2型糖尿病の初期症状 検査 診断基準 原因 症状 治療などについて

2型糖尿病の初期症状、検査、診断基準、原因、症状、治療などについて解説します。

血糖値

2型糖尿病とは

2型糖尿病は糖尿病患者全体(妊娠糖尿病やその他の機序によるものは除く)の約95%を占めています。一般的に糖尿病と言った場合、この2型糖尿病を指します。

過食、糖質の摂取過多、内臓脂肪過多、運動不足などの生活習慣が大きな要因を占めることから、生活習慣の改善が病気の治療にとても大切になります。

糖尿病とは何か、インスリンと血糖について

1型糖尿病との違いは食生活や運動不足に気をつけることで、インスリン注射をしなくても生活が可能なことです。しかし発症初期は症状がほとんど無いので、治療を怠ったり、遅らせてしまうことで合併症を発症したり、インスリン注射が必要になってしまうこともあります。

スポンサーリンク

インスリン抵抗性とは

1型糖尿病が主にインスリンの分泌障害で起こるのに対して、2型糖尿病はインスリン分泌障害に加えてインスリン抵抗性も大きな要因となります。

インスリン抵抗性(またはインスリン抵抗性が高い)とは、インスリンが分泌されても効きが弱く、細胞に糖を取り込みにくくなるため高血糖を招くことを意味します。反対に少ないインスリンで沢山の糖を取り込めることをインスリン感受性が高いと表現します。

2型糖尿病はインスリン分泌障害とインスリン抵抗性の2つが発症に関与しますが、どちらが大きな割合を占めるかは個人差があります。日本人はインスリン分泌障害が優位になる傾向があり、欧米人はインスリン抵抗性が優位になる傾向があります。

インスリン抵抗性が高くなると、膵臓はインスリンを沢山分泌する必要に迫られ疲弊してしまう場合があります。すると分泌能力が下がり高血糖状態が加速してしまうことになります。

肥満と糖尿病

肥満と糖尿病には以前から大きな関係があると言われてきました。
メタボリックシンドロームの基準にも内臓脂肪型の肥満や高血糖が診断基準に含まれ、糖尿病とは密接な関係があります。

内臓脂肪が増えるとインスリン抵抗性が高くなる傾向があります。インスリン抵抗性が高くても膵臓がそれに見合うインスリンを分泌できていれば問題ありませんが、高いインスリン抵抗性に耐えられなくなり分泌が間に合わなくなると糖尿病を発症します。

このためインスリン分泌能力が高い人は肥満状態になってから糖尿病になることが多く、内臓脂肪を減らすことが糖尿病の予防や改善につながるということが分かります。

これらから、肥満状態から糖尿病を発症する人はインスリン抵抗性が高い傾向にあり、軽度の肥満や標準体形以下で発症する人はインスリン分泌能力が低い傾向にあるということができます。

2型糖尿病の原因

遺伝的要因により膵臓からインスリンの分泌能力が低い、遺伝的要因によりインスリン抵抗性が高い、などの複数の遺伝要因に、過食、ストレス、運動不足、糖質摂取過多などの生活習慣不良や加齢等が加わることで発症すると考えられています。

2型糖尿病は1型糖尿病よりも遺伝要因が大きいので、両親や祖父母などに糖尿病の人がいる場合は特に注意が必要です。

2型糖尿病の間接的な原因についてこちらで言及しています。
アレルギー、自己免疫疾患、自閉症の原因は体内の生態系にあった!

2型糖尿病の検査・診断基準

糖尿病の検査は血糖値HbA1c(ヘモグロビンエイワンシー:NGSP)の値で判定します。 HbA1cとはヘモグロビンにグルコース(ブドウ糖)が結合した糖化ヘモグロビンのことです。特に糖尿病の合併症と相関関係が深い傾向があります。

血糖値の種類と判定

血糖値には「空腹時血糖値」(食事から10時間以上経った状態で測定)、「随時血糖値」(食事や時間に関係なく測定)、「ブドウ糖負荷後2時間血糖値」(ブドウ糖のジュースを飲んでから2時間後に測定)があります。

空腹時血糖値が126mg/dl以上、随時血糖値またはブドウ糖負荷後2時間血糖値200mg/dl以上の場合糖尿病型と診断されます。 糖尿病型=糖尿病ではありません。

尚、正常値は、空腹時血糖値が100mg/d未満、随時血糖値とブドウ糖負荷後2時間血糖値は140mg/dl未満です。

空腹時血糖値100~110未満は正常高値、110~126未満は境界型、随時血糖値とブドウ糖負荷後2時間血糖値140~200未満は境界型となります。

HbA1cの判定

HbA1cが6.5%以上が糖尿病型です。

正常値は5.6%未満、境界型は5.6~6.5%未満です。

また、糖尿病の場合でも7.0%未満に抑えることは合併症の予防につながります。

糖尿病の診断

血糖値とHbA1cの両方が糖尿病型の場合、糖尿病と診断されます。

尚、糖尿病と診断されなかった場合でも、片方が糖尿病型の場合やそれぞれの値が正常高値、境界型の場合は生活習慣などを見直す必要があります。

また、補助として尿糖検査が行われ場合もあります

血糖値だけが糖尿病型の場合

初回検査で血糖値だけが糖尿病型の場合、再検査を行い、血糖値またはHbA1cが糖尿病型の場合、糖尿病と診断されます。どちらも糖尿病型ではなかった場合は3~6ヶ月以内にさらに再検査を行います。

HbA1cだけが糖尿病型の場合

初回検査でHbA1cだけが糖尿病型の場合、再検査を行い、血糖値またはHbA1cが糖尿病型の場合、糖尿病と診断されます。HbA1cだけ糖尿病型やどちらも糖尿病型ではなかった場合は3~6ヶ月以内にさらに再検査を行います。 

2型糖尿病の症状

初期症状・症状

初期症状は無いことも多く、そのため健康診断などの検査で見つかることも少なくありません。

最初に現れる症状として多いのは、多尿(尿の量やトイレに行く回数が多くなる)、口の渇き、多飲(高血糖による脱水症状で喉が渇く)、体重減少(インスリン欠乏により糖が取り込めない)などですが、だるい、何となく体調不良を感じる、という場合や、合併症による目のかすみ、飛蚊症、手足のしびれ、胸の痛みを感じる場合など様々です。

糖尿病の合併症

糖尿病の怖さは高血糖により起こる様々な合併症です。

これらを防ぐ為にも血糖コントロールが重要となります。

急性合併症

主に代謝異常により糖尿病のいかなる時期にも起こる可能性があります。昏睡など意識障害を伴うことが特徴です。

糖尿病患者がストレスなどで体調をくずしたり食欲不振で食事ができないとき、外傷や感染症にかかったときなどをシックデイ(Sick day)といいます。シックデイでは血糖コントロールが乱れやすいので特に合併症に注意する必要があります。

急性合併症には、糖尿病ケトアシドーシス、高浸透圧高血糖症候群、低血糖症などがあります。
ケトアシドーシスとは 糖尿病ケトアシドーシスの原因 症状 治療について

慢性合併症

高血糖が続くことで血管が障害されやすく動脈硬化や血管性の合併症を引き起こしやすくなります。また糖尿病になると免疫細胞である好中球の機能が低下するので免疫力が落ち、細菌やウイルス、真菌などに感染しやすくなります。

免疫とは?自然免疫と獲得免疫 免疫細胞の働き 炎症とは何か等について

血管性合併症

三大合併症と呼ばれるものに、糖尿病網膜症、糖尿病性腎症、糖尿病神経障害があります。 また糖尿病に伴う動脈硬化により、虚血性心疾患、脳血管障害、閉塞性動脈硬化症を合併しやすくなります。

糖尿病合併症 糖尿病網膜症 糖尿病神経障害 糖尿病足病変などについて

その他の合併症

糖尿病足病変、歯周病(糖尿病患者には歯周病の人が多く、歯周病になることで糖尿病を増悪させるので、しっかり治療する必要があります)、悪性腫瘍・癌(がん)、認知症、骨粗鬆症白内障、手根管症候群、皮膚合併症などが起こりやすくなります。

2型糖尿病の治療

治療を受けるときの注意点

1型糖尿病同様に従来からの治療法と、糖質制限食を第一選択とする治療グループに分かれているのが現状です。

両者の決定的な違いは、糖質を制限することで起こるケトーシス(※)を異常とみなすか正常とみなすかにあります。

日本糖尿病学会に代表される従来の考えはケトーシスは糖尿病ケトアシドーシス(インスリンの欠乏による昏睡)を引き起こす危険な状態であるとしていますが、糖質制限食を推奨する人達はケトーシスをむしろ体に良い状態であると考え、ケトアシドーシスはケトーシスが引き起こすのではなくその概念自体が間違いであると主張しています。

※ケトーシスとはケトン体(脂肪酸の分解・代謝によって産生される副産物であるアセトン、アセト酢酸、β-ヒドロキシ酪酸の総称)が血中に増加した状態のことです。

合併症がある場合、その治療を行うことは当然両者に共通です。

従来からの治療法

食事療法・運動療法

食事療法として、炭水化物、蛋白質(たんぱくしつ)、脂質をバランス良く取り、総摂取エネルギー(カロリー)を適性に保ちます。

最近は糖質制限を食事療法に取り入れる所も多くなっているようですが、あくまでもカロリー制限だけで血糖値が下がらない場合の補助としてのものです。ケトン体の増加(ケトーシス)が起こらないように行う為、極端な糖質制限は行いません。

運動療法として、病状に応じて適度な運動を行うことで血糖値を下げるようにします。

肥満度などを考慮し、ウォーキングや軽いジョギングなどの有酸素運動と、軽い筋肉トレーニングなどの無酸素運動を組み合わせて行います。

薬物療法

食事療法や運動療法で血糖値が下がらない場合、薬物療法として経口血糖降下薬が用いられます。

経口血糖降下薬でうまくいかない場合、GLP-1受容体降下薬またはインスリン療法が行われます。

インスリン療法

1日4回、インスリンを自分で注射することで分泌低下を補います。

糖質制限食による治療

糖質制限をメインに行う治療はまだ歴史が浅く、長期的な視野でどうなるかは未知数の部分があります。しかし薬物やインスリンに頼ることになる可能性が低いことから、近年大きな注目を集めています。

糖質制限食による食事療法をメインに運動療法を加えます。それでも血糖値のコントロールがうまくいかない場合は、インスリン療法を行います。 ケトン体の増加(ケトーシス)が起きても気にせず(むしろ良いこととして)糖質制限を行うことが特徴です。

糖質制限食についてはこちらを参照してください。
糖質制限とは 糖尿病の食事と糖質制限食・糖質制限ダイエットについて

このサイトでも度々紹介している医学博士の藤田紘一郎先生も自身の糖尿病克服に糖質制限を行っていて従来の治療法には否定的です。

どちらを行うのが良いのか

砂糖を含むお菓子や清涼飲料水などは、どちらの治療でも制限する必要があります。

大きく異なるのは糖質制限食ではお米(白米や玄米も)や小麦(パン類・麺類)、いも類などの炭水化物を制限あるいは完全にカットすることです。(果物や野菜などの炭水化物はカットしません) スーパー糖質制限と呼ばれる糖質制限食ではご飯、パン、麺類などの主食を無しにして、おかずだけの食事となります。これらの食生活ができそうにないという人は糖質制限主体の治療には向いていないかもしれません。

また炭水化物を制限する食事を長く続けることが体に与える影響はまだよく分からない、ということが不安材料になります。

一方従来の食事療法では血糖値が思ったようにコントロールできない場合も多く、薬物やインスリン注射に頼る確率は糖質制限メインの治療よりも高くなります。

バトマンゲリジ博士の飲水法

上記どちらかの治療に加え、バトマンゲリジ博士の提唱する飲水法を行うことを推奨します。 バトマンゲリジ博士は、脳がブドウ糖を必要とする状態は体内の水と塩の不足が原因だと主張しています。(従来の考えではブドウ糖が脳の唯一のエネルギー源、糖質制限食を推奨する人達はケトン体エンジンこそブドウ糖に代わる脳のエネルギーだと主張します)

水不足はインスリンの活動を逆効果にしてしまうとし、水不足を解消することはインスリンの分泌につながるとしています。

またアミノ酸の一つであるトリプトファンが糖尿病に大きく関わっているとし、蛋白質(アミノ酸)の摂取がとても大切だとも述べています。

塩不足に気をつけてしっかり水を飲むようにし、運動に加えて蛋白質(特に豆類や卵、牛乳)を重視した食生活が大切のようです。

合併症などにより水や塩の摂取に気をつけなければいけない場合もあるので、医師と相談の上行うようにしてください。
水を飲むだけの健康法!病気を治す飲水法 水ダイエットの効果は?

また、アルカリ性のパナジウム入り天然水は糖尿病に良いとのことなので、そのようなミネラルウォーターを飲むことでより大きな効果が期待できます。
水道水と塩素 ミネラルウォーター 水素水 炭酸水 硬水 軟水の違いについて

自律神経免疫治療

糖尿病の最大の原因はストレスであり、体を温めることがとても効果があると、安保徹先生は主張しています。 また間違った食事制限が逆に高血糖を促進する可能性があるとも述べてます。

免疫力低下の原因は?免疫力を高める 冷え性を治す血流改善方法!

遺伝子組み換え食品や食品添加物は避ける

遺伝子組み換え食品や遺伝子組み換え作物を使用した食品添加物を食べることが糖尿病(1型、2型ともに)の原因になり得るという報告があります。
遺伝子組み換え食品を食べたことが原因で起こる病気について

西式甲田療法

西式甲田療法では、糖尿病が完治した例が多数報告されています。
実行する場合、必ず専門家の監視下で行ってください。

難病 原因不明の病気が治る西式甲田療法とは 少食 断食の効果について

スポンサーリンク

妊娠糖尿病の食事 血糖値 ケトン体 原因 症状 治療などについて

糖質制限食を実施している病院はまだ少ないので、この治療を望む場合、受診する前に確認しておくと良いでしょう。
糖質制限OK・理解のある医療機関リスト

糖質制限食について詳しく知りたい方は、第一人者である江部康二先生のブログを見てみると良いでしょう。
ドクター江部の糖尿病徒然日記

参考文献

「病気がみえる vol.3: 糖尿病・代謝・内分泌」
医療情報科学研究所

主食を抜けば糖尿病は良くなる! 新版: 糖質制限食のすすめ
江部康二 著

「糖尿病 今注目の最新療法」
清野 裕 著

ケトン体が人類を救う
宗田 哲男 著

「忙しい人こそ知っておきたい 糖尿病がわかる本」
山田 悟 著

病気を治す飲水法―万病を予防し治す水の力を総解説!
F. バトマンゲリジ 著

体をつくる水、壊す水
藤田紘一郎 著

スポンサーリンク