耳鳴りの種類と原因 キーンという高音やゴーという低音、虫の音等

耳鳴り(みみなり)または耳鳴(じめい)の分類と原因等。耳管狭窄症について解説します。

耳鳴り

耳鳴りの音の種類 音だけでは病気は分からない

「キーン」「ピー」「リーン」という金属音のような高い音が聞こえる耳鳴りを「高音性耳鳴り」といい、「ゴー」「ボー」「ブー」という低い音が聞こえるものを「低音性耳鳴り」といいます。

「ジー」という虫の声のような音も耳鳴りには多いタイプです。
他にも「ザー」という雨のような音や、「ヒュー」という風のような音、「シュー」や「プー」と聞こえる耳鳴りもあります。

これら1種類の音がするものを「単音性耳鳴り」といい、複数が混ざっているような耳鳴りを「雑音性耳鳴り」といいます。

耳鳴りにはこれら以外にも様々な聞こえ方をするものがありますが、音の種類や鳴り方で、病気の診断をすることはできません。

耳以外が原因の耳鳴りついて

耳鳴りの原因は耳だけではなく、脳の問題や全身的な病気、精神的な問題である可能性もあります。
たまにキーンという音が短時間聞こえる耳鳴りは、誰もが経験するものであり、特に体に異常が無いことがほとんどです。

 脳が原因の耳鳴り 頭鳴(ずめい)

耳鳴りだと思って耳鼻咽喉科で診てもらっても異常が見つからず、脳を調べてみた結果、脳の聴覚野に異常が見つかったり、脳の神経細胞の興奮状態が雑音を作りだして耳鳴りのような症状になることがあります。
これらを頭鳴(ずめい)あるいは頭鳴り(ずなり)といいます。

耳鳴りのように感じる頭鳴もあれば、耳では無く頭の中で鳴っていると感じる頭鳴もあります。
(頭の中で鳴っていると感じる頭鳴が内耳の障害で起こっているということもあります)

脳が原因の頭鳴は脳神経外科で脳波検査を受ける等詳しく診てもらう必要があります。

全身的な病気や精神的なもの・その他

高血圧糖尿病、うつ病、自律神経失調症、更年期障害などでも耳鳴りが起こることがあります。

スポンサーリンク

耳が原因の耳鳴り

外耳や中耳で起こる耳鳴りは治療により治る可能性が高いです。
内耳で起こる耳鳴りは治療に時間がかかったり、完治するのが困難な可能性も高くなります。

外耳・内耳・その他で起こる耳鳴り

耳垢が原因の耳垢栓塞ではガサガサという音がすることがあります。
中耳が原因の中耳炎も耳鳴りを伴います。
耳管の病気である耳管狭窄症(後述)でも耳鳴りが起こることがあります。

内耳の病気が原因で起こる耳鳴り

内耳の蝸牛の障害が原因で起こる耳鳴りは、原因不明であったり、治療が困難な病気が原因であることが多いです。

内耳炎、メニエール病、突発性難聴良性発作頭位めまい症、外リンパ瘻、聴神経腫瘍、ラムゼイハント症候群音響外傷、騒音性難聴、老人性難聴、低音障害型感音難聴(低音難聴)、等が耳鳴りの原因となる病気です。

原因不明の「内耳性難聴」

耳鳴りを訴える患者の多くが特に病名の無い原因不明のものであると言われています。
耳鳴りがする場合多くが難聴を伴いますが、その難聴の原因も分からない場合、とりあえず「内耳性難聴」と診断されます。

「内耳性難聴」は内耳が原因で起こる難聴の総称で、本来さらに細かく病名がつけられますが、原因不明の場合、ただ「内耳性難聴」と言うしかありません。

原因不明である為、効果的な治療法も無いのが実情です。

原因不明の病気に試して欲しい治療法

当サイトでは原因不明の疾患に試して欲しい治療方法として「Bスポット治療」を推奨しています。

Bスポット治療について

下記の血流改善法や中指の爪もみを試すこともお勧めします。

免疫力低下の原因は?免疫力を高める 冷え性を治す血流改善方法!

難聴を伴わない「無難聴性耳鳴」

難聴もみられず、ただ耳鳴りがするだけの症状を「無難聴性耳鳴」(むなんちょうせいじめい)といいます。

内耳の器官が興奮状態であることや、心因性である可能性も高く、気にしないようにする、あるいは抗不安薬(精神安定剤)などの服用でストレスを緩和します。

耳鳴りを気にしてしまうことがストレスになり、それがまた耳鳴りを起こさせるという悪循環になることがあるので、とにかく意識を他のことに向けたり、リラックスすることが改善へと繋がります。

低音の耳鳴りが起こる耳管狭窄症

鼓室(中耳腔)と鼻腔をつないでいる耳管(エウスタキー管)は通常閉じていますが、あくびをしたり、唾を飲み込むときに開いて空気を出し入れしています。
この開閉がうまくいかなくなり、圧力調整ができない状態を耳管狭窄症といいます。

耳管狭窄症の原因

風邪や鼻炎、アデノイドの肥大などが原因で耳管周囲に最近性の炎症が起こります。

耳管狭窄症の症状

難聴、「ゴー」や「ボー」といった低音の耳鳴り、耳閉感、自分の声が耳に響く、などの症状が出ます。

耳管狭窄症の治療

耳管(主に入り口付近)の炎症を抑える為に消炎薬、抗アレルギー薬などが用いられます。
症状が重い場合、耳管に管を入れ空気を通すこともあります。

スポンサーリンク

参考文献

スーパー図解 めまい・耳鳴り―確実に解消する知識と方法 」
神尾 友信 (監修)

図解 めまい・耳鳴り・頭痛の正しい治し方と最新治療」
清水 俊彦 著

スポンサーリンク