微弱陣痛、過強陣痛、軟産道強靭の原因、症状、治療について

微弱陣痛、過強陣痛、軟産道強靭の原因、症状、治療について解説します。

陣痛

微弱陣痛とは

陣痛が弱過ぎて分娩が進行しない状態をいいます。

発生時期により原発性微弱陣痛続発性微弱陣痛に分けられます。

原発性微弱陣痛は分娩開始時から陣痛が微弱なもので、続発性微弱陣痛は最初は正常だった陣痛が分娩の途中から微弱になるものです。

スポンサーリンク

微弱陣痛の原因

原発性微弱陣痛

子宮筋が収縮不良を起こすことが原因です。

多胎妊娠、羊水過多子宮筋腫、前回の妊娠時の帝王切開により子宮筋が薄くなっている、出産を何度もしている、子宮奇形などが原因になります。

続発性微弱陣痛

胎児が子宮頸部を刺激しない

児頭骨盤不均衡(CPD)、胎位異常、前置胎盤などにより、胎児が子宮頸神経叢をできないと本来の陣痛が起こりません。

母体の衰弱や心理的要因

病気による衰弱や分娩にたいする恐怖心が原因となります。

母体の疲労

分娩に時間がかかり母体が疲労してしまうことが原因となるものです。

子宮の過度の収縮

過強陣痛が原因となるものです。

胎位、胎勢の異常

胎児の反屈位などが原因となるものです。

胎児の異常

巨大児、水頭症が原因となるものです。

産道の異常

児頭骨盤不均衡(CPD)、軟産道強靭などが原因となるものです。

その他

産科麻酔、膀胱・直腸の充満などが原因となる場合があります。

微弱陣痛の症状

本来あるはずの強い陣痛が来ず、分娩が進行しません。

微弱陣痛の治療

基本的には子宮筋の収縮が回復するのを待ちます。

状況に応じて子宮収縮薬(オキシトシン、プロスタグランジン)が用いられます。

児頭骨盤不均衡(CPD)の疑いがある場合帝王切開が行われます。

胎児機能不全の疑いがある場合や胎児の頭の下降がみられない場合、吸引・鉗子分娩、帝王切開などが行われます。

過強陣痛とは

強すぎる陣痛により母子に大きな負担がかかるものです。

過強陣痛の原因

子宮収縮薬(オキシトシン、プロスタグランジン)の不適切な使用が大半を占めます。
子宮収縮薬 陣痛促進剤 子宮収縮剤の副作用、計画分娩 誘発分娩のリスクとは?

他に、児頭骨盤不均衡(CPD)、回旋の異常、軟産道強靭などにより産道の抵抗が大きくなり過ぎた場合に起こります。

また、常位胎盤早期剥離が原因となる場合もあります。

過強陣痛の症状

陣痛の非常に強い痛み、陣痛周期の短縮、陣痛の持続時間が長いなどの症状が現れます。

胎児機能不全や子宮破裂を起こすこともあります。また、子宮の過度の収縮により疲労し微弱陣痛に移行する場合もあります。

過強陣痛の治療

子宮収縮薬を使用している場合、直ちに使用を中止します。

必要に応じて鎮静薬、子宮収縮抑制薬を投与します。

胎児機能不全や切迫子宮破裂と診断された場合、帝王切開を行います。

軟産道強靭とは

軟産道は子宮下部、子宮頸部により形成される通過管と膣および外陰部から構成されます。

この軟産道の伸展性の不足や狭窄により分娩に時間がかかるなど、軟産道の異常を軟産道強靭(なんさんどうきょうじん)といいます。

軟産道強靭の原因

子宮筋腫(子宮下部の筋腫)、子宮頸部円錐切除術などによる瘢痕(はんこん)、子宮下部~頸管の熟化不全、膣管の熟化不全(高齢出産かつ初産の場合に多い)などが原因となります。

軟産道強靭の症状

遅延分娩となり、妊婦が疲労することで、続発性微弱陣痛過強陣痛を引き起こす場合があります。

軟産道強靭の治療

帝王切開、拡張材(ラミナリア)やメトロイリンテルというゴム球を子宮下部に挿入し膨らませる、卵膜を剥離する、薬物療法(子宮収縮薬)などの処置が行われます。

スポンサーリンク

参考文献

「病気がみえる vol.10: 産科」
医療情報科学研究所 (編集)

スポンサーリンク

2017年8月27日 微弱陣痛、過強陣痛、軟産道強靭の原因、症状、治療について はコメントを受け付けていません。 婦人科・産科