遺伝子組み換え食品の危険性!安全性は全部ウソ?

遺伝子組み換え食品について解説します。

「遺伝子組み換えのねじ曲げられた真実」スティーブン・M・ドルーカー (著)、この本を読むと遺伝子組み換え食品がいかに恐ろしいものかよく分かります。

遺伝子組み換え作物(GMO:Genetically Modified Orgasnisms)が健康を脅かす物であることはもちろん、その危険性が私達に知らされていないということが大きな問題です。

著者のスティーブン・M・ドルーカー氏はアメリカの弁護士であり、米食品医薬品局(FDA)が遺伝子組み換え食品のリスクを国民に知らせず市場に送り出したことについて裁判を起こした経歴があります。

スポンサーリンク

死者が出た最初の遺伝子組み換え食品

最初に世に出た遺伝子組み換え食品は「L-トリプトファン」の健康補助食品です。
トリプトファンは必須アミノ酸の一つで、摂取するとセロトニンやメラトニンの分泌を促し、不眠や鬱(うつ)症状などに効果があると言われています。

しかしアメリカにてこのトリプトファンの健康食品を摂取した人に体中の強い痛みや発疹が現れるといった症状を訴える人が続出しました。

原因を追及したところ、これらの商品はすべて日本で製造していたことが分かり、その中でも昭和電工のトリプトファンを服用した人だけにこの原因不明の症状がみられる、ということが分かりました。

昭和電工のトリプトファンと他のメーカーとの違いは何か。
昭和電工のトリプトファンには遺伝子組み換えの技術が導入されていたのです。

トリプトファンは発酵を通じて細菌に合成させるのですが、昭和電工は細菌の遺伝情報を操作し、通常の方法よりも多量のL-トリプトファンを作ることを可能にしていました。

しかしこうして遺伝子組み換えにより作られたトリプトファンは通常の方法よりも細菌の代謝が乱されることで不純物が大量に含まれ、この不純物の中に強力な毒性を持っているものがあることが分かりました。

このトリプトファンを摂取して症状を発症した人は5千人~1万人といわれ、80人が死亡、1,500人の人が一生続く障害を負うこととなりました。

隠蔽された原因

これだけ大きな問題が起こったにも関わらず、表向きは原因不明ということになっています。
これはFDA(米食品医薬品局)が遺伝子組み換えが原因でこの事件が起こったことを人々に知られたくなかったからです。

アメリカにおいて遺伝子工学は経済発展のためにどうしても必要な技術です。
企業はこの技術を使うことで様々な商品を生み出すことが可能であり、アメリカ政府としては遺伝子操作に悪いイメージを持たれることはどうしても避けたかったのです。

そこで、製造過程の問題を隠蔽し、この事件の原因はトリプトファンを健康食品として摂取することが問題であり、トリプトファンそのものが悪かったということに事実はねじ曲げられました。

昭和電工側は過失を認め、自社製品を原因解明のために引き渡して調査してもらうつもりでしたが、FDAは詳しい調査はせず、昭和電工が細菌を廃棄したため原因解明ができなかったとしています。

実際はいつまで経ってもFDAが調査に来ないので、最終的に細菌を廃棄したというのが真実だとドルーカー氏は述べています。

遺伝子組み換え食品の危険性は国民には知らされない

トリプトファン事件をみても分かる通り、国家機関であるFDAが事故の原因を隠してしまうぐらいですから、私達がアメリカから輸入して食べているトウモロコシや大豆が危険であることはほとんどニュースにならず、多くの人はとんでもないものを食べているということを知らないでいます。

日本は2018年にTPP参加を表明しましたが、アメリカの遺伝子組み換え作物(GMO)が更に安価で手に入るため、ますます危険が広がることになります。

FDAには食品の安全性を調べる科学者もちゃんといて、GMOの危険性は分かっています。
しかし、その危険性を上層部に報告しても、情報はそこで止められてしまい、外には出てこないのです。

FDA全体が悪いわけでは無く、利潤を追求し過ぎる政策に問題があると言えます。

メディアも大企業に買収されているので、科学者達が問題を公の場で訴えても、ほとんど報道されることはありません。
テレビでGMOの問題をはっきり指摘した食品安全の専門家は即刻解雇され、研究も中止させられました。

アメリカと密な関係にある日本も同様にテレビの健康番組などでこの事実が取り上げられることはあり得ないと言えるでしょう。
しかし、日本はほとんどのトウモロコシをアメリカから輸入しています。大豆も約6割をアメリカの輸入に頼っています。

これらは人間が直接食べる以外に家畜の飼料に使われたり、お菓子などの加工食品や添加物の原料として使われています。

遺伝子組み換え作物(GMO)とは何か

遺伝子組み換え作物(GMO)は何の為に作られるのでしょうか?

一つは害虫対策の為です。
遺伝子組み換え技術を使って自分自身に殺虫効果を持たせます。

これは土壌の中にいる細菌が持つBt(バチルス チューリンゲンシス:Bacillus thuringiensis)という殺虫成分を組み込み、害虫が食べると死んでしまうように改良されたものです。

表向きは害虫だけを殺す作用があるとされていますが、チョウやその他の益虫にも害をもたらすという証拠も上がっています(FDAは隠蔽していますが)。
当然人間への害も懸念されます。

もう一つは除草剤への耐性を持つものです。
除草剤とは雑草を駆除するための農薬です。

雑草を駆除するための除草剤で作物自身が害を受けては意味が無いので、除草剤を散布してもダメージを受けないように改良されています。

GMOのほとんどを作っていたのはアメリカのモンサント社(2018年6月にドイツのバイエルにより買収)です。自社のラウンドアップという除草剤に耐えられるようにこれらを市場に出し、GMOとラウンドアップの両方で利益を上げようと目論んでいます。

モンサントのような大資本の企業と政府の間にはお金の流れがあり、お互いに利益を得られるよう協力し合っているので、GMOのイメージを損なうような情報は表には中々出てこないのです。

遺伝子組み換え食品の問題点

この本の中で遺伝子組み換え食品の問題点は以下のようにまとめられています。

・遺伝子組み換え食品の商業化は、米食品医薬品局(FDA)の詐欺的な行為によって可能となり、それがなければ商業化はありえず、今もそれに頼り続けている。

・FDAは食品の安全に関する連邦法に違反してこれらの新しい食品を市場に押し出し、これらの食品は今も違法のまま市場にある。

・FDAの欺瞞は著名な科学者や科学研究機関によってばらまかれた偽情報によって強力に補完されていて、遺伝子組み換え食品の事業全体が慢性的かつ決定的にこうした偽情報に依拠している。

・遺伝子組み換え食品の安全性は科学的に信頼できる方法で確認されたことはかつてなく、相当な数の研究でその安全性に疑問が投げかけられている。

・これらの食品には受け入れがたいリスクがある。

700ページ近くに渡って遺伝子組み換え食品の危険性と、その事実がどのように隠蔽されてきたかがこの本に詳細に書かれています。

このように危険なGMOですが、市場に出る前の安全性テストは厳格なものではありません。
それどころか、テストを行い危険と判断されたものでも、その事実を表に出さず市場に出してしまうというような暴挙が行われています。

遺伝子組み換え技術は安全なものなので特にテストは必要ない、というのがFDAの言い分です。

日本の厚生労働省もFDAにならって遺伝子組み換え食品は安全としていますが、この本を読んでしまえば全く信用できないということが分かります。

厚生労働省の遺伝子組換え食品に対する見解

厚生労働省が安全としているのですから、遺伝子組み換え食品は規制されず、表示義務さえないのが現状です。

遺伝子組み換え食品が本当に無害なら、わざわざ「遺伝子組み換えではない」という表示も必要ないはずですが、現状は遺伝子組み換えでないことがその商品のアピールになっています。これは裏を返せば遺伝子組み換え食品には不安があるということの現れと言えます。

私たちの食卓に並ぶ遺伝子組み換え食品

「遺伝子組み換え食品増補改訂版」(天笠啓祐 著)から遺伝子組み換え食品にはどのようなものがあるかをご紹介します。

注意すべき食品

作物としては「トウモロコシ大豆ナタネ綿」の4つが輸入されており、これらを直接食べることが最も危険と言えるでしょう。国産のものは今のところ安全です。

加工度の低いものに限っては表示義務があるので、これらを買う時には遺伝子組み換えか非遺伝子組み換えか注意していれば大丈夫です。
味噌や豆腐、納豆、おから、ポップコーンやコーンスナック菓子などには表示義務があるので「遺伝子組み換え」と書かれているものを避けるようにします。

次に表示義務が無いものとして家畜の飼料や食用油として使用されているものがあります。

なので、肉を食べる前にその動物がどのようにして育てられたかを知る必要があります。
国産でかつ、非遺伝子組み換え飼料で育てました、という触れ込みが無ければ遺伝子組み換えのエサで育ったと考えるべきです。
どこでどのように育てられた動物なのかを確認しておきましょう。

卵や牛乳も同様です。鶏や牛のエサが遺伝子組み換え作物ならその卵や牛乳も危険と考えて下さい。
表示がないものはすべて遺伝子組み換え飼料で育った鶏や牛のものです。

油は外国産の、コーン油、大豆油、ナタネ油(菜種油、キャノーラ油)、綿実油は何も書いていなければ遺伝子組み換えです。
原料が国産であれば非遺伝子組み換えです。

醤油も表示義務が無くなったので注意してください。
マーガリンやマヨネーズも何も書いていなければ遺伝子組み換え食品です。

危険な食品添加物

食品添加物が使われた食べ物は極力避けるようにしましょう。

カラメル色素、ブドウ糖果糖液糖(異性化糖)などは原料がトウモロコシであり、「乳化剤」には大豆のレシチンが使われているので、遺伝子組み換え食品の確率が高いです。
他に原料や成分に「調味料(アミノ産)」「ビタミンB2」と書かれているものも遺伝子組み換え技術が使われている可能性が高いものです。

輸入された食品添加物はかなりの高確率で遺伝子組み換え食品添加物です。
イノシン酸、グアニル酸、着色料など違法に流通しているものもあるので、すべて安全ではないと考えたほうがよいでしょう。

人工甘味料のアスパルテームも遺伝子組み換えの微生物由来とのことです。

お菓子や清涼飲料水、ファーストフード、レトルト食品や冷凍商品、インスタント食品などの加工食品のほとんどは食品添加物が使われているので安全ではありません。

お店で出している・売っているから安全ということはない

外食した場合も特に表示義務がないので、何を食べているのか分かりません。お弁当屋なども同様です。

それでは食べるものが無いじゃないか、という声が聞こえてきそうですが、実際よく注意しなければ、ほとんどの人が日頃から危険な食生活を送っているのです。

ガンや原因不明の病気になってしまう人が増えているのはこれらが大きな要因と言えるでしょう。(医者や政府は認めませんが)

若いのにガンになってしまう人も増えていますが、現在では子供の頃からこれら添加物を含んだ食品を沢山食べていることに問題があると思います。

スティーブン・M・ドルーカー氏はこう述べています。

食品が原因で起きる病気のほとんどは、長期間にわたって繰り返し摂取することで生じ、しかもその病気は独特なものではなく、さまざまな原因から起きることが多い(がんのように)。

遺伝子組み換えルーレットが警告する病気について

遺伝子組み換えルーレット(DVD)

遺伝子組み換えルーレットは2012年にアメリカで作られたドキュメンタリー映画です。

残念ながら、動画配信サービスなどには無く、DVD化されていますがアマゾンなどでも取り扱われていません。

このような映画がきちんと広まれば、遺伝子組み換え食品の怖さがもっと浸透するのですが、おそらく色々な圧力があり無理なのでしょう。

この映画には遺伝子組み換え食品を食べることで起こり得る病気が紹介されています。

まず、遺伝子組み換えトウモロコシをエサとして与えられそれを食べ続けたネズミがどうなったかご覧ください。

遺伝子組み換え食品を食べたネズミ

こんなにも大きな腫瘍ができているにも関わらず、ネズミには害があるが人間には害が無いといえば暴論でしょう。

この研究を発表した教授は攻撃され、研究も抑え込まれてしまいました。

遺伝子組み換え食品を食べることで発症する可能性のある病気

遺伝子組み換えにより誕生した作物の遺伝子配列は自然界には存在しないものなので、免疫システムはそれを異物として認識する可能性が高くなります。

免疫システムが異物を攻撃すれば炎症が起こり、その炎症に起因して様々な病気の発症につながる可能性もあります。

まず、腸が最も影響を受けやすいことは想像に難くありません。事実として遺伝子組み換え作物(GMO)流通後(90年代半ば)、炎症性腸疾患(クローン病、潰瘍性大腸炎)や慢性便秘、胃腸の感染症、胃食道逆流症になる人が急増しています。

さらにアレルギーや自己免疫疾患、糖尿病、心臓病、腎臓病、甲状腺疾患、アルツハイマー病、パーキンソン病、癌(がん)にも大きく関係しているとのことです。

遺伝子組み換え作物(GMO)の毒性とは

GMOには害虫を殺す殺虫作用があり、Bt(バチルス チューリンゲンシス:Bacillus thuringiensis)という殺虫成分が組み込まれています。

ある医学博士は一つ一つの植物細胞がが毒性タンパク質を生成すると述べています。

Btは昆虫の消化器に穴を開けて殺します。このBtが組み込まれたトウモロコシは90年代半ばにはすでに食卓に上がり始めたそうです。

政府や企業は人間や動物には無害としていますが、腸の疾患が増えていることを考えれば無害とは言えないと良識ある医者や科学者は警告しています。

さらにこの人間には無害としていた根拠となる論文に誤りがあることも発覚しました。
人の細胞にも小さな穴を開け腸を漏れやすい状態(リーキーガット症候群)にしてしまう可能性があると映画に登場する医師(ゲーリー・ゴードン)は指摘しています。

リーキーガット症候群とは?原因不明の症状や慢性病の原因を探る!

これにより食物が消化不十分のまま血管に入ることで、様々な病気になる可能性があります。
本来健康な腸内細菌は食物を正しい形に活性化しますが、消化プロセスがうまく機能せず、腸内細菌が破壊されてしまうことで、湿疹、ぜんそく、アレルギーが増えると医師は述べます。

恐ろしいのはGMOを食べるのをやめても遺伝子組み換えタンパク質は体内で生成され続ける可能性があるとのことです。

カナダで検査を受けた妊婦の93%の血中にBt毒素があり、胎児の80%からも発見されました。
モンサント社のBtトウモロコシで育った動物の乳や肉を食べたことが原因である可能性が高いということです。

増えつつあるリーキーガットの子供達

リーキーガットとは穴あき腸のことです。
本来腸はしっかり閉じた漏れない組織であり、必要な栄養素だけを吸収できるように最小限の透過性があります。

米国のトップ小児医の1人であるミッシェル・ペロ医師は診察に来る子供の異変について語っています。
食べ物が血流に漏れ出し、食物への抗体反応が生まれ食物過敏やアレルギーを発症してしまうそうです。

増えているアレルギー

25年~35年前は食物アレルギーは稀でしたが、今はアレルギーだらけでセリアック病(グルテンに反応する病気)をはじめ、普通の緑黄色野菜にまでアレルギーを持つ人がいるとある医師は語ります。

アレルギー専門の医師は患者にGMO食品を禁じているそうですが、日本の医療機関でこのような指導をしてもらえるかどうか疑問です。

遺伝子組み換えでない有機食品を食べるようにしないと今後ますます増えるであろうと良識ある人は懸念しています。
実際食べ物を有機食品に変えることで原因不明の症状が改善されることが多いとのことです。

急増する自閉症

自閉症スペクトラムがGMOと関係があるとはまだ断言できませんが、GMOが導入されてから自閉症は増加しています。

GMO飼料を食べた動物には自閉症に似た徴候が見られることを医師が確認しているということです。

GMO飼料を食べている豚の胃を検査すると、自閉症の子供の胃に起こる炎症反応と似たことが起こるそうです。

10年前にある医師が、自閉症の子供の食生活を改善すると著しく治療と回復が進んだそうですが、今はGMO食品を与えられ過ぎているので、腸内細菌を元に戻すことが難しいと述べています。

それでもGMO食品を完全に取り除いて食生活を改善することで症状は確実に改善するようです。

出生異常

ラウンドアップなどの除草剤に含まれるグリホサートという成分を母親が摂取すると出生異常が起こることがあります。

グリホサートが散布される大豆畑がある町では出生異常が70倍にも増えています。
グリホサートには遺伝毒性があり、出生異常を引き起こすことがあるとのことです。

流産してしまう女性も増えているという話もあります。

ネズミやハムスターを使った実験では深刻な生殖障害、睾丸の変化による精子細胞のダメージ、子宮や卵巣の異変などがみられました。

GM大豆で飼育されたラットの子供の半数は3週間以内に死に、生き残った子も小さく繁殖能力がありませんでした。

口の中に毛が生えた個体もいたそうです。

遺伝子組み換えと動物(ペット)

1990年代後半からアメリカでは犬や猫などのペットが原因不明の病気にかかり、獣医もお手上げということが増えたそうです。

著名な獣医であるマイケル・W・フォックス博士は、そのような人達に遺伝子組み換えトウモロコシや大豆が使われた餌をあげないようアドバイスすることで回復させたと語っています。

獣医が処方したエサにGMOを使ったものが使われていることもあり、炎症性腸疾患や皮膚アレルギー、下痢などを起こして治らないこともありました。

またある牧場ではGMO飼料だけを与えた牛の間で病気が広がり、お腹を膨らませて牛が死んでしまいました。

GMO飼料を導入した養豚家も同様で豚の病気に悩まされました。

これらの餌を非GMOのものに戻すことで家畜の病気は回復に向かいました。

GMOの赤ちゃんへの影響、危険な粉ミルク

母乳育児のできない母親は粉ミルクを使いますが、有機(オーガニック)のものを使うことをお勧めします。

大豆由来の粉ミルクは遺伝子組み換え大豆が使われている可能性があるからです。

GMOを使った粉ミルクは生まれたばかりの赤ちゃんにはアレルギー反応のリスクが高いとのことです。
アメリカの大手4社の大豆ベースの粉ミルクから大量の遺伝子組み換えが検出されています。

大手企業が販売している日本の粉ミルクも原料の一部にGMOが使われていることが確認されました。

粉ミルクの遺伝子組み換え原材料に関する大手メーカー6社の回答

生まれる前から親がGMOを食べているとBt毒素やラウンドアップ(除草剤)が胎児に届くことがあるそうです。

GMO被害からの回復

原因不明の病気にかかってしまったらどうすればよいのでしょうか?
GMO大豆を8ヶ月食べ続けたマウスは肝臓、膵臓、睾丸に損傷を受けましたが、GMOをやめることで大分回復したといいます。

アメリカにおけるGMO(遺伝子組み換え作物)は、

  1. 大豆
  2. トウモロコシ
  3. 綿実(油)
  4. キャノーラ(油)
  5. てんさい(サトウダイコン
  6. パパイヤ(ハワイ産、中国産)
  7. ズッキーニ
  8. イエロー・スクワッシュ
  9. アルファルファ(牧草)

です。
このうち1~4は日本でも特に気をつけなければいけないものですが、外国産の5~9も注意しておきましょう。

健康を取り戻すためには、まずは食生活を変え、GMOを使っている可能性のある食品を食べるのをやめ、添加物が入った加工食品なども食べないようにすることが大切です。

手間やお金がかかるかもしれませんが、通院したり多額の医療費を払うことを考えれば時間やお金は無駄になりません。

企業は利益を追求し、政府は経済を発展させようとします。
その犠牲にならないためには、しっかりと情報を身につけ対処すればいいのです。

ヨーロッパでは消費者の反対運動により大手企業はGMOを食品の原材料にするのをやめました。
しかしアメリカの大きな影響下にある日本では、様々な商品にGMOが入り込んでいます。

それでもインターネットなどを駆使すれば正しい情報を得ることができます。
ただしそれが誰かの利益のためのでっちあげられた情報かどうかは判断しなくてはいけません。

スポンサーリンク

参考文献

2018年12月17日 遺伝子組み換え食品の危険性!安全性は全部ウソ? はコメントを受け付けていません。 生活習慣・健康