耳の病気 中耳炎の症状 原因 治療 大人と子供の中耳炎の違い

耳の病気として最も知られているであろう中耳炎についてです。

耳の構造                                          Original Update by Nesnad

中耳とは?

中耳とは、鼓膜から内耳(上図の紫部分、蝸牛や三半規管がある所)までの耳の中の空間を指します。(耳の外側から鼓膜までは外耳といいます)
上図でいうと、鼓膜、槌骨、鼓室(中耳腔)、キヌタ骨、の辺りになります。

中耳炎の種類

中耳炎には主に、急激に炎症反応が起きる「急性中耳炎」と中耳炎の状態が3ヶ月以上続く「慢性中耳炎」に分かれます。

さらに慢性中耳炎は鼓膜中央に孔(あな)があいて奥から耳だれが出てくる「慢性化膿症中耳炎」と、鼓膜の一部分がへこんで中耳腔(鼓室)の奥へと入り込み、その中にデブリと呼ばれる角化物がたまり耳だれや出血が生じる「真珠腫性(しんじゅしゅせい)中耳炎」があります。

スポンサーリンク

赤ちゃん、子供に多い急性中耳炎

急性中耳炎とは、中耳の粘膜が急激に炎症を起こす病気です。
赤ちゃんや子供に多く、6ヶ月~5歳くらいにかかる率がとても高くなっています。

乳幼児の場合、耳管の構造上の問題に加えて免疫系も不完全な為、風邪を引いたなと思っているうちに、あっという間に中耳にまで炎症が広がってしまうこともあります。

子供が中耳炎になりやすい理由の一つは耳管(上図のエウスタキー管)の構造です。
耳管の入り口(鼻の奥)はツバを飲みこんだり、あくびをした時以外は閉じています。

子供の場合体の発達が未発達の為、耳管が大人に比べて太く、さらに耳と鼻の位置が水平になっている為、細菌が入ってきやすい状態になっています。

また子供は鼻を上手にかめないことも原因の一つです。
風邪やアレルギー症状で鼻をうまくかめないと、鼻水が鼻の奥にたまってしまい、鼻水が耳管の入り口を刺激して炎症が起こりやすくなります。

このようなことから、乳幼児の時期に風邪を引いたときなどは耳鼻科でも診てもらうことが、中耳炎の早期発見、予防に繋がります。

急性中耳炎の症状

主な症状は、耳痛、耳閉感(耳が詰まる感じがする)、難聴、発熱、耳だれ、等です。
これらすべての症状が出るわけではありませんが、まず痛みで気付くことが多くなります。
痛みは、鼓膜が常に内側から押されているので断続的なものではなく、継続的な痛みになります。

横になると、立ったり座ったりしていた時より頭部の血流が良くなるので、夜寝ようとすると痛んでくることが多くなります。

中耳の粘膜が炎症を起こし、中耳腔(鼓室)に膿(うみ)がたまりはじめ、その膿が鼓膜を圧迫し始めるとさらに痛みは強くなります。

「耳だれ」とは

「耳だれ」とは外耳道から出てくる分泌物のことです。量が多くなると外耳道にとどまらず耳の外にまで出てきます。

急性中耳炎の原因

急性中耳炎の原因となるのは細菌です。

最も多いのが耳管(上図のエウスタキー管)の入り口から感染を起こす場合です。
風邪をひいた時などに起こりやすくなります。

風邪を引いたときに鼻をかんだり、あくびをしたり、嘔吐や咳(せき)に伴って耳管の入り口が開き、細菌やウィルスが鼓室に飛び込んで感染します。

また、急性咽頭炎の粘膜病変(粘膜が炎症を起こした状態)が連続して耳管炎を起こし、これが鼓室粘膜にまで及んで中耳炎となる場合があります。泣く赤ちゃん

急性中耳炎の治療

治療は軽症、中等度、重症の3つの段階に合わせて行われるのが一般的です。

軽症の場合

投薬と局所の治療が中心になります。
以前は抗生物質の処方が一般的でしたが、薬剤耐性菌の問題から最近では軽症の場合は使わないことが多くなっています。

2~3日で症状が治まることも少なくありませんが、医師の指示通りに薬を飲み、治ったかどうかの判断は自分でしないようにしましょう。症状が消えても完治したとは限りません。

中等度の場合

耳だれが出ている場合は、採取して原因菌となっている細菌検査を行います。
検査の為の細菌培養には数日間を要します。

最初にペニシリン系抗生物質などの投与を行い、効果が低い場合、数日後原因菌に適した抗生物質に変えます。

薬を飲んでも症状が改善しない場合、鼓膜切開手術で小さな孔をあけ、中耳内に溜まった膿を出します。

重症の場合

抗生物質の投与だけでなく、最初から鼓膜切開手術をして溜まっている膿を出します。
服薬で十分な効果が無い場合、抗生物質の点滴を行うこともあります。

大人に多い慢性化膿症中耳炎について

急性中耳炎で鼓膜に孔があき急性炎症はおさまったものの、鼓膜の孔が残り続ける病気を慢性化膿症中耳炎といいます。

幼少期の中耳炎で孔があいてしまったものがそのまま慢性化することが多いです。
幼少期に耳の症状に気付かず大人になってから発症するという場合もあります。

痛みがないので、面倒だから病院に行かない、という人がいますが、放置すると感音難聴が進行したり、まれに顔面神経麻痺、脳膿瘍などに発展する場合があります。

慢性化膿症中耳炎の症状

主な症状は、難聴、耳閉感、耳鳴り、耳だれ、等ですが、これらがすべて出るわけではありません。

慢性化膿症中耳炎の治療

耳だれがある場合は急性中耳炎と同じように原因菌を検査して抗生物質を投与します。
炎症がおさまり耳だれが無くなれば鼓膜形成術の手術を行います。また鼓膜の奥の病変によっては、鼓室形成術を行う必要がある場合があります。

滲出性中耳炎(しんしゅつせいちゅうじえん)

急性中耳炎は急性炎症がおさまって痛みや鼓膜の発赤がなくなってきても、耳管機能の回復はまだ完全ではない為、中耳の中の分泌物が吸収されずにしばらく残っています。
このような状態が長期にわたって持続しているのが滲出性中耳炎です。

痛みや発熱がないため乳幼児や小児は自分で気付きにくいのが特徴です。
急性中耳炎の治療を途中でやめてしまったり、十分な治療効果が得られず中耳や耳管の炎症が遷延(せんえん)することにより、中耳の貯留液が長期間排泄されずに滲出性中耳炎に移行することがよくあります。

アデノイドが原因になることも

アデノイドという「のどちんこ」のさらに奥にあるリンパ組織が原因になることがあります。
アデノイドは3歳頃から肥大し5、6歳でピークに達し、12歳頃には消失してしまいます。
免疫のシステムが未熟な子供のうちはアデノイドにより細菌やウィルスから身を守っていると言われています。

このアテノイドが異常に大きくなるアデノイド増殖症は幼児にしばしばみられる疾患ですが、これにより耳管の入り口が塞がれてしまい、急性中耳炎でできた膿や滲出液が出てこず、滲出性中耳炎に移行することがあります。

滲出性中耳炎の症状

主な症状は、難聴、耳閉感、耳鳴り、自声強聴、等ですが、これらがすべて出るわけではありません。

痛みがないので、幼児の場合気付きにくいですが、軽度の難聴になっているので、テレビなどのボリュームが大きくなっていたり呼びかけても返事が無い等があれば耳鼻咽喉科を受診してみたほうがよいでしょう。

成人であれば、自分で異常に気付くはずです。

滲出性中耳炎の治療

抗生物質等の投薬を行い、治らない場合は鼓膜切開により滲出液を排出します。
その後チューブを入れ、中耳にしっかり空気が通るようにする治療を行います。

真珠腫性中耳炎(悪性中耳炎)

本来あるはずのない上皮組織(皮膚)が中耳の中に入り込み、デブリとよばれるアカのような代謝物を内部にたくわえながら袋状に大きくなり、耳小骨や中耳の骨壁など周囲の骨組織を破壊しながら中耳の奥深くまで入り込んでいく病気です。

悪性中耳炎と呼ばれることもあります。

鼻をすすることが癖になっている人に起こることがあります。

真珠腫性中耳炎の症状

主な症状は、耳だれ、難聴、耳痛、耳閉感、などです。

真珠腫性中耳炎の治療

初期段階で発見できれば局所治療で対処できますが、ある程度進行していた場合は、中耳の奥まで入り込んだ真珠腫の上皮を取り除く手術が必要になります。

スポンサーリンク

参考文献

「中耳炎がわかる本―急性、慢性化膿性、滲出性、真珠腫性中耳炎」
鈴木 光也 著

「驚異の小器官 耳の科学」 (ブルーバックス)
杉浦 彩子 著

スポンサーリンク