顎関節症の原因 症状 治療方法 治し方は簡単?TCHとは

顎関節症に関する最近の研究で明らかになったTCHの概念と治療法などについてです。

顎関節症の治療

東京医科歯科大学 顎関節治療部 木野孔司先生の提唱するTCHという概念が顎関節症の原因や治療方法に大きく関わっているようなのでご紹介します。

顎関節症の症状

・口が途中までしか開かない
口を大きく開けようとすると、痛みで開けられない場合と、関節の軸が押さえつけられて開けにくくなる場合があります。

・顎関節や筋肉が痛む
口を開けたり、食べ物を噛むという動作で痛みを感じます。

・音がする
口の開け閉めをすると耳の前から「カクンカクン」という音がします。「ザラザラ」と擦れるような音がすることもあります。

スポンサーリンク

顎関節症の原因

これまでは顎関節症の原因は噛み合わせによるものが主な原因と考えられていました。
現在では、原因は一つではなく複数の要因が積み重なって起こるという考え方が主流になっています。

下記の複数の要因が重なり、顎の筋肉や関節の許容負荷を越えた時に顎関節症になると考えられます。

顎関節症を引き起こす様々な要因とは

構造的な要因

下顎頭と呼ばれる部分が小さいことが要因になることがあります。
あごが大きい人に比べると咀嚼がゆっくりになる傾向があり、無理をすると負荷がかかかりやすいようです。

噛み合わせの問題

奥歯を抜いた後に入れ歯をせずそのままにすると下あごは本来の位置より上方に移動します。これにより関節がずれたり周囲の神経を圧迫し、顎関節症の要因になることがあります。

同じように上の前歯が下の前歯を完全に隠すような深い噛み合わせや、下の奥歯が外側に出っ張っている場合などに噛み合わせが問題になることがあります。

歯ぎしりなどの行動要因

睡眠中の歯ぎしりにより顎に強い負荷がかかり、顎関節症の原因になったり歯周病を悪化させる場合があります。

精神的な問題

神経質な性格や不安な状態にあると筋肉の緊張を招きやすく、筋肉痛の元になったり顎関節に負担がかかることあがります。

仕事や職場での問題

家庭での主婦業(主夫業)や職場でのPC作業など、集中して何かに取り組んでいる時に無意識に長時間歯をくいしばってしまうと顎に負担がかかります。

上の歯と下の歯を接触させてしまう癖がある TCH

この問題が顎関節症の要因の中でも大きな割合を占めると、木野さんは述べています。

TCHとは

TCH=Tooth Contacting Habit 意味は「上下の歯の接触癖」です。

人は何もしていないときは上下の歯を接触させていません。
口を閉じ、唇が上下閉ざされている状態の時でも上下の歯は触っていません。
触れ合う時は、会話中や咀嚼中などに瞬間的に触れ合うだけで、1日の接触時間は合計で20分以下だそうです。

ところが、仕事や作業をしている最中や考え事をしている時に無意識に上下の歯を触れたままにしている人がいます。
すると口を閉じる筋肉が働いてしまい負荷がかかります。長時間になればなるほど筋肉は疲労し顎関節への血の巡りが悪くなってしまいます。

上記の精神的な問題や、仕事の問題と大きく関わっていて、不安な時や仕事中に多く見られる行動のようです。

顎関節症の治療

医者

症状が出たからといって慌てて病院に行く必要はないとのことです。
自然治癒してしまうことも多い病気なので、まずは様子をみます。

大きく口を開けないようにし、硬いものは食べないようにします。
顎を冷やしてなるべく動かさないようにすることで痛みを抑えます。

1週間くらい経っても痛みが治まらないようなら歯科医を訪れてみましょう。
(最初の1週間で痛みが強い場合は鎮痛剤を飲んでいいそうです)

ほとんどが自宅療法で治る?

顎関節症の患者の99%は自宅で行うトレーニング療法で改善するそうです。

TCH是正訓練

顎関節症患者の80%以上にTCHがあるとのことなので、素人目に見ても、これを止めるということが最も簡単な治療になりそうです。

しかし癖というものは中々直すことが難しいので、ただ意識しているだけでは、気がついたら上下の歯を合わせていた、ということになり、なかなか止めるのが大変です。

そこで、PC作業をしているなら画面に「歯は離して力を抜く」というような貼り紙をします。
家の洗面所や台所など、長時間作業する場所の目立つ所に貼り紙をすることで、癖を止めることを意識します。

さらに手を使って関節や筋肉を緩める運動などを行います。
詳しくは、木野孔司先生の著書をご覧ください。
症状が重い場合、病院で治療プログラムを組んでもらうことが改善への早道です。

一般的な病院で行う治療と注意点

保険適用で行える治療は、鎮痛剤を処方する、マウスピースを使う、噛み合わせを調整する、という3つです。

薬物治療

鎮痛薬、抗不安薬、抗うつ剤、注射薬、これらを症状に応じて使用します。
ただし顎関節症の治療として保険適用になる薬は限られているそうです。

抗不安薬や抗うつ剤は上記した精神的問題の場合に必要となります。
顎関節症がなかなか治らないということへの不安などに抗不安薬を服用すると、筋肉の緊張や精神的な緊張を緩和し楽になります。

スプリント(マウスピース)治療

マウスピースを使って顎の筋肉や関節を安静にします。
TCHが無い場合、鎮痛剤処方と合わせて行うことで改善する場合があります。

しかしマウスピースを噛みしめてしまうことで、症状が悪化する場合があるので、数日使ってみて症状が改善しないなら使わないほうがよいとのことです。

噛み合わせの調整

スプリント治療で良くならない場合、歯を削って噛み合わせの治療を行う歯科医がいますが、このような治療は絶対に受けてはならないと木野先生は力説しています。

歯を削る治療は顎関節症に対して保険適用で行えますが、顎関節症の初期段階での治療方法としては間違っているとのことです。
削ってしまうと、二度と元に戻せない上、削った直後に治ったように感じても、また再発してしまうことが少なくないそうです。

徒手的円板整位術

骨つぎのように医師が手を使って関節円板の位置を調整する方法です。

外科手術

顎の関節部分の癒着時や、関節円板に血管や神経が入り込んで痛みをコントロールできない場合、外科手術を行うことがあります。

治療は木野先生おすすめの病院へ

上記したように間違った治療で病状を悪化させてしまうこともあるようなので、顎関節症に対して最新知識を持った木野先生おすすめの開業医で診てもらうのが良いでしょう。

下記参考文献の「顎関節症とかみ合わせの悩みが解決する本」に12カ所の病院が紹介されています。

木野孔司最新著書

木野先生の最新刊です。

自分で治せる! 顎関節症 (健康ライブラリーイラスト版)

木野 孔司 講談社 2014-04-11
売り上げランキング : 91122
by ヨメレバ

参考文献

本記事はこの本↓を元に書いています。
完全図解 顎関節症とかみ合わせの悩みが解決する本 東京医科歯科大学 顎関節治療部部長が書いた (健康ライブラリー)
木野 孔司 著

スポンサーリンク