることをお薦めします。

スポンサーリンク

参考文献

2018年1月18日 がん治療の問題点!近藤理論による標準治療の危険性と放置療法について はコメントを受け付けていません。 がん